ふるさと納税をはじめるなら利用率No.1 ふるさとチョイス!
そもそもふるさと納税って何?

そもそも
ふるさと納税って何?

ふるさと納税とは応援したい自治体に寄附をすると、税金の一定額が還付・控除され、さらに寄附先の地域からお礼の品がもらえる新しい地域応援の仕組みです。

ふるさと納税 4つの魅力

  • 1寄附した自治体からお礼の品がもらえる※3

  • 2税金の一定額が還付・控除される⇒実質自己負担は2,000円※4

  • 3応援したい自治体に寄附ができる

  • 4「使い道」を指定して寄附できる

  • ※3 寄附先によっては、お礼の品を用意していない場合があります。
  • ※4 課税所得に応じて実質負担が2,000円以上になる場合があります。

ふるさと納税
よくある疑問 を解決!

お礼の品、本当に頂いてよいのでしょうか?

お礼の品を提供する地域の生産者や事業者にとって、ふるさと納税は自分の商品を全国に知ってもらうきっかけとなっており、その結果、地場産業の発展などに貢献しています。

もっと詳しく

毎年支払っている住民税などとは別に、ふるさと納税は追加で納税が必要ですか?

ふるさと納税を利用しても1年間に納める額は、基本一緒です。ふるさと納税を利用すると今納めている所得税や住民税が還付・控除される仕組みになっています。

もっと詳しく

手続きが難しい印象です。自分でもできるのでしょうか?

ふるさとチョイスを使えば、インターネットで申込から決済まで完了!面倒なイメージのある申請もカンタンな手続き(ワンストップ特例制度)が用意されているから、多くの方に利用されています。

もっと詳しく
利用率No.1ふるさと納税サイトふるさとチョイスの魅力

ふるさと納税をはじめるなら、利用率No.1※5のふるさとチョイス! ふるさと納税をはじめるなら、利用率No.1※5のふるさとチョイス!

  • 20万点/1400地域から選べる! 20万点/1400地域から選べる!

    ふるさとチョイスでしか出会えない
    地域の名産品がたくさん

  • 独自の掲載基準で地域が元気になる! 独自の掲載基準で地域が元気になる!

    ふるさと納税本来の趣旨に即した
    地域に役立つお礼の品だけを掲載

  • 多様な支払い方法で寄附できる! 多様な支払い方法で寄附できる!

    クレジットカード、Amazonペイなど
    決済機能も充実

※5 調査委託先:マクロミル、調査期間:2018年10月11日~12日、調査対象者:直近1年以内に「ふるさと納税」のポータルサイトを利用したことがある、全国の20~60代の男女1,035人、調査手法:インターネット調査

今すぐふるさと納税を申し込む!

今すぐふるさと納税を申し込みたい! 今すぐふるさと納税を申し込みたい!

ふるさと納税
簡単3ステップ

  • STEP1

    シミュレーションをする

  • STEP2

    お礼の品/使い道を選んで寄附をする

  • STEP3

    申請して還付・控除をうける

平成30年の控除対象となるふるさと納税は、受領証明書に記載されている受領日(入金日)が平成30年12月31日までのもののみとなります。

1. シミュレーションをする

家族構成

もっとも近いものをお選びください。

1~3は給与収入の場合です。

「共働き」は配偶者の給与収入が201万円超である場合となります。

年収

もっとも近いものをお選びください。

あなたの寄附額(目安)は

家族構成、年収を選択してください

表示される金額はあくまで目安です。

控除上限額の目安は上記から2,000円を引いた額になります。

実際の控除上限額は、今年の収入・所得・控除によって算出されます。

2. 控除上限額に合わせてあなたの好きな使い道・寄附先を選ぶ

お礼の品掲載数No.1※6のふるさとチョイスなら
あなたの欲しいものがきっと見つかります。

御礼の品掲載数No.1 ほしい御礼の品が見つかるNo.1

※6 2018年10月28日時点 自社調べ
※7 調査委託先:マクロミル、調査期間:2018年10月11日~12日、調査対象者:直近1年以内に「ふるさと納税」のポータルサイトを利用したことがある、全国の20~60代の男女1,035人、調査手法:インターネット調査

3.申請して、還付、控除を受け取る

▲ページ上部へ戻る