はじめての方でも安心!確定申告ガイド
お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1

※1 2017年12月8日~11日 調査委託先:マクロミル ※2 2017年11月2日自社調べ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • くまもとけん
  • あしきたぐん
  • あしきたまち
  • 熊本県
  • 葦北郡
  • 芦北町
このエントリーをはてなブックマークに追加

使い道の最新情報

  • 2017年11月13日(月)9時46分

     

    芦高支援第二弾!味噌漬けの伝承を行いました。

    今回はお漬物T-1グランプリで日本一に輝いた事もある、【すずめ】(※店名)の生姜のべっこう漬や「生きた味噌」を使ったレシピ等を店主の尾崎さん(81)に伝授いただきました!

    高校生の皆さんにすずめ伝統の味を伝える尾崎さん。生きた味噌、とは微生物が活発に活動し、発酵をしている味噌の事で発酵食品の大切さ、食事の大切さ、そして仕事を楽しみ人生を楽しむという高校生のこれからの未来に大事なことを沢山お話いただきました。

    81歳と高校2年生という世代の壁を超え芦北田浦伝統の味噌漬けの味を受け継ぐ機会を作ることができました!

    寄付者の皆様、ありがとうございました。

  • 2017年10月18日(水)15時21分

     

    芦高支援策「レベルアップ講座」が開催されました!

    芦北高校支援策の一つである、レベルアップ講座が10月11日(水)に芦北高校で開催されました。
    今回の講師は同校の卒業生であり、イチゴやサラダ玉ねぎを栽培している高峰農園代表・高峰裕介さんです。

    農業科の2年生15名は、校内のガラス温室に設置された高設栽培棚で、高峰さんの指導を受けながらイチゴの苗約200株を定植していました。
    イチゴを植える際には「向き」があり、ただ植えればいいというものではないことを知り、生徒さんも勉強になったようでした。

    実技指導のあとは1年生35名も合流し、高峰さんの講演を聞きました。
    肥料づくりの工夫や土づくりの大切さを話され「どこに出しても恥ずかしくない物を作っている。品質を高めるのはもちろんのこと、売るためには味・品質・見せ方が重要」とおっしゃっていました。
    生徒の成長に期待しましょう!

    寄附者の皆様、ありがとうございました!

  • 2017年10月8日(日)16時18分

     

    のりあいワゴンの運行を始めました!

    皆様からの寄附金を活用し、10人乗りワゴン車を2台購入し、公共交通機関がなかった山間部の集落を中心に、10月2日からのりあいワゴン(予約型乗合タクシー)7路線の運行をスタートさせました。

    高齢化が進む集落では、免許返納などにより移動手段を持たない高齢者の足の確保が課題となっており、今回のサービスを通院や買い物などにご利用いただければと思います。

    のりあいワゴンを利用した方からは、「今まではデイサービスしか外出の機会がなかったが、これからは外出の機会が増え便利になる」「外出の際は近所の人に乗せていってもらわなければならず心苦しかった。これから自由に買い物や通院ができる」というお声をいただいています。
    寄附者の皆様、ありがとうございました!

  • 2017年5月8日(月)19時26分

     

    皆さんのチカラをカタチへ!

    本町では、寄附申し込みの際に、使途に関し「寄附金のうち500円をカンボジア学校建設のために寄附する」という項目を設けています。
    寄附を希望された方からお預かりしていた寄附金156万円(3,120件分)を、4月25日に竹﨑町長から芦北町国際交流協会へ贈呈しました。
    カンボジア学校建設には学校の規模にもよりますが、700万円~1,000万円の費用が必要となります。
    皆様からの寄附金は、6校目の建設に活用させていただきます。

芦北町の使い道の報告をもっと見る

選べる使い道

芦北町では、「すべては、次代を担う子どもたちのために」を基本理念として、あしきたの美しい自然や文化に誇りを抱き、次代を生きる子どもたちに魅力あふれる郷土を受け継ぐため、個性の輝くまちづくりを推進しています。

1.芦北高校支援

芦北高校は葦北郡内唯一の高校で、大正10年に創設された伝統校です。農業科、林業科、福祉科の三学科で構成され、国家公務員(林業職)の合格実績日本一や、アマモ場・ホタル再生など特長的な取組みを行っています。一方、少子化の影響で定員割れが続いており、地域の核である芦北高校を存続させるため13項目に渡る生徒確保のための経済的支援や学校の魅力向上の支援を行っています。

