特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

自治体からの使い道情報

  • 2016年9月24日(土)12時00分

    岐阜県池田町

    まちの生活を支える「養老鉄道」の存続を目指す

    現在、GCF(ガバメントクラウドファンディング)でローカル線「養老鉄道」の特集を設けております。
    養老鉄道は、約100年前から住民の足となり地域を支えている、小さな田舎まちを結ぶローカル線。
    ◆この鉄道がいま、人口減少などにより毎年約10億円もの赤字が発生し、存続の危機に瀕しています。
    ◆養老鉄道がなくなるとまちの住民たちは生活ができなくなります。特に通学の子供達は隣町の高校に通えなくなり、未来の選択肢が狭まります。
    ◆住民の生活の足を守るため、子供達の未来を守るため、「養老鉄道」の存続にご協力をお願いいたします。

    GCFについて
    http://www.furusato-tax.jp/gcf/80/?tm

  • 2016年9月23日(金)19時19分

    佐賀県みやき町

    【伝統神事の伝承】綾部神社旗降し神事(9/23)

    【伝統神事の次世代への伝承育成に役立てます】
    全国の皆様からの佐賀県みやき町へのご寄附、誠にありがとうございます。
    みやき町は、笑いがあふれる長寿のまちにしていきたい、そんな想いから「健幸長寿のまち」宣言をしています。

    全国の皆様から頂いた貴重なご寄附を地域の各伝統行事に役立てています。
    伝統芸能並びに地域文化の伝承及び育成に関する事業 千栗八幡宮お粥試し(おかゆだめし)、綾部八幡神社旗揚げ神事、各地区の浮立などの伝統祭事の伝承育成を応援します。

  • 2016年9月23日(金)14時28分

    山形県天童市

    全日本アマチュア将棋名人戦全国大会を開催。

    いつも心温まるご寄附をいただき誠にありがとうございます。

    この度、将棋のまち"天童市"では、皆様からいただきましたご寄附を活用し、全日本アマチュア将棋名人戦全国大会を開催いたしました。
    大会には、47都道府県の代表64人が参加し、兵庫県出身の天野啓吾さんが優勝しました。多数の御支援ありがとうございました。

    天童市では、子どもの学力向上にも繋がると言われる将棋の普及にこれからも一層尽力してまいりますので、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  • 2016年9月21日(水)19時25分

    神奈川県秦野市

    中学生が演奏する楽器の購入(教育)

    ふるさと納税の寄附金を財源に、秦野市が平成28年度事業で活用する事業として、市立中学校3校に、生徒が演奏するための楽器を購入しました。
    これまで、卒業した先輩たちが大事にし、一生懸命演奏してきた楽器が古くなったため、新しい楽器への更新となります。
    演奏会や市内で行われる各種行事において、生徒たちの元気いっぱいの演奏が聴けることでしょう。
    今後も、秦野市では、ふるさと納税として全国の皆様からいただいた寄附金を有効に活用させていただきます。

  • 2016年9月21日(水)19時00分

    佐賀県太良町

    ★ 来TARA得する太良町周遊旅行券について ☆

    佐賀県太良町では、全国の皆様から多くの寄附を賜り、平成27年度は、町長おまかせ・その他コースへ7,633件、85,201,000円の寄附金を頂戴いたしました。この寄附金の一部は、平成28年度に実施する旅行事業で活用させていただきます。

    ★ 来TARA得する太良町周遊旅行券 ★・・・

    佐賀県太良町の旅館にお得に泊まれる券と、お食事・お土産・体験等で使える券がセットになった 『 ☆太良町周遊旅行券☆ 』 が、発行されました。ただいま受付中です。この機会に、太良町へどうぞおいでください。(※利用期間は、9月1日~10月31日)数に限りがありますので、ご予約はお早めに!詳しくは、太良町観光協会 ☎0954-67-0065のホームページをご覧ください。

    事 業:来TARA得する旅行事業委託料
    担当課:企画商工課 ☎ 0954-67-0312

  • 2016年9月21日(水)15時22分

    茨城県境町

    東日本大会出場!吹奏楽部の楽器購入費を助成!

