ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

あなたの「税金」を犬の殺処分ゼロのために

main_img
達成金額 52,747,100
52.7%
目標金額:100,000,000円
達成率
52.7%
支援人数
3,495
終了まで
受付終了

広島県神石高原町
広島県神石郡神石高原町

このプロジェクトは終了しました
プロジェクト締切日:2014年11月11日~2015年1月31日(81日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:広島県神石高原町

日本では、年間訳4万頭もの犬がガス室で殺処分されている現実をご存じでしょうか?
広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)では、犬の殺処分をすでにゼロにしています。
神石高原町にあるNPO法人ピースウィンズ・ジャパンでは殺処分前の犬を引き取り、ドッグトレーナーによる指導を行い、新しい飼い主を探しています。
2011年に犬猫の殺処分数ワーストを記録した広島県で、2016年までに殺処分ゼロを目指し、世界中の方が訪れる2020年の東京オリンピックまでに日本の殺処分ゼロを目指します。

愛護センターで殺処分を待つ犬達

今回、クラウドファンディングでご支援をお願いするのは、広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)にあるピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクト。

皆さまは、日本全国で年間約4万頭の犬が殺処分されていることをご存知でしょうか?ピースワンコ・ジャパンでは殺処分前の犬を引き取り、獣医師による診断、ドッグトレーナーによるしつけの後、新しい飼い主を探しています。これまでの活動によって、広島県神石高原町では、犬の殺処分をすでにゼロにしています。


殺処分から犬を救い、ふたたび人と暮らせるようにしつけを行う

広島市にある保護犬譲渡センター

保護施設では、まず獣医師による診断やワクチン接種などの適切な健康管理が行われます。保護された直後は人を怖がったりすることがあるため、人と暮らせるようにドッグトレーナーがしつけをします。その後、広島市内に開設した譲渡センターなどで新しい飼い主を探します。譲渡の際は、面接やお宅訪問などで厳しい審査を行い、最適な家族を探します。

今年8月末までに305頭の犬を保護し、うち140頭を元の飼い主に返還、または新たな飼い主に譲渡することができました。

ピースワンコ・ジャパンの活動

ピースワンコ・ジャパンの活動

災害救助犬や、セラピー犬としての育成

福祉施設でセラピー犬としても活躍

また、保護・譲渡するだけでなく、災害救助犬や、セラピー犬としての育成も行っています。神石高原町は、人口の44%が65歳以上の高齢者の方々です。現在、2頭が地元の福祉施設をまわるセラピー犬として活躍しており、毎週施設にいる方々に笑顔を届けています。

最近では、トレーナーが犬たちを連れて近隣の学校などで災害救助犬・セラピー犬の活躍を紹介する講演活動も行っています。

1000日で広島県内の犬の殺処分ゼロを目指しています

ピースワンコ・ジャパンでは2016年までに広島県内の犬の殺処分をゼロに、そして世界中の方が訪れる2020年の東京オリンピックまでに日本の犬の殺処分をゼロにする、という目標を掲げています。

そこで、「広島県の犬の殺処分ゼロを目指す 1000日計画」を2013年9月20日にスタートさせました。悲しいことに、2013年度は広島県内で約1600頭が殺処分されています。この現実を改善するための方策として、保護した犬を「1.譲渡する」「2.救助犬・セラピー犬として育成する」「3.保護施設で終生飼養する」の3つが挙げられます。

具体的には、譲渡に関しては、特に高齢者などでは子犬よりも成犬を希望する人も多いことから、それらのニーズに答えられる環境づくりが必要となっています。また、より保護犬に関心の高い人が多い首都圏などに譲渡の窓口を設けることにより、譲渡する機会を増やすことも有効だと考えられます。さらに、救助犬・セラピー犬の育成や終生飼養のためには、施設の拡充や人件費・医療費・フード代などの負担増加に対応するための仕組みづくりも必要となってきます。

こうした方策のもと、既に1000日計画の1/3以上が経過しています。ここで、これまでの活動とこれからの活動予定についてご報告させていただきます。

1000日計画 333日を終えて

1000日計画 333日を終えて

神石高原町のふるさと納税でピースワンコ・ジャパンの活動にご参加いただけます

こうした1000日計画をすすめ、広島県の殺処分ゼロを実現するためには、次の333日で新たに次のような費用が必要となってきます。

1000日計画 333日を終えて

ほかにも施設の維持・補修費、水道光熱費、交通費などもかかります。このように、捨てられた犬たちを保護し、新しい飼い主が見つかるまで責任を持って飼育するためには、多くの費用が必要となり、皆さまからのご支援なしでは継続して活動を行うことが難しくなってきています。

