ようこそ ゲスト 様

エリアで検索

事業内容でチョイス

子ども農山漁村交流から始める「まち・ひとづくり」

  • 北海道広尾町
  •   地域産業振興
main_img
目標金額(今年)
14,771,000
目標金額(全体)
43,449,000
プロジェクト締切日:2017年4月1日~2020年4月1日(1096日間)
プロジェクトオーナー

事業概要

東京都内の小学5年生を対象とした「漁村ホームステイ」を実施します。町内の漁家が子どもたちを2泊3日で受け入れ、食事や歓談での家族のようなふれあいや漁業体験など、ありのままの漁村生活を通して子どもたちの力強い成長をサポートし、われわれが生きていくために欠かせない「命の糧」をたくましく生産する地域の価値、農山漁村の価値を伝え、食や農山漁村に対する関心を抱いてもらいます。この取組により、都市部との交流を深め、交流人口や将来的な移住・定住の増加を図ります。また、子どもたちを受け入れることで、漁業者の方々も地域資源の価値や生業への自信や誇りを再認識し、そのことが産業振興や地域活性化に繋がることが期待できます。

KPI(成果目標)

・移住・定住者:2人
・海産物売上額:78,796,000円

お問合せ先

広尾町 企画課 企画係
電話番号:01558-2-0184
メールアドレス:k-kikaku@town.hiroo.lg.jp
担当者:宝泉

【北海道広尾町】企業版ふるさと納税の詳細はこちら

北海道広尾町

map

広尾町は北海道・十勝地方の最南端に位置し、東側に太平洋、西側に日高山脈の山々が広がる自然豊かなまちです。人口は約7,000人。漁業と農業が基幹産業で、漁業はサケ、昆布、シシャモ、毛ガニ、ウニなど四季折々の水揚げは多種にわたり、農業は酪農が主力で、道内でも屈指の高品質を誇る生乳を生産しています。また、重要港湾十勝港を有しており、国際貿易港として家畜飼料用トウモロコシや畑作用化学肥料などを輸入するほか、小麦や馬鈴薯などの農産物を道外へ移出するなど「アグリポート」として日本の食糧基地と評される十勝の農業に貢献しています。

ページトップへ