    今まで使用していたビブラフォンは、30年以上前に購入した楽器と聞いています。たたくと雑音がでてしまい、繊細な曲を表現するのに、とても困っていました。
    今年の吹奏楽コンクールでは、新しいビブラフォンの澄んだ音が会場いっぱいにひびきわたりました。そして、私たちは、その音色に導かれるように、素敵な音楽を奏でることができました。今後も大切に使わせていただきます。ありがとうございました。
    (境第一中学校吹奏楽部 部長 関塚あやの)

  • 2016年9月20日(火)17時15分

    埼玉県宮代町

    寄付事業の成果~10月28日にZoo婚開催決定~

    <宮代にぎわいプロジェクトより活用されます>                                                                                                  東武動物公園を会場に、宮代町・新しい村・東武動物公園の協同により、「ZOO婚」が行われます。ZОО婚は、結婚を希望する独身男女が宮代町にあります東武動物公園内で動物と触れ合い、東武動物公園内のイルミネーションを眺めながら、東武動物公園内のレストランで男女の交流を行い、参加者の恋を応援します。
    詳しい内容は↓
    http://www.atarasiimura.com/sannka/#konkatu-zoo

  • 2016年9月19日(月)17時40分

    高知県越知町

    四国初!ウッドスタート宣言をしました(木育事業)

    越知町は四国で初となる「ウッドスタート」を宣言しました。
    ウッドスタートとは日本グッド・トイ委員会が推奨する「木育」の行動プランのことで、子どもをはじめとする全ての人たちが、木の温もりを感じながら、楽しく豊かにくらしていくことができるようにする取組のことを言います。
    越知町ではこのウッドスタート宣言をするとともに誕生祝い品事業として、越知町の産材を使ったおもちゃをプレゼントします。
    また、今後もいろいろな木育児業(木を保育や子育て、くらしに取り入れ、子どもの頃から木と親しむ中で、木とふれあい、木に学び、木が好きな人を育てる活動のための事業)に皆様からいただきましたふるさと寄附金を使わさせていただきます。
    事業費:2,091,000円

  • 2016年9月14日(水)16時19分

    千葉県南房総市

    公園と遊歩道の維持管理を実施しました

    公園・遊歩道管理事業では市内にある公園29箇所、遊歩道23箇所の草刈りや花の植栽を行っています。
    また、伊予ケ岳の登山道(遊歩道)が雨水により崩れてしまったため、道を復旧する工事を実施しました。

  • 2016年9月14日(水)9時38分

    青森県むつ市

    【御礼】下北ジオパーク誕生!!

     皆様からの多数のご支援、誠にありがとうございます!!
     皆様から頂戴いたしました寄附金を活用させていただき、日本ジオパーク認定に向けて地域一体となり取り組んで参りましたが、日本ジオパーク委員会での審査の結果、9月9日に「下北ジオパーク」が誕生いたしました!
     ご寄付を頂戴いたしました皆様をはじめ、本当に多くの方々にご協力いただき、最高の盛り上がりを伝えられたからだと思います。ありがとうございました!
     今後は「下北ジオパーク」として新たなスタートとなりますが、引き続き下北のジオの魅力をどんどん発信し、ジオパーク活動を盛り上げていきたいと思っておりますので、これからもご協力をよろしくお願いいたします!

  • 2016年9月11日(日)6時29分

    茨城県龍ケ崎市

    子供たちが集う大型公園の親水施設リニューアル

    子育て支援センターや総合運動公園(陸上競技場・総合体育館・野球場)に隣接し、破竹川が流れる緑豊かな広大な公園である「龍ヶ岡公園」には大型遊具などもあり、休日には市内外から多くの親子連れが集っています。これまで、夏の暑い時期には、この公園にある親水施設は子どもたちに大人気!地面からの噴水などで水に親しむ子供たちが多く見られました。
    この親水施設が現在、設備の老朽化等から故障してとまってしまっており、今年度、寄附金を使わせていただき改修を行います。

  • 2016年9月10日(土)19時30分

    岩手県陸前高田市

    子ども支援のための事業

    「子供を育てやすい環境」を目指して
    〇子育て相談事業
     東日本大震災の影響によりそれまでの地域コミュニティが崩壊し『近隣に顔見知りがいない』『相談相手がいない』『サポートしてくれる方がいない』などの理由で子育てに不安を抱える方が増えました。
     不安を少しでも解消できるように、専門の相談員が相談を受け、同じように悩みを持っている方たちとの交流や情報提供等を行う機関へのつなぎを行う費用として使用させていただきました。
     今後は子供支援のための事業として、震災で流失してしまった保育所などの再建にも活用させていただく予定です。

  • 2016年9月10日(土)10時00分

    愛知県西尾市

    西尾市民病院に関する事業を追加しました。

    地域の中核病院として、地域住民の健康を保持する責務を担っており、今後、市民病院を一層充実させるために活用します。返礼品として脳ドッグコースの提供も開始しました。

  • 2016年9月7日(水)18時00分

    愛知県尾張旭市

    使い道を具体的な事業にリニューアル!

