お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

【お礼の品徹底比較】プロが選ぶおすすめのお米15種類の特徴まとめ

ふるさと納税のお礼の品として登録され人気のある、地域で栽培されているお米。全国各地の美味しいお米はたくさんありますが、その中から選び抜いたお勧めの15種(お礼の品13品)を、全国・米食味分析鑑定コンクールの審査員として活躍する芦垣裕さんに試食していただき、分析してもらいました。それぞれのお米が持つ特徴を知って、食卓をより楽しいものにしてください!

本当は強い個性を持った、さまざまなお米の事を知ろう!

日本人の主食である「お米」ですが、お米の味を普段から気にして食べている方は、それほど多くないかもしれません。中には、お米の味なんてみんな一緒なのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。でも、食べ比べていただければ銘柄の違いによる味の違いはもちろん、同じ銘柄でも産地ごとにお米の味は違うということを知ってもらえると思います。

新米2軸チャート PC
新米2軸チャート SP

▼白米で食べたい、濃厚な味を持つお米

▼お肉と一緒に食べたい、柔らかなお米

▼魚と一緒に食べたい、さっぱりしたお米

▼どんなおかずとも相性抜群なお米

▼丼物やカレーなど、調理に最適なお米

口に入れた時に感じる香りや、噛んだ時の弾力や甘みなどは銘柄によって様々。カレーやお弁当、合わせるおかずによってそれぞれどんなお米が合うのか、また自分の好みに合わせたお米を知ることにより、料理することや食べることが一層楽しくなると思います。

私と一緒に、自分に合ったお米を見つけてみましょう。

白米で食べたい、濃厚な味を持つお米

 

1.山梨県富士吉田市 ミルキークイーン

1.山梨県富士吉田市 ミルキークイーンのチャート
1.山梨県富士吉田市 ミルキークイーンのチャート

コシヒカリの突然変異として生まれた「ミルキークイーン」は、コシヒカリの特徴である甘さとコクを受け継ぎ、且つ餅米のような粘りを持つ美味しいお米です。一般的な「ミルキークイーン」の白米を見ると、白濁するものも多く餅米の様な香りがするものもあります。しかし、富士吉田市の「ミルキークイーン」は、高地の為白濁も最小限で透明感もあり、粘りも従来のものよりも少ないと言われています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

小粒ですが粒が揃っていて透明感があり、とても綺麗なお米です。「ミルキークイーン」の特徴である餅米のような甘い香りや、口の中に広がるコクともちもちとした食感は、満足感を与えてくれます。馬刺しや味の濃い食材などをお供にすると最高です。また、冷めてもあまり硬くならずお弁当にも最適です。ぜひ、お召し上がりください。

【令和2年新米】富士吉田産ミルキークイーン 2.3kg×2袋

山梨県富士吉田市

【令和2年新米】富士吉田産ミルキークイーン 2.3kg×2袋

10,000

在庫: あり

ミルキークイーンの育つ場所は、霊峰富士(れいほうふじ)の北麓(ほくろく)に位置し、数十年の時を経て湧き出すバナジウムを含んだ「富士の雪解け水」と、「寒暖差のある気候」、「熱心な農家の方の努力」で育ち、低アミロース米で、もち米のように粘りが強く、冷めてもふっくらした食感が自慢です。

感想(1)

 

2.新潟県柏崎市 新之助

2.新潟県柏崎市 新之助のチャート
2.新潟県柏崎市 新之助のチャート

肥沃な大地に、豊富な雪解けの水が流れる米どころ新潟で、新たな食のニーズと、昨今の気候の変化に対応できる新たな品種の米を求めて開発されたのが「新之助」です。500種類の稲を交配させて育てられた20万株の個体。そこから食味に優れた物だけを選りすぐり開発を重ねた、米研究の集大成です。そして今回紹介する、農業組合法人 矢田営農組合のヤタらうんめぇ「新之助」は、目と舌を唸らせてくれました。ぜひ白米で楽しんでいただきたいお米です。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

