ようこそ ゲスト 様

エリアで検索

事業内容でチョイス

奈義町子どもの“学びと創造の広場”づくり事業

  • 岡山県勝田郡奈義町
  •   人材育成・確保
main_img
目標金額(今年)
3,000,000
目標金額(全体)
76,000,000
プロジェクト締切日:2016年8月2日~2019年3月31日(971日間)
プロジェクトオーナー

事業概要

中山間地に住む奈義町の子ども達に、クリエイターやアスリート、東京大学等の学生といった、普段出会わない人々による、創造的なワークショップやしごとにつながる体験、未知の世界の紹介や優れた学びを提供する事業です。

また、この事業の教育プログラムの推進拠点となる現代美術館が、建設から20年を経て、一部で老朽化が始まっていることから、ワークショップ等の場として活用する町民ギャラリーなどの美術館全体の整備を行います。町内の子ども達が、将来、奈義町で自立して暮らし、活躍できる力を身に付けることで、流出せず、あるいはUターンしてくること、さらには、町外からの子育て世代の移住や、子どもも含めた町外の関係人口を増やすことで、社会増を図り、全国トップクラスの合計特殊出生率と合わせて、人口減少に歯止めをかけることを目的としています。

KPI(成果目標)

KPI 現代美術館“学びと創造の広場”等を活用した
ワークショップやイベントの参加・交流者数
申請時 89人 H28.3
初年度 200人 H29.3 (実績:448名)
2年目 300人 H30.3
3年目 400人 H31.3
4年目 500人 H32.3

お問合せ先

総務課情報財政班
電話番号:0868-36-4111
メールアドレス:zaisei@town.nagi.lg.jp
担当者:花房

岡山県奈義町

map

奈義町は岡山県の北東に位置し、人口6,000人程度の小さな町ですが、子育て応援宣言を行い、全国に先駆けて子育て施策に取り組んできました。その結果、平成26年には合計特殊出生率が2.81を記録しました。この数値は国平均の約2倍、全国トップクラスの合計特殊出生率です。
また標高1255メートル、国の国定公園にも指定されている那岐山は奈義町のシンボルで、文化面では江戸時代から途切れることなく続いている地歌舞伎の横仙歌舞伎や、世界的にも評価の高いサイト・スペシフィック美術館、奈義町現代美術館がある町です。
文化、自然を大切にし、子育てを応援する町、奈義町へご支援よろしくお願いします。

ページトップへ