そこで今回、ピースウィンズ・ジャパンの本部がある広島県神石高原町と連携して、「ふるさと納税」を使って犬の「殺処分ゼロ」の活動をご支援いただける仕組みを作りました。ふるさと納税の申し込みの際に、使い道をピースワンコ・ジャパンの支援に指定していただくことができます。自治体と民間が連携し、ふるさと納税の制度を殺処分ゼロに生かす取り組みは、全国初となります。

広島土砂災害では、災害救助犬として訓練した夢之丞が活躍

災害救助犬や、セラピー犬としての育成

福祉施設でセラピー犬としても活躍

2014年8月20日に発生した広島土砂災害では、ピースウィンズ・ジャパンが育成した2頭の災害救助犬とレスキューチームが出動しました。そのうちの一頭、夢之丞(ゆめのすけ)は、殺処分される2日前に保護された捨て犬でした。
当初は臆病で人が苦手な夢之丞でしたが、トレーナーの地道な努力が実り、災害救助犬候補として訓練を受けるようになりました。

「人に捨てられた犬が、人の命を救う」という夢に向かって


広島土砂災害に出動する夢之丞

「人に捨てられた犬が、人の命を救う」という夢に向かって立派な災害救助犬になるべく、日々訓練に励んできました。そして、土砂災害発生初日広島市安佐南区で捜索・救助活動にあたり、行方不明者1名を発見することができました。

夢之丞の活躍はメディアでも大きく報道され、これをきっかけに「殺処分ゼロ」への支援もさらに広がっています。ピースワンコ・ジャパンは災害時に一人でも多くの命を救いたいという思いから、災害救助犬の育成に取り組んでいます。

ご支援いただいた方にお礼の品をお送りします


5,000円以上の寄附でフェアトレードコーヒー

お礼の品

今回、ご支援いただいた方には、ピースウィンズ・ジャパンが東ティモールの生産者とともに作るフェアトレードコーヒー(コーヒー粉[200g]2個、ドリップパック6個)をお送りします。フェアトレードとは、生産物を公正な価格で継続的に買い取り、生産者の生活向上を目指すことを目的とした、未来を作る貿易です。1人でも多くの方に飲んでいただくことが、生産者の自立にもつながると考えています。

高品質なコーヒーの栽培に適した東ティモールで、さまざまな技術指導のもとでつくられたコーヒーは、甘みと酸味のバランスのとれた味わいが特徴で、高い評価をいただいています。有機栽培で作る最高級のコーヒーのお味をぜひお試し下さい。

300,000円以上の寄附で松茸!
1,000,000円以上の寄附で神石高原ホテル宿泊ペア招待!

お名前プレート

また、30万円以上ご寄附いただいた方には、中国地方特産の松茸をシーズンにお送りします。
100万円以上ご寄附いただいた方には、ピースワンコ・ジャパンボランティアツアー(1泊2日:神石高原ホテル宿泊)にペアでご招待。
さらに500万円以上ご寄附をいただいた方には、新築犬舎の命名権をご用意しました。チェーンソーアートで作成したお名前プレートを犬舎に掲示します。


殺処分ゼロを目指す私たちの活動へのご支援をお願いいたします。

神石高原町長からのメッセージ

神石高原町は、高齢化率44%の町です。独居高齢者も多く、家族として大事に犬を飼っておられる方もいます。その方が亡くなる、あるいは介護施設に入居され、誰も飼えなくなった犬が一人ぼっちになり、仕方なく愛護センターへ引き渡すという現状がありました。それは飼い主にとっても本望では無かったはずです。

2012年よりピースワンコ・ジャパンと連携し、このような犬を保護し飼育し新しい家族へ譲渡することは、高齢者福祉にもつながるという点から、活動の支援を始めました。

また山間部という土地柄、野良犬や迷い犬も多く困っていましたが、そのような犬でも健康を取り戻し、愛情をもってトレーニングをすれば、再び家族に迎え入れられる。喜ばしいことです。そして殺処分寸前だった犬「夢之丞」の救助犬としての活躍により、いのちを守り育むことを子供達も学んでくれています。