個性の強い甘い香りは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、蓋を開けると粒揃いのピカピカなご飯が姿を現します。強い甘みが口の中に入れた瞬間に広がり、飲み込むまで持続します。1粒1粒はしっかりしていますが、粘りや柔らかさもあり喉越しは優しく、甘みとコクが強いので濃い味の肉料理などにもよく合いますし、白米で食べていただけると、その旨味をしっかり感じることができる絶品のお米です。

[B242]ヤタらうんめぇ 新之助 白米 4㎏

新潟県柏崎市

[B242]ヤタらうんめぇ 新之助 白米 4㎏

10,000

在庫: あり

平成29年にデビューした新潟の新ブランド「新之助」をお送りします。
矢田営農組合では、土づくりからこだわり、おいしい水で愛情こめて育てています。
大粒で甘みが強いことが特徴の新品種をぜひお楽しみください。

お肉と一緒に食べたい、柔らかなお米

 

3.新潟県南魚沼市 コシヒカリ

3.新潟県南魚沼市 コシヒカリのチャート
3.新潟県南魚沼市 コシヒカリのチャート

米・食味鑑定コンクール認定ダイアモンド褒賞を受賞した「魚沼産コシヒカリ」の最高峰(有)笠原農園の「コシヒカリ」は、水田環境を考え農薬を極力使わない減農薬のお米と、農薬や化学肥料を使わない無農薬のお米を生産しています。南魚沼のミネラル分が多く美味しい水と、天然肥料を使い微生物によって養分を与えられた土壌が、生命力を感じさせるお米を作っています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

「コシヒカリ」としては粒が大きく、透明感がありとても綺麗なお米で、ダイヤモンドのようにキラキラしており、目を楽しませてくれます。噛むごとに甘みが口の中に広がり、徐々に甘みが増してきて余韻が長続きします。舌触りもよく、心地よい粘りが楽しいご飯に仕上がりました。何度食べても飽きの来ないバランスのとてもいいお米です。

 

4.島根県奥出雲町 コシヒカリ

4.島根県奥出雲町 コシヒカリのチャート
4.島根県奥出雲町 コシヒカリのチャート

仁多郡の中山間地にある水田は、殆どが昔ながらの棚田です。そして、仁多郡奥出雲町の地域にある棚田には、お米を美味しくさせる環境が揃っています。雪解けの時期に花崗岩から湧き出る水は、ミネラル分を多く含みお米の美味しさをアップさせます。また、有機質豊富な土作りもお米の美味しさを引き立たせます。最近、お米のコンクールでも大変良い成績を収めており、味の安定感も増してきております。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

粒が大きく艶やかな透明感を持つこのお米は、まるで小さな水晶のようです。炊き上がりは、食べた瞬間に強い甘みとしっかりしたコクを感じられます。また、西日本のコシヒカリとしては粘りも強く、且つ柔らかい食感は多くの人に受け入れられると思います。コクと甘みが強いので味の濃い料理が向いており、同地生産の奥出雲和牛ロースを使ったすき焼きなどと一緒に美味しくいただけます。

出雲國仁多米5kg [A2-1]

島根県奥出雲町

出雲國仁多米5kg [A2-1]

10,000

在庫: あり

【速報】第20回米・食味分析鑑定コンクール国際大会in飛田(2018.11.26~27)において、2年連続8回目の金賞を受賞しました。
「外観」「香り」「味」「粘り」「硬さ」などの総合的に高い評価を得ているお米です。

感想(7)

 

5.兵庫県朝来市 コシヒカリ

5.兵庫県朝来市 コシヒカリのチャート
5.兵庫県朝来市 コシヒカリのチャート

無農薬の米栽培を行うと共に、一度は野生種が絶滅したコウノトリ保護も目指して田作りをしている(株)村上ファームが作っている「コシヒカリ」は、朝来市初の農薬・化学肥料を一切使用していない有機JAS認定米です。コウノトリを育む為には、コウノトリのエサとなる田んぼの生き物と田んぼ自体の管理を行わなければなりません。そして、水中生物を大切にする事で土壌も肥沃になり、美味しい「コシヒカリ」を作ることができるからです。大切に味わいたいお米ですね。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

