チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • おおいたけん
  • つくみし
  • 大分県
  • 津久見市
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

分野別活用方法

寄附金の活用方法について、下記の分野から指定していただくことができます。
いただきましたご厚意は、各分野の施策の充実に活用させていただきます。

安心して暮らせるまちづくり
地域の防災力強化や住環境の整備などに活用させていただきます。
地域資源を活かしたまちづくり
観光資源の開発や農林水産業の振興などに活用させていただきます。
笑顔があふれるやさしいまちづくり
文化活動の推進や福祉の充実などに活用させていただきます。
未来を拓く人づくり
教育環境の充実や子育て支援などに活用させていただきます。
指定なし
市の判断により、ふるさとの地域振興に資する取組に活用させていただきます。

個別活用方法

上記の他、寄附金の活用方法について、津久見市における下記の重点項目の中から指定していただくことができます。

津久見市庁舎建設
築後58年が経過している津久見市役所の庁舎建設に活用させていただきます。
中心市街地活性化・集客交流拠点整備
津久見市の市中心部のにぎわい創出のために活用させていただきます。
つくみ港まつり納涼花火大会
津久見市の誇る花火大会の開催に活用させていただきます。
津久見高校への支援
市内唯一の高校である「津久見高校」の発展のために活用させていただきます。
第33回国民文化祭・おおいた2018の開催
津久見市で行われる「合唱の祭典」、フレスコ画の作成・展示等、国民文化祭の開催・運営に活用させていただきます。

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 3件 7件 7件
寄附金額 180,000円 1,170,000円 1,110,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 5件 8件 15件
寄附金額 980,000円 2,120,000円 2,326,000円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 29件 667件 1,514件
寄附金額 3,623,000円 20,786,000円 27,963,000円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 19,255人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 37.7%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -402人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 13.6%全国平均17.7%
  • 過疎状況※平成26年4月1日時点
  • 過疎地域市町村
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 33.0%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

大分県 津久見市 基本情報

住所
〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号
URL
http://www.city.tsukumi.oita.jp/soshiki/10/2843.html
TEL
0972-82-2655
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

自治体紹介icon自治体紹介

自治体紹介_画像

大分県津久見市

津久見市は大分県の南東部に位置し、豊後水道に面した穏やかな街です。
北に臼杵市、南に佐伯市と境を接し、津久見湾の湾口部を囲うようにして半島部の典型的なリアス海岸が伸びており、それを囲うようにして山地が三方から馬蹄型に囲んでいます。
さらに有人離島やみかんの段々畑等、豊かな自然を身近に感じることができます。

セメント産業で栄えてきたため石灰鉱山の独特な景観を有しており、セメント工場があることから「セメント町」という地名も存在します。
住所にセメント町と記載できるのは日本でもここ津久見と山口県小野田市の2箇所だけというユニークな一面ももっています。

PICK UP / おすすめのお礼の品

  • 【A-045】津久見産おおいた早生

    限定100箱の獲れたて「津久見みかん」をお届けします!
    2017年9月13日(水)19時06分
  • 【A-061】大分かぼす4kg【期間限定】
    2017年9月8日(金)17時19分
  • 津久見産 旬の鮮魚詰め合わせセット
    2017年8月2日(水)9時23分
  • ※本日締切※ 【A-060】津久見山椒(朝倉山椒)
    2017年5月24日(水)8時30分
  • 【A-060】津久見山椒(朝倉山椒)
    2017年5月24日(水)8時29分

自治体ランキングiconお気に入り数ランキング

緊急寄附へのメッセージ

2017年10月20日 17:36
今回の被災にあたり、津久見市の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
セメントとみかんの町、津久見市がまた以前の姿に復興されることを願っております。微力ではございますが、災害対策にお役立てください。
2017年10月20日 15:16
今回の災害では市役所はじょめ、市民の皆さまは大変なご苦労だったと思います。
市内にはたくさんの知り合いや同期の友もいて、人事ではありませんでした。心からお見舞い申し上げます。
本当に気持ちばかりですが、足しになればと思っています。
まだまだ完全復興までには時間が掛かる事でしょうが、皆さまお体にはくれぐれも気をつけて頑張って下さい。
2017年10月19日 22:20
両親が津久見市出身で、親戚も津久見に住んでいます。
小さい頃から何度も訪れている、大好きな町です。
関西から応援しています。頑張ってください!
2017年10月18日 18:44
少額で申し訳ありません。1日も早い復興を願っております。
2017年10月18日 14:27
台風被害からの一日も早い復興を応援しています
2017年10月15日 17:54
わずかな寄付になりますが、皆様のご健康と復興を心よりお祈り申し上げます。
2017年10月10日 23:42
ふるさと津久見の甚大な被害に胸が痛みました。ボランティアに駆けつけたいところですが、かなわないので微力ですが寄附します。
1日も早くみなさまが元の生活を取り戻せることを願っています。
2017年10月8日 23:26
少しでも早く元の生活が戻りますよう、心からお祈りしています。
大変な日々かと思いますが、お体を大事になさってください。
2017年10月8日 8:21
政府の援助が行き届かぬ中、少しでも役立てて下さい。
2017年10月7日 22:54
母が津久見市出身です。今も従姉妹や叔父叔母が住んでおり、一日も早く復興をお祈りします。
2017年10月7日 22:13
一日も早い津久見市の復興復旧を衷心より御祈念申し上げます。頑張れ大津久見市!
2017年10月5日 10:48
今回の台風で甚大な被害を受けられたこと、心よりお見舞い申し上げます。小額で申し訳ありませんがお使いください。早い復興と、皆さんのお心の安寧をお祈りしております。
2017年10月4日 22:48
徳浦出身の者です。一刻も早くの復興を望んででおります。
2017年10月4日 11:00
毎年夏に津久見市に行くのを楽しみにしています.
遅くなりましたが,少しでもお役に立てば幸いです.
まだまだ大変なことが多いと思いますが,身体に気をつけて下さい.
2017年10月3日 17:15
1日でも早く、心が穏やかに過ごせる日々を願い、少しですがお力になれれば幸いです。
2017年10月3日 13:23
災害に負けず頑張っていきましょう
2017年10月2日 22:06
津久見市のこの度の災害にただただ驚き胸が痛むばかりです。1日も早く通常の生活に戻ることができますよう支援させて頂きます。復興作業で連日大変な思いをされているかと思いますが、皆様お身体に十分ご留意下さい。
2017年10月2日 11:43
在京津久見人会の津久見出身の皆さんも心配し応援しています。津久見市と津久見市在住の皆様の復興を心よりご祈念いたします。
2017年10月1日 21:47
大切な友人夫妻が住んでいます。自分にできることはないか模索しているときにこの企画に出会いました。少しですがお役に立てれば幸いです。
2017年10月1日 8:34
色々と大変だったかとは思いますが早期のご復興を心より祈念しております。
2017年10月1日 7:38
中学校迄、津久見市で生まれ、育ちました。小さい頃、遊んだ徳浦に一日も早く日常が戻る事を祈っております。
2017年9月28日 23:31



津久見の復興、心より応援しております。
2017年9月28日 23:30



津久見の復興、心より応援しております。
2017年9月27日 18:28
津久見市出身です。この度の災害で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。懐かしき津久見の街が再び元の姿に蘇りますよう応援しております。
2017年9月26日 20:56
10年間津久見でお世話になりました。ニュースで台風被害の映像を見て大変驚きました。以前住んでいた宮本町が床上浸水するとは思ってもみませんでした。災害からの早期復興をお祈り申し上げます。

ページ内の一番上へもどる