お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1
ワンストップ特例制度

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • ひろしまけん
  • せらぐん
  • せらちょう
  • 広島県
  • 世羅郡
  • 世羅町
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

お寄せいただいた寄附金は、寄附された方の想いを尊重して(例えば「自治活動、地域環境の保全整備及び定住に関する事業」など)その分野での事業のために使わせていただきます。

(1)自治活動、地域環境の保全整備及び定住に関する事業
(2)農業、観光、商工業等の振興に関する事業
(3)教育、文化、芸術の振興に関する事業
(4)子育て、福祉、保健及び医療に関する事業
(5)特に指定なし

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 7件 9件 8件
寄附金額 410,000円 1,000,000円 580,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 15件 23件 34件
寄附金額 2,038,000円 1,956,000円 2,644,000円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 203件 347件 576件
寄附金額 9,724,000円 14,437,000円 14,535,010円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 17,096人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 38.7%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -288人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 14.7%全国平均17.7%
  • 過疎状況※平成26年4月1日時点
  • 過疎地域市町村
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 47.9%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

広島県 世羅町 基本情報

住所
〒722-1192 広島県世羅郡世羅町西上原123-1
URL
http://www.town.sera.hiroshima.jp/zaisei/furusato-nouzei.html
TEL
0847-22-1115(直通)
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

自治体紹介icon自治体紹介

自治体紹介_画像

広島県世羅町

PICK UP / おすすめのお礼の品

  • 新米出てます!!

    こだわりの世羅産玄米を新米で!コシヒカリもしくはミルキークィーンをお送りします!
    2017年10月20日(金)14時25分
  • 世羅ぶどう入荷です!!
    2017年8月25日(金)16時27分
  • 松きのこって知ってる??メディアでも大注目!!
    2017年7月14日(金)16時31分
  • 世羅高原豚セット受付始めました!!
    2017年6月8日(木)13時37分
  • 世羅町産ぶどうだけで作った世羅ワイン!!
    2017年5月2日(火)9時38分

自治体ランキングiconお気に入り数ランキング

  • ランキング1位icon<世羅みのり牛>牛ヒレステーキ540g(180g×3枚)【1014975】

    みのり牧場では、契約農家から生後約1ヶ月齢の子牛を導入し、出荷まで一貫した肥育を行なっています。子牛の牛舎には夏は扇風機・冬は床暖房を設置、また独自のEM技術による牛の健康への配慮により「広島県産応援登…

  • ランキング2位icon松きのこ 180g【1014674】

    松きのこは、長年の研究の末、椎茸菌の育種から生まれた、広島県応援登録品のきのこです。姿かたちは松茸によく似ており、香りは山のきのこのよう。きのこには珍しく生食でき、サクサクとした食感をお楽しみいただ…

  • ランキング3位icon世羅高原豚(バラ500g、肩ロース500g)&えぇじゃん辛味噌セット【1016441】

    世羅高原豚とは、世羅高原で6種類の穀物を与えて育てた豚です。とうもろこし・マイロ・米・大麦・小麦・大豆をバランス良く飼料に配合し、肉のコクと脂の甘みを追求しています。セットでお付けする辛味噌は、加藤食…

ページ内の一番上へもどる