熊本県立芦北高等学校⇒http://sh.higo.ed.jp/ashikita/

2. 経済・産業(産業づくり)
全国ブランドのデコポン、甘夏などの産地化や地域資源を使った特産品づくりなどを行っています。また、海の貴婦人と呼ばれる「観光うたせ船」などの資源を活用した観光振興に取組んでいます。
3. 健康・福祉(子育て環境)

子ども(18歳以下)の医療費無料化や保育料の軽減、不妊治療への助成など、子どもを安心して産み育てられる環境づくりを行っています。

4. 教育・国際交流(人材の育成)

子ども達の教育環境をより良いものにするため、学校図書購入、ICT機器の導入などを行っています。また、小中高生を対象とした海外派遣を実施し、国際的にも活躍できる人材育成を行っています。

5. 生活環境(暮らしづくり)

高齢者など交通弱者の移動手段として、無料のふれあいツクールバスの運行を行っています。安全・安心して暮らせる環境づくりのため、防災・防犯事業や高齢者福祉の事業に取組んでいます。

6. 地域づくり(住民活動)

地域の文化継承や住民自らが行うまちづくり活動への支援を行っています。

★上記使い道の他、国際協力などの特色ある取組についてご紹介します。

カンボジアに学校を贈る運動
芦北町と芦北町国際交流協会では国際協力の一環としてカンボジアに学校を贈る運動を行っています。カンボジアの教育環境の改善に貢献しようと、子ども達が中心となった善意の募金活動によって、これまで5校の学校を贈呈しています。

芦北町国際交流協会⇒http://ashikokukyou.com/

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 7件 4件 8件
寄附金額 820,000円 570,000円 2,280,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 7件 10件 10件
寄附金額 1,560,000円 1,945,000円 1,795,000円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 17件 12件 5,169件
寄附金額 3,035,000円 2,060,000円 80,723,005円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 18,740人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 38.5%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -371人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 14.1%全国平均17.7%
  • 過疎状況※平成26年4月1日時点
  • 過疎地域市町村
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 42.1%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

熊本県 芦北町 基本情報

住所
〒869-5498 熊本県葦北郡芦北町大字芦北2015
URL
http://ashikita-portal.com/
TEL
0966-82-2511
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

自治体紹介icon自治体紹介

自治体紹介_画像

熊本県芦北町

芦北町ふるさと寄附金・移住定住特設サイト「よしきた!」がオープンしました★

芦北町のイベント情報や新着情報を発信するだけでなく、引越し、転職、起業、就農、子育て支援制度などを紹介しています。
ぜひ一度覗いてみてください。

芦北町ふるさと寄附金・移住定住特設サイトはこちらをクリック!⇒よしきた!

PICK UP / おすすめのお礼の品

  • りんどうポーク豚バラブロック【1.4kg】でおもてなし料理♪

    1万円の寄附で熊本ブランド「りんどうポーク」の豚バラブロック【1.4kg】をお届け!様々な料理にご活用ください♪
    2017年12月14日(木)17時21分
  • いちご1㎏【予約受付中】
    2017年12月6日(水)8時33分
  • ステーキ工房 ダ・ロープ亭 ヒレブロック食事券
    2017年12月5日(火)14時17分
  • ナチュラルミネラルウォーター真っ清水
    2017年11月1日(水)20時39分
  • 寒い日はおうちでラーメン「もっこす亭とんこつラーメン16食」
    2017年10月17日(火)18時09分

自治体ランキングiconお気に入り数ランキング

  • ランキング1位iconA-63.いちご1㎏

    しっかりと土作りをし味と品質にこだわって育てています。地元直売所でも人気の「ゆうべに」「さがほのか」からその時の旬のいちごををお届けします。イチゴのガク(葉)の部分が一部枯れたようになっている物があ…

  • ランキング2位iconE-20.ハウスデコポン【クレジットのみ】

    ※配送は12月中旬~1月下旬の予定です。順次発送しておりますが、12月中旬以降のご注文分については配送が1月となりますのでご了承ください。柑橘の王様といわれるデコポンは、糖度13度以上、クエン酸1.0%以下の大変…

