ようこそ ゲスト 様

エリアで検索

事業内容でチョイス

地域固有の自然景観を活かした動物園再整備による地域活性化計画

  • 長野県長野市
  •   観光振興
main_img
目標金額(今年)
20,000,000
目標金額(全体)
80,000,000
プロジェクト締切日:2018年8月1日~2020年3月31日(609日間)
プロジェクトオーナー

事業概要

善光寺平を望む豊かな森に囲まれた茶臼山動物園で、動物の生息地の環境を再現しながら動物本来の行動を引き出す「生息環境展示」の手法を取り入れ、野生での暮らしや生態を学べるよう再整備に取り組んでいます。

第一段階は、オランウータンです。既存の樹林を活用した放飼場(動物飼育エリア)を整備し、自然の状態で活き活きと暮らせる環境を整えます。
また、寄附により応援してくださった企業や個人を動物園サポーターと位置付け、「みんなでつくった動物園」として愛着を持っていただけるよう銘板を整備します。自然に抱かれ生きいきと暮らす動物に出会え、動物もお客様も、そして地域も元気になる動物園を目指します。

KPI(成果目標)

①動物園入場者数
申請時200,000人、平成30年度210,000人、平成31年度220,000人

お問い合せ先

長野県長野市 企画政策部企画課
担当:小林 清一
電話番号:026-224-5010
メールアドレス:kikaku@city.nagano.lg.jp

長野県長野市

map

長野市は長野県の北部に位置し、古くから国宝「善光寺」の門前町として栄えてきたまちです。
善光寺や真田十万石の城下町・松代といった歴史情緒あふれる建造物と、鬼無里や中条、戸隠に代表される四季折々の豊かな自然が自慢です。
また、市の重要な観光施設の一つであり県内最大の動物園である「茶臼山動物園」は年間20万人以上が来訪し、ゾウやキリンなどの大型動物も飼育する本格的な動物園であることに加え、隣接する「茶臼山自然植物園」や園内外の豊かな森や、善光寺平や山稜を望む眺望など都会の動物園にはない優れた自然景観を有しています。

ページトップへ