動物の保護活動は、民間団体だけでは解決できることではありません。住民・行政・団体の理解・協力が必要です。この神石高原町でチャレンジしている取組を、全国の自治体へ発信し、日本中で殺処分ゼロを実現して欲しいと思います。

それには、まずこの神石高原町で成功例を作りたい。動物の保護活動は、民間団体に多くの負担がかかります。町でも町内保護の犬に対して、医療費としての助成をしていますが、保護シェルターの運営には多くの資金が必要です。

是非とも、ふるさと納税寄付にご協力をいただき、みなさんも一緒に殺処分ゼロを目指すチャレンジャーになっていただけたらと思います。

神石高原町長 牧野雄光

湘南T-SITEで神石高原町のわんこ達が譲渡されます!

12月12日(金)にオープンしたばかりの話題の湘南T-SITEで里親募集中のわんこにぜひ会いにきてください。それぞれの個性が光る、かわいいわんこばかりです。

・エル エルは元気いっぱいの男の子。遊んで遊んでーとお甘えてきます。
・タルトとショコ は仲良し兄弟。いつもじゃれあって遊んでいます。
・ポン太 おとなしい男の子。鼻の部分に傷があるのがトレドマーク
・にしき とっても大人しく賢いにしき。愛護センターで殺処分される前に保護されました。

年末年始の事務手続きについて

年末年始のふるさと寄附金の取扱いにつきまして,誠に勝手ながら下記のとおりとさせていただきますので,ご理解をいただきますようお願いいたします。
神石高原町役場は、12月27日(土)から1月4日(日)まで閉庁いたします。
その間におけるお電話メール等の問い合わせにつきましては,対応ができません。

納付書によるご寄附をご希望の場合は,納付書のお届けまでに1週間程度のお時間を頂戴することがございます。可能な限り早くお届けできるよう対応させていただいておりますが、お手元に納附書が届いた時点で、金融機関が年内の営業を終了している場合があり、年内にお振込みいただけないことがございますので予めご了承願います。
また,郵便局で納付書によるご寄附をお申し込みの場合,手続きの都合上,12月24日(水)以降のお申込みにつきましては,誠に申し訳ございませんが納付書の送付が1月5日以降の取扱とさせていただきます。

平成26年分確定申告用の受納証明書を発行するには,郵便局の平成26年最終営業日までに払込み頂く必要がございます。
※平成27年分としてお考えの方は,年明け以降にお支払手続きをお願いいたします。
銀行振込でご寄附を希望される場合,平成26年分確定申告用受納証明書を発行するには,12月30日(火)15時までに振込処理が完了する必要があります。
それ以降に入金された場合は平成27年分の取扱いとなります。
※ネットバンキングをご利用の場合も同様です。

また,年末ということもあり混雑が予想されますので,金融機関によっては処理が遅れることがありますので,余裕をもって手続きをお願いいたします。

広島県 神石高原町(じんせきこうげんちょう)

神石高原町は,犬の殺処分ゼロの町です。

神石高原町は広島県の東部に位置し、森林面積が81%の中山間地域で、清流では毎年至るところでホタルを見ることができる自然豊かな町です。

夏期には昼夜の温度差が大きく,比較的に湿度の少ない爽やかな気候のため,高い糖度で品質の良い高原野菜などの生産や質の良い肉用牛の育成が行われています。


 

【2014/12/23】ボランティアさん緊急募集

年末に動物愛護センターが休みに入り、職員が動物たちの世話が出来ないために、中にいるワンコたちを一斉に殺処分するケースを防ぐため、ピースワンコ・ジャパンは12月24~26日、広島県内の動物愛護センター全施設、神奈川県動物愛護センターで殺処分対象とされている犬全頭(計約30頭)を引き出すことにいたしました。今回の引き出しによって、広島県内、神奈川県での年内の殺処分機の稼働は止まります。

広島県神石高原町のピースワンコ・ジャパンでは一度に30頭の犬が増えるため、ワンコのお世話を手伝って下さるボランティアさんを緊急募集いたします。当団体では、万が一のけがに備え、ボランティア保険に加入させて頂いておりますので、ボランティアにご参加頂ける方は、まずお電話またはメールで、以下の項目をご連絡下さい。

①お名前 ②住所 ③連絡先 ④ボランティアに来て頂ける日時
連絡先:0847-89-0039 jinseki@peace-winds.org


 

