ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

静岡県西伊豆町

 

“ふるさと”と言いたくなる夕陽のまち 西伊豆町

西伊豆町は、静岡県の伊豆半島西海岸の中央に位置し、西は駿河湾に、東は天城山系が連なる、豊かな自然に囲まれたまちです。国立公園や名勝に指定されている美しい西伊豆一帯の風景をつくり出している奇岩や断崖の岩肌は、およそ二千万年前から二百万年前の海底火山時代の地層が広く分布したもので、自然が織りなす壮大な彫刻のような絶景となっています。沖に浮かぶ奇岩や島々をシルエットに水平線に沈む美しい夕陽は、まちの誇りであり、堂ヶ島と大田子海岸からの夕陽は「日本の夕陽百選」にも選ばれています。夕陽を浴びて黄金色に輝く黄金崎からは遠く富士山も望めます。
「ふるさと納税」をきっかけに西伊豆町を知っていただき、ファンを増やしていくこと、応援してくださる方や訪れた方にとって「ふるさとと言いたくなる」まちを目指してまいります。

Coming 旬! 11月号

今月の『coming旬!』は、日本で唯一、西伊豆町でしか作られていない「塩鰹(しおかつお)」と、古来から伝わる手火山式焙乾法(てびやましきばいかんほう)により作られた鰹節「伊豆田子節」をご紹介します。※焙乾法(ばいかんほう:燻して乾燥すること)

古くから西伊豆町は、鰹漁が盛んで、特に明治から昭和初期にかけては、鰹節製造が隆盛を極めました。昭和初期には40隻の鰹船と、40軒の鰹節製造店がありましたが、漁業環境の変化により鰹船は徐々に姿を消して行き、鰹船の衰退とともに鰹節製造店も町内に数軒を残すのみとなってしまいました。しかし、鰹の食文化は、今もなお脈々と受け継がれております。

静岡県西伊豆

伊豆田子節

西伊豆町田子地区で作られている鰹節『伊豆田子節』は、明治期には、西の土佐節、薩摩節、東の伊豆節と呼ばれ、天下の三大名産品と称されました。のちに伊豆節と土佐節の長所を取り入れた焼津節が登場し、鰹節業界の主流となりますが、そのルーツをたどると『伊豆田子節』に行き着くという、知る人ぞ知る名品です。

『伊豆田子節』の特徴は、香りと味を造り出すのに重要な燻し(いぶし)の工程 において、古来から伝わる手火山式と言われる焙乾法により造られています。この焙乾法は、香りと味をとじ込めるには一番良いと言われる製法ですが、直火を使うことから、温度管理が難しく、常に熟練の職人が目を光らせなけばならないため、大量生産には不向きなことから、今や幻と言われる匠の技術です。

いつもよりちょっと贅沢に、香りの強い、良質な鰹節のうまみを味わってみませんか!

 

カネサ鰹節商店

しおかつお

日本で唯一、西伊豆町でしか作られていない、「塩鰹(しおかつお・潮鰹)」は、鰹をまるごと塩に漬け込み、乾燥させた鰹の塩蔵品で、別名「正月魚(しょうがつよ)」とも呼ばています。お正月には新年の縁起物として玄関や神棚に飾り、子孫繁栄・商売繁盛・大漁を祈願する風習があります。

塩鰹の歴史はたいへん古く、田子地区が多具里(たぐり)と呼ばれていた約1300年前の奈良時代に、この地から平城京へ堅魚(カタウオ:鰹を干したもの)を税として朝廷へ収めたとの木簡が発見されており、その堅魚が今の鰹節そして塩鰹の原型と言われています。

塩鰹は、たいへん塩辛い食材ですが、地元では、食べやすい大きさに切って焼いて、そのまま焼き身として食べたり、お吸い物やお茶漬けにして食べるのが一般的です。そのほか、焼き身を細かくほぐして、うどんやパスタ、卵かけごはんにふりかけて食べられています。最近は地元企業から塩鰹を使った様々な商品も誕生しており、ぜひ、いにしえの食材「塩鰹」をご賞味ください!

静岡県西伊豆町のお礼の品をご紹介!

