1. 情報入力

  2. 確認

  3. 完了

あなたの思いをあしたの支援に コロナ給付金寄付プロジェクト 医療の現場を支えよう

医療支援を通じて未来のスポーツ文化を支えたい

マラソン大会をはじめ、スポーツイベントの開催に医療従事者の協力は欠かせません。
しかし、新型コロナウイルスの影響が緩和されつつある今でも、医療機関・従事者は長期的な負担を強いられています。

高橋尚子さんが大会長を務める「ぎふ清流ハーフマラソン」は、「コロナ給付金寄付プロジェクト」と連携し、医療機関に対する募金の受付をはじめました。

医療従事者を支え、守ることは、私たちのスポーツ文化を未来につなげることでもあります。
みなさまのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

高橋尚子さんからみなさまへ

みなさん、こんにちは。高橋尚子です。

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況に置かれている医療従事者のみなさんの支援のため、「コロナ給付金寄付プロジェクト」に協力させていただくことになりました。

普段私たちが参加したり、観戦したりして楽しんでいる様々なスポーツイベントは、多くの方々の協力によって支えられています。
こうした状況下で声を掛けあい、助け合うことができるのもまた、スポーツの最大の魅力のひとつだと思います。

安心、安全なイベント・競技運営を支えてくださる医療従事者のみなさんを、今度は私たちが支援しましょう!私も微力ながら、コロナ給付金10万円を寄付させていただきます!
寄付と共に医療従事者の方々へ応援メッセージを届ける事ができますので是非温かい思いもお待ちしています。
この支援が医療従事者のみなさんの助けとなり、ふたたび安心して「かけっこ」できる日を迎えられるよう、皆さんのお力添えをいただけると嬉しいです!

高橋尚子

※本基金へのご寄付は、パブリックリソース財団が設置する専門家らによる第3者委員会での審査を経て選ばれた医療機関等に助成金として交付されます。(寄付金の一部は岐阜県内から申請のあった医療機関等に交付されます。)
※助成金は、採択された医療機関等において、マスク・ガウンなどの防御用品や人工呼吸器などの医療器具購入、治療に取り組む方への人件費などに充当されることを想定しています。

助成に関する情報は、下記特設サイトをご覧ください。
コロナ給付金寄付プロジェクト(パブリックリソース財団公式サイト)

申込み情報の入力

寄付のお申し込みに必要な情報を入力/選択し、「確認へ進む」ボタンを押してください。

※お寄せいただいた個人情報は、(公財)パブリックリソース財団が寄付金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
※寄付者情報の入力エリアにある”寄付者名”と”住所”には住民票にご登録の内容をご記入ください。内容が異なる場合は寄付控除対象にならない可能性がありますのでご注意ください。

※ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。正しい処理が行われなくなります。

寄付金額の入力必須

※1回の申込みは100円以上、100,000,000円未満です。
※寄付金受領証明書は3,000円以上から発行いたします。

支援分野の選択必須

寄付者情報の入力

寄付者名必須

寄付者の連絡先必須

※ご寄付に関するご連絡を差し上げることがございます。携帯電話など日中につながりやすいご連絡先の入力をお願いいたします。それ以外の目的では使用いたしません。

※迷惑メール拒否等の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがあります。
「@trustbank.co.jp」を受信できるように設定してください。

住民票の住所必須

お支払い方法の選択

※お支払い方法はクレジットカード(VISA、MASTER、アメリカン・エキスプレス)のみです。

  • クレジットカード払い

    寄付金お支払い時のクレジットカードは寄付者名義のもののみ有効です。
    お支払い方法は一括払いのみとなります。
    ふるさとチョイスではお客様のクレジットカード情報は保持いたしません。

    必須
    必須

    セキュリティーコードとは、カード裏面に印刷されている3ケタの数字のことです。
    右側の3桁の数字を入力します ※ここに数字が印刷されていないカードはご利用できません。
    ※AMEXカードは、カード表面に印刷されている4ケタの数字です

    必須

応援メッセージ

※個人が特定される情報は入力しないようにお願いします。
※応援メッセージに寄付金受領証明書に関わる件等をご入力頂いても対応できない場合がございます。

応援メッセージをサイトで公開
(公財)パブリックリソース財団からのお知らせ(メルマガ)