透明感があり綺麗なお米です。炊き上がりには強く甘い香りが漂い、蓋を開けると粒揃いのダイヤモンドのような透明感のあるご飯が…。口の中に入れると強い甘みが広がり、噛むことで更に甘みが増します。1粒1粒はしっかりしていますが、モッチリとした柔らかい食感も楽しめ、食べて納得のご飯になりました。甘みもコクも強いので味の濃いお肉料理に合わせても引けを取りません。もちろん塩おにぎりやお弁当にも美味しく使えます。無農薬栽培なので玄米で食べるのもお勧めです。

B-49 無農薬 有機JAS認定米 コウノトリ育む田んぼのお米 1kg×3袋〈村上ファーム〉

兵庫県朝来市

B-49 無農薬 有機JAS認定米 コウノトリ育む田んぼのお米 1kg×3袋〈村上ファーム〉

10,000

在庫: あり

農薬・化学合成肥料を一切使用していない安全・安心で良食味なお米です。特に厳しい基準をクリアした有機JASの認定米です。
コウノトリの餌となる生きものを育みながら、安全・安心な米づくりをしています。ドジョウ、カエル、トンボ、バッタなど多様な生きものが生息する豊かな田んぼでコウノトリが安心して棲める環境で自然との共生をしながら育てた安全で安心して食べていただけるお米です。

 

6.北海道沼田町 ゆめぴりか(ななつぼしとのセット)

5.兵庫県朝来市 コシヒカリのチャート
5.兵庫県朝来市 コシヒカリのチャート

マツコ・デラックスのCMで有名になった銘柄である「ゆめぴりか」と「ななつぼし」。一気に知名度が増し、容易に開発されたイメージが強いのですが、これらのお米を生み出すためには大変な努力が必要でした。そもそも北海道の寒冷な気候の中では、美味しいお米を作るのは難しいということもあったためです。近年ではこの二つのお米を代表に、いくつもの美味しいお米が生み出されています。沼田町では、広大な土地と豊富な雪解け水を利用してこれらのお米が栽培されています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

「ゆめぴりか」は甘い香りと強い粘りが特徴的で、柔らかさと同時にしっかりした食感を楽しませてくれるお餅のようなお米です。それに対し「ななつぼし」は控えめな香りと粘りが特徴。このように二つのお米は、ほぼ逆の特徴を持っています。相性が良い料理は「ゆめぴりか」の方は味の濃い肉料理に。冷めても柔らかさが持続し、甘く美味しくいただけるので、お弁当にも向いています。それに対し、「ななつぼし」は万能で、調理用にも適しています。食べ比べて優劣を決めるよりは、うまく使い分けられれば、食事の楽しさが一層広がります。

 

7.高知県安田町 ひのひかり

5.兵庫県朝来市 コシヒカリのチャート
5.兵庫県朝来市 コシヒカリのチャート

「ひのひかり」は、東日本ではあまり馴染みのないお米ですが、西日本では、ひとめぼれよりも食べられている、甘味が強く美味しいお米です。近年の夏の高温になかなか対応できずに他の品種に変わりつつありますが、希少品種になる前に是非食べて欲しい品種です。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

炊き上がりの味はなかなかのもので、口の中で甘みとコクが広がり余韻が続くなど、おかずがいらないくらいです。心地よい粘りと柔らかく口の中でとろける甘みが、ご飯の楽しさを改めて感じさせてくれます。土佐あかうしの焼肉など味の濃いものと相性が良く、美味しくいただけます。

 

8.鳥取県米子市 きぬむすめ

8.鳥取県米子市 きぬむすめのチャート
8.鳥取県米子市 きぬむすめのチャート

大山山麓水系の水を使い生育された「きぬむすめ」も東日本ではあまり馴染みのないお米ですが、絹のように白くツヤツヤとした美味しいお米です。夏の高温にも比較的強く作り易いお米で味も良く、穀物検定協会のお米ランキングで4年連続特Aを取っているほどのお米です。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