    9月1日より、大きなカテゴリで分類していた寄附金の使い道を、寄附していただくかたのお気持ちをまちづくりに反映できるよう、より具体的な事業に変更し、次の9つのメニューからお選びいただけるようになりました。
    また、お寄せいただいた寄附金や事業実施の状況について、随時ホームページで公表します。
    1 保育園児の体力や運動能力の向上に取り組みます。
    2 都市公園に健康器具を設置して、利用者の健康促進を図ります。
    3 保育環境を向上し、音楽を通じて豊かな情操を育みます。
    4 天然記念物、長池のマメナシ・アイナシ自生地の保存育成を図ります。
    5 市内で最古の遺跡、長坂遺跡の環境を整備します。
    6 貴重な植物が生息する吉賀池湿地の木道を整備します。
    7 維摩池西に自生するエドヒガンザクラを保全します。
    8 市内の名所を巡るスタンプラリーを開催します。
    9 市長におまかせ

  • 2016年9月7日(水)15時08分

    鹿児島県喜界町

    入学祝金事業を実施いたしました!

    昨年度に引き続き、ふるさと納税(寄付金)を小・中学校新入学児童・生徒への入学祝金の財源として有効に活用させていただきました。平成28年度は、対象児童・生徒1人につき2万円を給付いたしました。

  • 2016年9月7日(水)10時17分

    北海道上士幌町

    熱気球「ほろんちゃん号」が納品されました!

    熱気球の町・上士幌町の新しいオフィシャルバルーンとして、「ほろんちゃん号」がこのほど納品されました。

    ふるさと納税を財源とする「上士幌町ふるさと納税・子育て少子化対策夢基金」を元に今年度購入したもので、子どもたちが大好きな上士幌町のゆるキャラ「ほろんちゃん」をかたどっています。

    今後、北海道バルーンフェスティバルや町内のイベント等でお目見えする予定です。

  • 2016年9月5日(月)15時32分

    北海道根室市

    防災・減災対策に活用しています

    皆様からの寄附金を財源とする「ふるさと応援基金」を活用し、高潮や豪雨などの浸水対策を進めています。
    昨年度から排水ポンプ枡新設や浸水区域の見直しなどに着手し、雨水処理の能力増強を図ってきたところであり、この度、更なる増強ために可搬式ポンプ設備(写真参照)を設置しいたしました。
    地震、高潮、台風、豪雨対策などの地域防災力の向上に当たっては、全国の皆様から頂戴した寄附金を最大限に活用し、市民の皆様が安全・安心な日々を過ごすことができるよう、必要な防災対策はもとより、減災対策を推進して参ります。

  • 2016年9月1日(木)14時35分

    埼玉県加須市

    「浮野の里」の隣接地の一部を購入しました‼

    ご寄附ありがとうございました。おかげさまで、平成27年度お寄せいただきました寄附金の一部につきましては、豊かな自然と快適な環境のまちづくりとして、『浮(うき)野(や)の里』希少植物の保全のための隣接地の一部取得に活用させていただきました。
     今後とも、加須市への応援につきまして、末永くよろしくお願いいたします。

     

  • 2016年9月1日(木)0時00分

    北海道猿払村

    住みよいまちづくりのため3事業を実施!

    猿払村では平成27年度に、皆様からいただいた寄附金を活用し下記の事業を実施させていただきました。

    ①子育て支援センター活動車の購入
      地域での子育て支援イベントの足として村内中で活躍しています。

    ②児童公園遊具設置工事
     子どもが楽しく遊べるすべり台と、地域の方の休憩スペースとしてベンチを設置しました。

    ③防犯街路灯LED化工事
      182箇所の街路灯をLED化し、防犯対策の強化並びに環境に配慮しました。

    その他、寄附金の使い道希望別の内訳等、より詳しい情報は猿払村公式ホームページ内に掲載しております。
    http://www.vill.sarufutsu.hokkaido.jp/hotnews/detail/00002059.html

    皆様からの温かい応援に心より感謝申し上げます。
    今後とも猿払村へのご支援をよろしくお願いいたします。

  • 2016年8月30日(火)20時20分

    長野県白馬村

    【御礼】ジャンプ大会GCF、目標達成しました!

