チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

サラリーマンも節税できる!
税金控除ならふるさと納税

サラリーマンは節税なんてできない?そう思っていませんか?実はサラリーマンでも節税と同じような優遇が受けられる、ふるさと納税[ふるさと寄附金]という制度をご紹介いたします!

ふるさと納税とは、ふるさと(出身地でなくても全国どこの都道府県、市町村でも可)への寄付金のことです。個人が2,000円を超える寄付を行ったときに、住民税のおよそ1割程度が所得税と住民税から控除される制度です。

ふるさと納税[ふるさと寄附金]で節税になる5つの特徴

特産品がもらえちゃう!

ふるさと納税でもらえる特産品の例

ふるさと納税をすると、それぞれの地域の記念品や特産品を贈呈している自治体があります。 ほかにも宿泊券や様々な施設の優待券、中には都会で買えないような高価な海産物や果物がいただける地域もあります。

生まれ故郷でなくてOK!

「ふるさと納税の寄付をする先は、生まれ故郷でなくていいんです

よく、ふるさと納税についてお聞きすると「私は故郷がないんです。」とお答えする方がいます。

実は、ふるさと納税は自分の生まれ故郷でなくてもできるのです。 しかも複数の地域(自治体)を選んで寄付することも可能です。

複数の地域に寄付をして、いろんな地域の特産品をちゃっかり頂いている方も結構いらっしゃいます。

1万円の寄付で5,000円相当の特産品を用意している地域も多いので、4万円の寄付で2万円相当の品をもらえることも!

おわかりでしょうか?そう、サラリーマンでも節税(どうせ払わなくてはいけない税金をふるさと(自治体)に払うだけで)と同じような効果が!

税金控除される!

個人の方が寄付をすると、翌年の確定申告で「所得税」と「住民税」から控除されます。

ふるさと納税の最大の特徴は、その年の所得税と翌年度の個人住民税がそれぞれ控除されることです。

所得税控除額、個人住民税控除額ともに2,000円を超える部分について対象となります。

例えば4万円納税(寄付)しても、3万8千円の税金が控除されることもあります。

つまり、2,000円の負担で特産品がもらえたり、ふるさとに貢献できるわけです。

※確定申告を行う必要があります。



使い道はあなたが決める。
こんな税金の使い道、他にありますか?

使い道はあなたが決める。こんな税金の使い道、他にありますか?

ほとんどの自治体で、寄付をする「使い道」が選べるようになっています。

例えば「A町の震災復興に向けた○○の建築」や同じ市町村でも「B市の歴史を継承するための図書館建築」「B市の美しい自然を守るための森林育成」「B市の子育て環境を整えるための基金」など、様々な「使い道」を指定することができます。

現在、住民票のある地域に払っている税金。大切な自分のお金から差し引かれる税金が何に使われているかわかっている方は少ないのではないでしょうか?

税金の使い道を、あなた自身で決めることができる。
その制度が「ふるさと納税(ふるさと寄附金)」です。

例えば「震災復興」一つとっても、震災の何に使ってほしいのか?あなたのお金をあなたが使ってほしいものに選択することができる、素晴らしい制度です。

※自治体によっては使い道の選択がない場合もございます。詳細は各自治体にお問い合わせください。

複数の自治体から選べる!

複数の自治体から選べる!

なんと言ってもふるさと納税の最大の特徴は、複数の自治体(ふるさと)から選べることです。

例えば3つの市町村に1万円ずつ寄付をして、3つの市町村から特産品ももらえるのに、2,000円の負担だけで全額税金控除されます。

どうですか?サラリーマンでも節税できるふるさと納税、はじめてみたいと思いませんか?

※所得や家族構成によって控除額は異なります。

徳島県鳴門市
長崎県長崎市
宮崎県日向市
島根県浜田市
北海道夕張市 ReSTART

ページ内の一番上へもどる