寄附者の声

ふるさと納税の中で一番良い寄付の内容だと思います。
犬(猫)の殺処分を減らしたいです。全てが人間の怠慢で起こった問題です。命の重さを国全体で考えてもらいたいです。
これからも活動を心より応援してゆきたいと思います。


小さな命を守ってください。


わたしは、小学一年生です。名前は、ゆいです。
わたしは、犬を二匹飼っています。一匹は、しろです。しろは、うちの家の前にすてられていました。
二匹目は、りりーです。りりーは、ペットショップで買いました。
二匹とも、わたしのだいじなかぞくです。わたしは、すべてのいぬが、ころされることなく、しあわせにいきてほしいです。
おかあさんにたのんで、じぶんのおこずかいといっしょにきふをしてもらうことにしました。いぬをころさないでください。


いつかこのような活動に参加したいと思いつつ、実行できていませんでした。今回、素晴らしいプロジェクトに微力ながら参加できる喜びを感じております。1匹でもつぶらな瞳のワンコの命が救えますように・・・


小学生の時の夢は、可哀想な捨て犬・捨て猫をたくさん引き取って面倒を見てあげる事でした。
でも未だにそれを叶える事もできず、罪の無い生き物が虐待されたり、殺処分を受けている現実に心を痛めています。
少しでもお役に立ればうれしいです。
皆様のお仕事は大変ですが、人にもワンコたちにも幸福を与える、 意義あるお仕事だと思います。
お身体を大切に、ご発展を祈っています。


素晴らしい活動に感動しました。
殺処分ゼロを目指しこの活動が軌道にのり全国にも広がっていくことを強く望みます。
本当に微力で申し訳ありませんが、少しでもお役立てれば幸いです


このプロジェクトに感動し初めて寄付をしようと思いました。たとえ時間がかかっても成功することを願っています。また、このプロジェクトをより多くの方に知って頂きたいと思いました。


話す事の出来ないワンちゃん、猫ちゃん達の為に頑張って下さい。

日々ニュースなどでわんちゃんを捨てる行為などを見て心がとても痛くなります。
とても素敵な支援だと賛同いたしました。
少ないですが参加させていただきます。
たくさんのわんちゃんが助かることを願っています。


ふるさと納税ポータルサイトを見て、寄付を考えました。
平成26年中は北海道でゆかりある地に寄付を行っていましたが、今回の活動の趣旨に共感し、今回ふるさと納税を行うことにしました。
私の家にはトイ・プードルがおります。
また、妻の実家にも市の動物愛護センター(保健所)から引き取った大型雑種(片親がフラットコーテッド・レトリバー)がいて、今は幸せそうに家族の一員として過ごしています。
少しでも多くの犬が幸せに暮らせるような社会になるように願っております。


殺処分ゼロの運動が全国に広がり、すべての自治体で取り組んでもらえたら幸いです。犬や猫など小さくても人間と同じ大切な命です。
人間の都合でその命を奪う権利はありません。命の大切さを考えるとともに人間と共存していけるような取組を今後も期待致します。頑張ってください。応援しています!


人間の意思一つで運命が左右される動物達。。。微力ですが少しでもお役に立たせて下さいね


取組みにとても共感しました。犬を飼うことの責任について飼い主が真剣に自覚を持つことが第一ですが,このような活動がもっと広まり,他の自治体でも同様の動きが進むことを願っています。


もっともっと多くの人に知ってほしいです。ペットを取り巻く現実と、現状を変えようと取り組む人たちの活動を。


たくさんの人の愛で、1匹でも犬の命が救われますように。
ささやかですが、寄付させていただきます。
よろしくお願いいたします。
殺処分される犬猫がいなくなる日が一日も早く訪れますよーに!!


お願いします!絶対に殺処分ゼロに使用して下さい


この現実をとても悲しく思います…
日本全国でこの活動をしてほしいです!!
微力ながら協力させてください!!
犬達が幸せにくらせますように☆


我が家でも柴犬を飼っています。
少ないですが、役立ててください。


我が家にはトイプードルが四ついます。
母親犬が三つ仔を産んだ時に尾を切ることに疑問を感じ、ショップからの購入勧誘を断り、結局、みんな飼い続けて10年です。尻尾は長いので、いい意味で啓発運動の宣伝ワンコになっています。
人間の都合で殺処分なんて、ワンコに申し訳なく、悲しい限りです。
貴プロジェクトがワンコ救済の先駆者的存在になってくださることを心より祈っています。


活動内容を拝見して賛同します。無責任な飼い主を教育することも大切ですが、それを商売にしている無責任なペットショップやブリーダーについて目を向けるように啓蒙してください!!