    2ヵ月半にわたり支援を募ってきたサマーグランプリジャンプ白馬大会のガバメントクラウドファンディングが、目標の300万円に到達しました!
    8月27日~28日に開催された大会では、長野県出身の竹内択選手が優勝し、葛西紀明選手もビッグジャンプを見せてくれました。
    また、大会期間中はお礼の品として提供したオリジナルバナーが複数飾られたほか、特別席では出場選手からサインをもらったり写真を撮ったり、選手との交流を楽しんでいただきました。
    国際大会を間近で観る機会を確保することで、多くの人に感動を与え、子どもたちにも夢を与えられるよう、来年度以降も大会継続を目指します。

    白馬村は秋を迎え、新米や紅葉の時期を迎えます。
    美味しいお米も、大迫力の紅葉もオススメです。
    引き続き白馬村へのご支援をお願いします。

  • 2016年8月30日(火)13時02分

    鳥取県伯耆町

    チビッコ広場の新遊具完成

     ふるさと納税の寄附金で整備した伯耆町総合スポーツ公園・チビッコ広場内の新しい遊具が完成しました。完成当日は、あさひ保育所園児を招いた遊び初めを行いました。
     「子どもたちのために活用してほしい」という寄附者の意向に沿って、老朽化していたチビッコ広場の遊具を更新しました。
     新しい遊具は、中央の展望デッキを基点に、3連型やトンネル付きなど、タイプの違う滑り台が5種類付いています。そのほか、ゆらゆら吊り橋やウォールクライムなど、子どもたちの喜ぶ仕掛けが約20種盛り込まれています。

  • 2016年8月30日(火)12時21分

    佐賀県上峰町

    オンライン英会話授業保護者体験会を実施

    上峰町はH27年度よりオンライン英会話事業を展開するレアジョブと業務提携し、公立学校で全国初となるオンライン英会話授業をスタートさせました。今年度より「ひかり輝く人づくりプロジェクト」へのご寄附を基に5年生も授業をスタートさせることになり、保護者説明会および保護者体験会を実施いたしました。実際に体験することにより、子どもたちがどんな授業を受けてどんな気持ちで授業を受けるのかイメージができたようです。2016年9月よりフィリピン・カガヤンデオロのコールセンターよりの授業となり、より快適でより質の高い授業が、PCやタブレット端末を通じて英会話を行う事になり、より国際感覚が身につくような人材育成に努めてまいります。

  • 2016年8月29日(月)13時11分

    北海道清水町

    食物アレルギー対策で、より安心できる給食を提供

    清水町の学校給食では、食物アレルギーを持つ児童・生徒が学校給食に対する不安を解消し、「食の大切さ」や「食事の楽しさ」を感じられるよう環境整備を図り、アレルギーに対応した給食を提供しています。 これまでアレルギー対応食の調理は、調理室の一角で行っていましたが、「次代を担う子どもたちの健全育成事業」にいただいたご寄附を活用し、アレルギー成分を含んだ食材が混入しないようアレルギー対応食専用の調理室を整備しました。 出来あがった対応食は、子どもたちが安心して給食を食べられるよう、名前入りのランチポットに入れて届けられます。 “安心して楽しく食事ができることの大切さを身をもって知ってもらうこと” それは農業のまちとして、今後もたくさんの人たちに安心で安全な食物を生産し提供していく産地の責任を、これからの子供たちにもより身近に理解してもらうことにつながります。

  • 2016年8月26日(金)17時00分

    群馬県

    平成27年度「ぐんまふるさと納税」活用結果

     平成27年度は「ぐんまふるさと納税」に、301人の方から345件3,933,845円のご寄附をいただきました。厚くお礼申し上げます。
     お寄せいただいた寄附金は、8つの寄附メニューに活用させていただきました。
     http://www.pref.gunma.jp/04/a4300259.html

     また、平成28年度においては、「ぐんまふるさと納税」の拡充として、「『ぐんまの食と農』応援」の新たな寄附メニューを追加するとともに、「ぐんまふるさと納税すき焼きキャンペーン」を実施しております。
     今後も、先人から受け継いできた「群馬の限りない可能性」を大きくはばたかせ、皆さんが誇りを持てる「ふるさとぐんま」を築くため、積極的な取組を進めて参りますので、引き続き、群馬県に対して皆様からの温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  • 2016年8月24日(水)11時25分

    島根県津和野町

    町に新たな働く場所を!