中粒で透明感のある、粒揃いのお米です。炊き上がりの柔らかい甘い香りが、とてもゆったりとした気持ちにさせてくれます。粒が立って絹のようなキラキラとした美人なご飯に炊き上がります。強い甘みとコクが後を引きます。味が強いと1膳で満足してしまうのですが、このお米はもう1杯食べたくなるご飯。心地よい粘りと柔らかさとのバランスがとても良く、お弁当にも向くなど万能タイプのお米です。

 

9.宮城県栗原市 ひとめぼれ

9.宮城県栗原市 ひとめぼれのチャート
9.宮城県栗原市 ひとめぼれのチャート

くりこま高原ファームの「ひとめぼれ」と「ササニシキ」は、栗駒山のミネラル分の多い雪解け水を使い、農薬や化学肥料を極力減らし生産。安全で美味しいお米です。「ひとめぼれ」は、甘さもまろやかで粘りもしつこく無く食べやすいお米として、高級な飲食店でも使われています。「ササニシキ」は雑味やクセがない上に粘りけの少なさとほぐれやすいという特徴が好まれ、高級寿司店などで使用されることが多いようです。どちらのお米も、それぞれの特徴を活かせる食事のシーンを持ち活躍しています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

「ひとめぼれ」は、お米の名前の通り一粒一粒が光って惚れ惚れするほどの美しさ。炊き上がりは、柔らかく甘い香りで粒はふっくらとしてピカピカ輝いています。どんなおかずにも合う飽きのこない万能型のお米で冷めてもある程度柔らかさがあるのでお弁当にも使えます。また、水分を少なくして硬めに炊けば、チャーハンやカレーなどにして美味しくただけますが、もちもちした食感と濃い風味は肉料理のパートナーとして最高です。「ササニシキ」はエグ味がなく、素直な美味しさが広がるお米で、酢飯にして海苔巻きなどを作るのに向いています。

在庫: あり

米どころ宮城!特に美味しい栗原のお米、「ひとめぼれ」と「ササニシキ」のセットです。「みやぎの環境にやさしい農産物」(農薬化学肥料節減栽培)認証。

 

10.山形県最上町 雪若丸

10.山形県最上町 雪若丸のチャート
10.山形県最上町 雪若丸のチャート

「雪若丸」は、山形県が「つや姫」の弟という位置づけで平成30年産から販売しました。雪のように白くアッサリとした新食感と言われています。厳しい暑さが続く近年の夏は、お米の味を落とす原因になっていますが、そんな気候の中でも美味しく実るお米の第1弾が「つや姫」。第2弾がこの「雪若丸」です。粒は大きく透明感のある美しいお米です。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

粒には透明感がありとても綺麗なお米です。炊き上がりは柔らかく、雪のように白く大きく美しいお米で、優しく甘い香りが食欲を誘います。甘みとコク、強い粘りはどんな食べ物でも合う万能タイプのお米で、素材、食材の味を引き立たせるお米です。特に同地域の岩魚の塩焼きとは相性が良く、岩魚の美味しさを引き立たせてくれます。

品切れ中

007-009【精米】山形県最上町産 雪若丸5㎏

山形県最上町

007-009【精米】山形県最上町産 雪若丸5㎏

在庫: なし

見事な炊き映えは、白いご飯の極致。雪のように輝く白い粒あっさりと上品な味わいで、しっかりした粒感と粘りは新食感。

感想(1)

魚と一緒に食べたい、さっぱりしたお米

 

11.宮城県栗原市 ササニシキ(ひとめぼれとのセット)