もっともっと多くの人に知ってほしいです。ペットを取り巻く現実と、現状を変えようと取り組む人たちの活動を。


我が家では猫を2匹飼っています。犬・猫の日本での殺処分には、いつも心を痛めていますが、個人では何もできないのが現状です。一日も早く、殺処分が0になる事を祈って、寄付を致します。


取組みにとても共感しました。犬を飼うことの責任について飼い主が真剣に自覚を持つことが第一ですが,このような活動がもっと広まり,他の自治体でも同様の動きが進むことを願っています。


将来、家族として犬を飼いたい身として、絶対に無駄な死はなくしてほしいと願っています。頑張ってください!


素晴らしい取り組みだと感動しました。 我が家では飼育放棄された犬を引き取り、現在ではその犬との出会いを心から感謝しています。 一匹でも多く、良い家族と巡り会えますように。


素晴らしい取り組みだと感動しました。
我が家では飼育放棄された犬を引き取り、現在ではその犬との出会いを心から感謝しています。
一匹でも多く、良い家族と巡り会えますように。


日々ニュースなどでわんちゃんを捨てる行為などを見て心がとても痛くなります。
とても素敵な支援だと賛同いたしました。
少ないですが参加させていただきます。
たくさんのわんちゃんが助かることを願っています。

動物の札処分、人間のエゴ以外の何物でもない、飼い主は避妊までを責任を持つべきです。


小さな命を守ってください。


最近、犬が棄てられる事案が報道され心を痛めています。法整備が現実的に追いついていませんから。僕も犬を飼っていますから。少しでもお役に立てれば幸いです。


1匹でも多くのワンちゃんの力になれますように。


偶然見つけた、このページ。
今は犬を飼えない環境。
ならば、こういう活動を通して1頭でも多くの犬が、誰かの家族になり幸せに暮らすための手伝いが出来ればと思いました。


私も2年前に飼育放棄された犬を引き取り今も一緒に暮らしています。
個人のボランティアの方が保健所から救い出して下さったのですが、今隣で寝ている子が殺処分されていたかもしれないと思うとぞっとします。
殺処分ゼロは素晴らしい志だと思います。
大変だとは思いますが、ぜひ殺処分ゼロを実現して下さい。犬には何の罪もないのですから…。


保護されたワンコたちが立派に活躍されている姿を見ると、本当に胸が熱くなります。ワンコたちの幸せを心から祈っております。一匹でも多くの動物たちが救われますことを願って止みません。
また、大変な仕事をされていますスタッフの皆様のご健康とお幸せをお祈り致しております。


陰ながらの応援しか出来ず心苦しいのですが、殺処分される犬が一匹でも少なくなる事を願っております。
どうかよろしくお願いいたします。
頑張ってください!!


4年も前に亡くなった、家の犬をまだ忘れられないでいます。
何処かの地域にふるさと納税しようと、検索していたら、ワンちゃんの殺処分ゼロの為の納税が目に飛び込んで来ました。素晴らしいです。少ないですが、寄付させて頂きます。 家のワンコも天国でよろこんでいると思います。


全ての生き物に幸せを!


自治体がこんなすばらしい取り組みをしているなんて初めて知りました。少しですが幸せな犬を増やすお手伝いをさせてください。


少ない額ですが、犬のために使って頂ければ嬉しいです。人間の勝手な都合で捨てられた犬が恐怖の中、死を待っているかと思うと悲痛で仕方ありません。


命を救う活動に少しでも力になれればうれしいです。


頑張って下さい。今年の初めに保護した猫と暮らしています。とてもかわいいです。保護された犬たちも素敵な飼い主に出会いますように


わずかですが、お役にたてたら幸いです。
多くの方が共感し参加したい支援だと思います。
なのでもう少しわかりやすく(寄附金額が、いくら以上でお礼の品をいただけるとか、ーヒーはどういう状態で来るのか等)記載すれば、もっと支援者が増えると思いました。
今後も支援したいので、ぜひ目標を達成して来年以降も続けてほしいです。


微力ですが活動に役立てて頂ければ幸いです。