    生活していく上で欠かせない収入を得るための「仕事」。その仕事づくりに向けて津和野を拠点にコールセンター業務を行う会社の誘致を行い、町有の空き物件に入居してもらい事業活動をスタートさせ、平成28年3月までに10名の地元を中心としたスタッフが働く貴重な就労の場となっています。皆さまからいただいた貴重な寄付金は、施設を整備する費用の一部として活用させていただいています。

  • 2016年8月22日(月)10時35分

    岐阜県八百津町

    【活用実績について②】~ありがとうございました~

    ■共につくる協働と参画は『町民向けに、CATVを活用した自主番組制作』に活用
    ■町のためになることならなんでも応援は『街路灯のLED化、空き家改修の助成』に活用
    ■6,000人のユダヤ人を救った杉原千畝、後世に伝えよう「世界平和」・「命の大切さ」は、『ユネスコ 世界の記憶登録に向けた事業』に活用

    ※写真は「杉原千畝記念館」 
    世界記憶遺産(現名称:ユネスコ「世界の記憶」)登録の可否は、来年の夏ごろに決定する予定です。

  • 2016年8月19日(金)19時24分

    山形県東根市

    本年度寄附金を使わせていただきます事業をご紹介!

    本市では、皆様の御支援(寄附金)を13の事業に使わせていただくことにしておりますが、今回は「子どもの遊び場整備等事業」をご紹介します。本市では、「子育てするなら東根市」を具現化すべく、様々な子育て支援を行っていますが、全国でも先駆的なものとして「さくらんぼタントクルセンター」内に大型屋内遊戯施設を整備し、沢山の子供たちが笑顔で走り回っています。また、屋外版の遊戯施設として「あそびあランド」も整備しました。先日のお盆の期間も、県内外から多くの家族連れが訪れ、大きな歓声をあげて楽しんでいました。
    これらの施設を含めて、寄附金を運営費等に使わせていただいております。誠にありがとうございます。「こどもたちの笑顔をありがとう!」地方は子供達のための施設が少ないため、皆様の善意に感謝感謝です。

  • 2016年8月18日(木)18時08分

    北海道豊富町

    北海道フットパスの集いinとよとみを開催します!

    このたび豊富町では、皆さまからいただきました寄附金を活用して9月24日、25日の2日間にわたり北海道フットパスの集いinとよとみを開催いたします。
    サロベツの酪農、湿原、温泉をつなぐフットパスとして、1日目は「酪農と湿原コース」約9kmのフットパス、夜には講演会や豊富町産の食材を使った夕食で交流会をおこないます。2日目は「温泉コース」約6.5kmのフットパスで終了・解散の日程です。
    (詳細はこちらhttp://toyotomi-footpath.com/)
    北海道とよとみ(サロベツ)牛乳の生産地、ラムサール条約登録のサロベツ湿原、アトピーや乾癬などの皮膚疾患に効能のある油分を含んだ日本唯一の豊富温泉を満喫できる内容となっております。
    ぜひ皆さまも北海道の雄大な自然で癒されてみませんか?
    今後もヘルスツーリズムタウン豊富町への応援よろしくお願いいたします。

  • 2016年8月15日(月)15時13分

    北海道比布町

    笑顔あふれる毎日と、活気ある町づくりの源に

    ぴっぷスキー場やパークゴルフ場とキャンプ場のあるグリーンパークぴっぷは「良佳村(よかむら)」と呼ばれ、多くの方に親しまれています。町内から良佳村への定期バスの円滑な運行と老人クラブ送迎などを継続するため、遠くから見てもより目立つ色鮮やかなピンク色のバスに更新されました。このように購入をさせていただいた車両などは様々な事業を通じて私たち町民の生活に役立てられ、今まで以上に笑顔あふれる毎日と、活気ある町づくりの源となっています。

  • 2016年8月12日(金)16時37分

    福井県鯖江市

    めがねのまちさばえをPR 「めがね広告塔」の改修

     めがねのまちさばえのシンボルマークとして活躍している「めがね広告塔」は、鯖江市と隣市にまたがる山の中腹にある、幅41m、高さ7mの大きな看板です。北陸自動車道やJR北陸本線、国道8号からよく見える位置にあり、白地に赤く「SABAE」の文字とめがねのイラストがあしらわれています。鯖江に来た人を歓迎したり、帰省した人にふるさとさばえを懐かしく感じてもらったりと、重要な役目を果たしていましたが、経年劣化により塗装は色あせ、ネオンの電気が切れ、夜にはほとんど目立たない状態でした。
     皆さまからいただいた寄附金を活用して、看板の補強、塗装・さび止めの塗りなおし、電飾のLED化などの改修を行いました。平成27年12月にリニューアル点灯式を行い、輝きを取り戻すことができたいま、再び昼夜問わずめがねのまちさばえをPRし続けています。

ふるさとチョイスCafe

使い道で選ぼう!

ふるさと納税とは?

ワンストップサービス

クラウドファンディング

季節特集

おすすめ特集

ふるさとチョイス コラム

 

ふるさとチョイスTV
Japna Innovation Challenge

ページ内の一番上へもどる