カネサ鰹節商店

・伝統の潮かつお
・西伊豆の潮かつおと削り節・なまり節セット
・手火山式本枯れ田子節セット
・手火山式本枯れ田子節と削り器の堪能セット

背景
生産者からのメッセージ

生産者からのメッセージ

カネサ鰹節商店では、先人より伝えられた製法を元に、手作りの本枯れ田子節を明治15年より作り続けております。

伝統製法の「手火山式焙乾法」や6回以上の発酵カビ付けと天日干しなどを行い、約半年の月日をかけて、熟成された鰹節、本枯れ田子節が出来上がります。焙乾に使われる薪は、創業以来変わらず地元の薪を使い変わらぬ味を引き出しています。また、美味しい鰹節にする為に、鮮度の良いカツオを独自に仕入れ丁寧な作業を重ねていきます。

他では真似の出来ない、旨味の凝縮したカネサ鰹節商店の本枯れ田子節になります。

田子丸

・かつお3点セット
・乾物・佃煮セット
・乾物・佃煮豪華セット

背景
生産者からのメッセージ

生産者からのメッセージ

当社は幕末の時代より、鰹一本釣りの漁船を持ち四代にわたり漁師をなりわいとしておりました。現在は船名の田子丸が家の屋号となり会社名となっております。特に地場産品である、鰹塩辛・鰹節・塩鰹の製造技術・味の伝承と伝統に力をいれております。

今回ご紹介する「焼塩鰹・ちぎり」は、カラカラになるまでカマドで焼いた塩鰹を丁寧に一口サイズにほぐし、そのまま食べられる様にした物で、鰹一本釣り漁師が残した「鰹のうまさ」と「塩」で作られた素材の味をそのままに、ショッパイ中に噛むと鰹の甘みが素直に感じられる何か懐かしい味です!酒のつまみやお茶漬けの具に最高の逸品です。

三角屋水産

・万能塩鰹(しおかつお)茶漬けセット
・かつお調味料「多具里TAGURI」5本セット
・静岡プレミアム「多具里TAGURI]3本セット
・日本の宝「多具里TGURI」8本セット

背景
生産者からのメッセージ

生産者からのメッセージ

伝えていきたい味がある。
こだわりから、食材への探究心が生まれ、歴史とルーツをたどり、作り続けている人たちがいます。ルーツを知り、いにしえの味を再構築(昔の食べものを使い食べやすい形に)して商品化しました。
今、失われつつある食材、日本の宝を生産する継承者とともに、失われた食材を復刻し、「多具里(TAGURI)」という方舟に乗せ、世界に向けて発信します。ご紹介するお礼の品には、すべて、西伊豆町の伝統食材「塩鰹」を使用しております。
静岡県の海の恵みと、西伊豆の郷土食材のおいしいコラボをぜひご家庭でお召しあがり下さい。

西伊豆しおかつお研究会

・「西伊豆しおかつおうどん」6食セット

背景
商品監修者からのメッセージ

商品監修者からのメッセージ

私たち西伊豆しおかつお研究会は、日本で唯一、西伊豆町でしか作られていない伝統食材『塩鰹』を使った「西伊豆しおかつおうどん」を通じて、町に興味を持ってもらい、多くの方々に観光に来ていただき、西伊豆町や伊豆半島を元気にしていきたい!と集まった有志による、まちおこし団体です。

お礼の品にある「西伊豆しおかつおうどん」の売上金の一部は、B-1グランプリ等でのPR活動や、地元小中学校等での食育活動、失われつつある食文化の継承活動に活用させていただいております。

ぜひ、「西伊豆しおかつおうどん」を食べて、西伊豆町と西伊豆しおかつお研究会を応援してください。ありがつお!!(ありがとう)

Coming 旬!バックナンバー

西伊豆町では、旬のお礼の品や、観光情報などを、「Coming 旬!西伊豆町の旬な情報を先どり!」と題しまして、毎月、先どり情報をご紹介させていただいています。これまでのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

Coming 旬!10月号 Coming 旬!9月号 Coming 旬!8月号 Coming 旬!7月号 Coming 旬!6月号 Coming 旬!5月号 Coming 旬!4月号

 
静岡県西伊豆町
難病と闘う子供たち「毎日の治療」に伴う痛みを和らげるため、研究にご支援を
広島から全国へ!殺処分0にご支援を
北海道夕張市 ReSTART
  • 高知県安芸市の老舗お菓子屋さん「洋菓子倶楽部」の詰め合わせ

    安芸市の老舗お菓子屋さん「洋菓子倶楽部」から、夏限定のお菓子詰め合わせです。大切な方に贈り物としていかがですか。
    2017年6月9日(金)13時27分
  • ギネス掲載の世界一の四尺玉!片貝まつり桟敷席、受付開始!
    2017年6月22日(木)15時57分
  • 【毛ガニ水揚げ日本一】オホーツク枝幸の毛ガニはなまらウマい!
    2017年6月20日(火)10時58分
  • 【期間限定・数量限定】 美里町産完熟ブルーベリー(生果)
    2017年5月30日(火)16時48分
  • 夏のレジャー前に「料亭旅館竹千代ペア宿泊券」ゲットして予約♪
    2017年6月22日(木)19時24分

ページ内の一番上へもどる