ようこそ ゲスト 様

エリアで検索

事業内容でチョイス

全国発信!多文化共生のまち

  • 岡山県総社市
  •   まちづくり
main_img
目標金額(今年)
9,757,000
目標金額(全体)
9,757,000
プロジェクト締切日:2019年4月1日~2022年3月31日(1096日間)
プロジェクトオーナー

事業概要

総社市の中小企業等では外国人労働者の受入れを促進しているため,東南アジア出身外国人が増加しており,特に最近は,企業が技能実習制度を活用して多くのベトナム人を受け入れています。外国人住民が地域社会の一員として積極的に社会参加し,国境を超えた相互理解を図ることができるよう,総社市は外国人支援体制の整備に取り組みます。
外国人も暮らしやすい地域社会づくりとして,平常時,緊急時ともに外国人住民への情報発信ができる「情報ツール」の構築や,行政が主体として行う「地域でつながる日本語教室」での日本語の習得,外国人同士や日本人との顔が見える関係づくりを促進します。さらに,交通・防犯・防災等生活に必要なルールや知識の習得について,行政をはじめ地域の関係機関と連携して実施するとともに,外国人住民総合相談支援として,従来からのポルトガル語・中国語通訳に加えベトナム語通訳等の配置や,外国人相談の窓口としてのワンストップ化を図ります。   
また,外国人も安心できる非常時の支援体制づくりとして,ベトナム語のハザードマップの作成,119番通報時及び現場対応時の電話通訳センターを介するシステムの導入により,迅速でスムーズな対応を図ります。
その他,日本人(地域住民)への多文化共生意識の醸成として,日本人住民がベトナムを知るきっかけとして「ベトナミーズ・デイ」を開催し,外国人住民と日本人住民の顔が見える関係づくりを促進する交流の場を提供します。

KPI(成果目標)

【外国人住民数】
初年度1,600人,2年目1,800人,3年目2,000人

【外国人の防災訓練参加者数】
初年度50人,2年目70人,3年目100人

問い合わせ先

総社市役所 総合政策部魅力発信室
電話番号:0866-92-8211
メールアドレス:henreihin@city.soja.okayama.jp
担当者:小野

岡山県総社市

map

総社市は,岡山県の南西部に位置し,東部は岡山市,南部は倉敷市の2大都市に隣接しており,市の中央を北から南に岡山県三大河川のひとつである高梁川が流れています。
かつて古代吉備の国の中心として栄えた地域であり,そのことをうかがわせる数多くの古墳をはじめ,古代山城・鬼ノ城,備中国分寺,画聖雪舟が修行をした宝福寺など,多くの史跡が残されています。
高度成長期には,県南工業地帯の発展に伴って内陸工業も発展し,また,近年は高梁川の恵みをはじめとする豊かな自然環境を背景に,住宅都市・学園都市としての発展もみせています。
フルーツがいっぱい。歴史ロマンがいっぱい。災害も少ない,岡山県南の自然豊かな都市です。

ページトップへ