10.山形県最上町 雪若丸のチャート
10.山形県最上町 雪若丸のチャート

くりこま高原ファームの「ササニシキ」と「ひとめぼれ」は、栗駒山のミネラル分の多い雪解け水を使い、農薬や化学肥料を極力減らし生産。安全で美味しいお米です。「ササニシキ」は雑味やクセがない上に粘りけの少なさとほぐれやすいという特徴が好まれ、高級寿司店などで使用されることが多いようです。「ひとめぼれ」は、甘さもまろやかで粘りもしつこく無く食べやすいお米として、高級な飲食店でも使われています。どちらのお米も、それぞれの特徴を活かせる食事のシーンを持ち活躍しています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

「ササニシキ」は艶やかで粒揃い。とても甘い香りと丸みを帯びたハリのあるお米で、1粒1粒がしっかりしつつも芯は無く、ふっくらと適度な噛み応えがたまらない素晴らしいお米です。エグ味がなく素直な美味しさが広がるお米で、酢飯にして海苔巻きなどを作るのに向いています。生産している農家が減り幻のお米と言われていますが、「ササニシキ」特有の強みと進化した食味で人気を得ています。「ひとめぼれ」は、お米の名前の通り一粒一粒が光って惚れ惚れするほどの美しさ。炊き上がりは、柔らかく甘い香りで粒はふっくらとしてピカピカ輝き、特に味の濃い肉料理に合わせて食べるのがいいでしょう。

どんなおかずとも相性抜群なお米

 

12.秋田県大館市 あきたこまち

12.秋田県大館市 あきたこまちのチャート
12.秋田県大館市 あきたこまちのチャート

「あきたこまち」は、1984年に100人中94人が美味しいと言ったコピーで衝撃的なデビューをしたお米です。秋田県が独自に開発し、コシヒカリよりも早く実り、美味しいと評判になりました。(有)真正ファームは、そんな「あきたこまち」を、あいがも農法で栽培。人と環境に優しく美味しい有機栽培米です。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

粒が大きく透明感がありとても綺麗です。炊き上がりも、粒が揃い米が立っているため、見栄えもきれいです。口の中に入れると心地良い甘みが広がり、適度な粘りとしっかりとした食感が特徴。歯応えを感じ「食べている」という感じが強く、噛めば噛むほど美味しさが広がり、柔らかく甘い香りが口中に広がります。少しあっさりとした味は、どんな食材にも合う万能タイプですが、ご当地の比内地鶏の焼き鳥との相性は最高です。

在庫: あり

人と環境にやさしい、あいがも農法で栽培しています。
真正米は有機栽培米として認証されたこだわりのあきたこまちです。
ぜひ本物の安心、美味しい、を味わってみてください。

 

13.福岡県田川市 夢つくし

13.福岡県田川市 夢つくしのチャート
13.福岡県田川市 夢つくしのチャート

福岡県のオリジナルの品種で、当地では日常的に食べられている良食味米です。英彦山(ひこさん)、福地連山(ふくちれんざん)、香春岳(かわらだけ)と三方を山で囲まれた田川盆地は、福岡県内でも最も美味しい米の産地の1つです。乙女のお米「夢つくし」は、はざ掛け(自然乾燥)に近い遠赤外線で乾燥させることで、より美味しくなっています。コシヒカリとキヌヒカリとの交配で出来た夢つくしは、「コシヒカリ」の旨味と「キヌヒカリ」の食べやすさを上手く引き継いだ優等生的なお米です。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

炊き上がりのほんのり甘い香りは食欲を誘います。口の中に入れるとすっきりとした甘みが広がり、適度な粘りとしっかりとした噛み心地が楽しめます。1粒1粒が綺麗に仕上がっているお米で味は主張しすぎず、少し濃い味のお魚や明太子と合わせることをお勧めします。とても食べやすく飽きの来ないご飯です。

丼物やカレーなど、調理に最適なお米

 

14.鹿児島県志布志市 なつほのか

14.鹿児島県志布志市 なつほのかのチャート
14.鹿児島県志布志市 なつほのかのチャート

お米の美味しさの決め手は、お水と天候と生産者。中でも、水の性質と研究熱心な生産者で、9割方美味しさが決まります。鹿児島県期待の新品種「なつほのか」は、シラス台地を流れるミネラルをたっぷり含んだ水で栽培されています。この水は、無投薬でうなぎが養殖できるほど良質です。また、お米作りに前向きな(株)川崎農産の発酵有機肥料使用・減農薬栽培などの努力も加わり、なつほのかを一層美味しくしています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

