ようこそ ゲスト 様

エリアで検索

事業内容でチョイス

奈良県指定文化財「達磨寺方丈」修復プロジェクト

  • 奈良県北葛城郡王寺町
  •   観光振興
main_img
目標金額(今年)
15,000,000
目標金額(全体)
59,000,000
プロジェクト締切日:2017年4月1日~2020年4月1日(1096日間)
プロジェクトオーナー

事業概要

王寺町には、重点観光スポットのひとつとして聖徳太子ゆかりの「達磨寺」があります。達磨寺は臨済宗南禅寺派のお寺で、本堂や境内にある重要文化財の他に「方丈」という、奈良県指定文化財に指定された建物があります。「方丈」は住職が生活する建物、また、仏像などが安置される本堂の役割を担う建物ともいわれています。この達磨寺の「方丈」は、江戸時代(1667年)に建立され、築後350年近く経過しています。
また、過去に一度も大きな修理が行われておらず、建物の特徴からほとんど壁がないために、かなりゆがみが生じ、倒壊の恐れがあるため平成29年度から3か年かけて、修復を行います。

KPI(成果目標)

王寺駅の利用者数(定期外)
H31年度 11,000人

お問合せ先

奈良県王寺町 政策推進課
電話番号:0745-73-2001
メールアドレス:yawaragi@town.oji.nara.jp
担当者:吉田

【奈良県王寺町】企業版ふるさと納税の詳細はこちら

奈良県王寺町

map

奈良県の北西部に位置する王寺町は、明治時代に県内で初めて鉄道が開通した町として奈良と大阪を結ぶ交通の要衝地として発展してきました。
町域は7平方キロメートルとコンパクトですが、聖徳太子と達磨大師ゆかりの物語が伝わる達磨寺や、標高約273.6メートルながら奈良の世界遺産群やあべのハルカス、天気のいい日には明石海峡大橋まで見渡すことのできる明神山など、豊かな自然に恵まれた、歴史文化の香りあるまちです。

ページトップへ