  • ランキング3位iconA-6.【熊本が誇るブランド豚】りんどうポーク詰合せ1.3kg

    小麦などの良質なデンプン質と天然ビタミン・ミネラル分を豊富に含んだ海藻粉末を与えられたりんどうポークは、一般豚に比べてしまりがあり、日保ち、風味も優れた、きめ細かな甘みのあるおいしい豚肉です。【提供…

この自治体への応援メッセージ

2018年1月17日 8:48
自然災害に負けず、力強く前向きに頑張って下さい
2018年1月13日 15:07
微力ですが応援させていただきます
2018年1月3日 23:12
芦北は以前行ったことがあります。
とても良いところですよね。
少ないですがお役立ていただければと思います。
2018年1月2日 0:49
熊本に旅行に行ったときにとてもいいところだったのでまた行きたいと思っています
2017年12月31日 23:02
微力ながら町の活性化の利用していただければと思います。
2017年12月31日 21:41
芦北の未来を担うMくんとAちゃん、見てる〜?
2017年12月31日 20:07
葦北出身です。この町がより良くなることを祈ってます!
2017年12月31日 1:32
これからも頑張って下さい!
2017年12月31日 0:44
子供は私達の未来です。皆んなで、温かく見守って行きましょう!
2017年12月30日 23:19
少しですが、芦北町のためにお役に立てたらと思います。
2017年12月30日 20:03
地域の繁栄、活性化を願っております。
2017年12月30日 4:02
国際交流活動に長らく携わっております。
日本のどんな地域に住んで暮らしてもローカルにいながら、グローバルなマインドを持つことが大事だと思っています。活動を応援しています!
2017年12月30日 1:23
いつまでもきれいな海を守ってください
2017年12月29日 21:55
芦北町の発展に微力ながらご支援致したく、寄付させていただきます。
2017年12月29日 20:59
芦北町出身で現在愛知県に住んでいます 震災の際は私も心を痛め 知人にも寄付を募りました 地元のために活用して頂きたいです‼
2017年12月29日 20:10
叔母の実家があります。叔母のお母様も住まれており、応援しています。
2017年12月29日 7:26
芦北高校を応援しています
2017年12月28日 23:55
生産者支援へのお役に立てれば幸いです。
2017年12月27日 15:05
初めまして。
今年も本当にあと少しになりましたが
町の皆様のご活躍と発展、健康をお祈りしています。
2017年12月26日 19:17
昨年末、赤松館に遊びに行きお世話になりました。古くからの格式高い文化が伝承されていることに驚きました。また、丘から見た海の美しさにも圧倒されました。これからも美しいまちが続きますよう願っております。
2017年12月26日 17:35
がんばれ!芦北!
2017年12月26日 17:00
湯浦温泉の繁盛を祈ってます。
2017年12月25日 22:04
昨年はデコポンゼリーを頂いてとても美味しかったです。
今年はデコポンの缶詰を試してみたいです。
デコポンと言えば熊本ですね。
2017年12月25日 21:30
 一部の富裕者だけではなく、若者が地元で生活、活躍できる社会の醸成を地域で出来ますよう祈念しています。
2017年12月25日 19:16
一時期、毎年お世話になっていました。また訪れてみたいと思っております。
2017年12月24日 22:15
熊本県には親戚が住んでおります。私の寄付金が文化・自然保全など様々な取り組みに活用されるよう応援しております。
2017年12月24日 21:39
次世代人材育成お願いします!
2017年12月24日 21:23
芦北町は母の故郷であり、東京で生まれ育った私自身にとっても子供の頃から慣れ親しんだ場所です。
これからも私の大好きな芦北の美しい自然が守られ、町が末永く発展することを願っています。
2017年12月24日 17:09
熊本市の出身です。
人吉市にも、幼稚園卒園まで住んでいました。
貴市をはじめ、県南にはなじみあがりませんが、
いずれ訪れてみたいと思っています。
貴市の益々のご発展を願っております。
2017年12月24日 16:06
熊本出身です。
ふるさとの持続可能か発展に期待します。

ページ内の一番上へもどる