粒が大きく透明感溢れる綺麗なお米です。炊き上がりは優しく甘い香りがして、食欲を誘います。口の中に入れるとスッキリとした甘みが徐々に広がり、柔らかくもしっかりした食感が味わえます。魚の味を引き立たせるお米で、特に焼き魚などとは相性が良く、同じ志布志市で生産されているうなぎとの相性は抜群。冷めても美味しいのでお弁当にも最適です。

a3-005 【米の匠】川崎さん自慢のなつほのか

鹿児島県志布志市

a3-005 【米の匠】川崎さん自慢のなつほのか

13,000

在庫: あり

私たち川崎農産はシンプルに「美味しく安全な米づくり」だけを考えて米を作っております。だからこそ減農薬や害虫などの生態を勉強し、環境保全型の農業スタイルを築いてきました。一般の農家よりも手間隙はかかりますが、それだけ自分たちの作る米に自信があります。

感想(4)

 

15.北海道沼田町 ななつぼし(ゆめぴりかとのセット)

15.北海道沼田町 ななつぼし(ゆめぴりかとのセット)のかのチャート
15.北海道沼田町 ななつぼし(ゆめぴりかとのセット)のチャート

マツコ・デラックスのCMで有名になった銘柄である「ななつぼし」と「ゆめぴりか」。一気に知名度が増し、容易に開発されたイメージが強いのですが、これらのお米を生み出すためには大変な努力が必要でした。そもそも北海道の寒冷な気候の中では、美味しいお米を作るのは難しいということもあったためです。近年ではこの二つのお米を代表に、いくつもの美味しいお米が生み出されています。沼田町では、広大な土地と豊富な雪解け水を利用してこれらのお米が栽培されています。

【プロの視点】芦垣先生のコメント

「ななつぼし」は控えめな香りと優しくあっさりした甘さがあり、粘りは控えめ。それに対し「ゆめぴりか」は甘い香りと強い粘りが特徴的です。逆の特徴を持っている二つのお米は、相性の良い料理も違います。「ななつぼし」はどんなおかずにも合わせられる万能タイプで、水分を少なめに炊けばチャーハンやカレーなどにぴったり。お米がルーや具材の旨味を吸ってさらに美味しくなります。一方「ゆめぴりか」の方は味の濃い肉料理に最適。うまく使い分けて、家族で食事を楽しんでください。

最後に

いかがだったでしょうか。同じ銘柄でも土地が違えば味が変わる。同じ土地でも、品種が違えば味が変わる。お米は、このように一つ一つに特徴があります。この特徴を参考に自分に合ったお米を探してみてはいかがでしょうか。またお米にあう美味しい食べものがふるさとチョイスにはたくさん掲載されています。お礼の品の中から見つけ出すのも面白いかもしれませんね。

美味しいお米を提供してくれる農家さんにも感謝しながら、美味しいお米「いただきます!」

 

先生プロフィール

芦垣 裕(あしがき ひろし)
芦垣 裕(あしがき ひろし)

芦垣 裕(あしがき ひろし)
【米・食味鑑定士/水田環境鑑定士/おこめアドバイザー/有限会社初音屋 代表取締役)】

横浜生まれ横浜育ち。創業95年、横浜で3代続く米屋を営む。今から25年前、卸業者からお米を買うことに疑問を抱き、本当に安全で美味しいお米は何か、誰が作っているのかを探して米産地の農家を訪ね、歩き始める。取り扱うお米は、田んぼを自ら確認し、自分の気に入ったお米しか取り扱わない。現在、全国・米食味分析鑑定コンクール国際大会の審査員を15年連続、栃木県産食味鑑定コンクール審査員を10年連続、天栄米コンクール審査員を11年連続で務めている。