トラストバンク紹介動画

トラストバンク紹介ムービー

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • とうきょうと
  • ぶんきょうく
  • 東京都
  • 文京区
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

文京区では、個人、事業者の皆さまからお寄せいただいた寄附金を、区政のさまざまな分野に活用させていただいています。寄附金の使途は、下記の目的からお選びいただくこともできます。

1.こども宅食プロジェクトへの寄附

NPO法人、企業等とコンソーシアム(共同体)を形成し、経済的に困窮する文京区内の子育て世帯に、企業・フードバンク等から提供を受けた食品等を宅配する「こども宅食」をスタートします。

文京区内では、児童扶養手当を約700世帯が受給し、就学援助を約1,000世帯が受けており、多くのこども達が困難に直面しています。

「こどもの貧困」問題解決に意欲を持つ文京区と、NPO等が協働するモデル事業が、「こども宅食」プロジェクトです。このモデルにより、当事者の負担なく食品を届けることをきっかけに、必要のある家庭にはソーシャルワークを行います。

※この寄附には、返礼品等の特典はありません。

文京区ホームページはこちらからご覧ください。
2.姉妹都市カイザースラウテルン市の難民の若者を支援する寄附
自国を離れ、ドイツ連邦共和国にたどり着く難民の中には、親族や保護者もない若者たちがいます。
同市にも、約200名の保護者のいない12歳から17歳の若者たちが滞在しており、2015年秋には、彼らの心の傷を癒し、ドイツ語や生活ルールなどを学ぶための施設ができました。この地で新たな人生のスタートを迎える若者たちのために、皆様の支援をお願いします。
※この寄附には、返礼品等の特典はありません。

文京区のホームページはこちらからご覧ください。
3.文人顕彰事業(基金)への寄附
文京区ゆかりの文人である森鴎外、石川啄木、樋口一葉の基金を設け、それぞれの顕彰事業に活用いたします。
 
基金一覧
基金名:森鴎外基金
目的:森鴎外顕彰事業の運営
担当課:アカデミー推進課 文化資源担当室
電話番号:03-3818-7221
特典の有無:有

 
基金名:石川啄木基金
目的:石川啄木顕彰事業の運営
担当課:アカデミー推進課 観光担当
電話番号:03-5803-1174
特典の有無:無

 
基金名:樋口一葉基金
目的:樋口一葉顕彰事業の運営
担当課:アカデミー推進課 文化資源担当室
電話番号:03-3818-7221
特典の有無:無
 
写真:森鴎外

文京区ホームページはこちらからご覧ください。
4.上記以外の寄附、使途を指定しない寄附について
寄附金の目的によって担当課が異なります。
詳しくは、総務課総務係までお問い合わせください。
総務課総務係 電話:03-5803-1139

文京区のホームページはこちらからご覧ください。

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数
寄附金額 118,413,000円 128,469,326円 118,488,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数
寄附金額 133,523,000円 153,901,000円 109,080,034円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 51件 69件
寄附金額 106,978,380円 6,214,398円 2,931,177円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 199,717人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 20.6%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • 3,155人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 15.1%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 0.0%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

東京都 文京区 基本情報

住所
〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
URL
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/torikumi/kihu.html
TEL
03-5803-1139
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

この自治体の特集一覧

GCFへの応援メッセージ

2017年7月28日 17:55
人口減少が懸念される日本では、生まれてきてくれた子供たちを一人残らず大切に守り育てねばならないと思います。
子供たちが立派に育ち、未来の日本の力になりますように
2017年7月28日 16:43
ひとりでも多くの子供たちが健康で元気に生き生きといられるように。。
2017年7月28日 9:21
子供たちがきちんと食べられ、安心して学べる環境を整えるのは今を生きる大人たちの責任です。私にできることは高が知れているけど、チャンスをいただけたことに感謝します。
2017年7月28日 8:53
全国へ広がるよう、モデルケースとして、成功してもらいたい。
そして、そのノウハウをもっと、広げてもらいたいと思います。
2017年7月27日 20:53
今のふるさと納税の仕組みを変えるきっかけになって欲しい。頑張ってください。
2017年7月27日 20:29
素晴らしいプロジェクトですね。貢献の機会を頂きありがとうございます。応援しています!
2017年7月27日 17:14
お腹いっぱいごはんを食べられない子供がいると、考えただけで、本当に辛いです。少しでも力になりたいと思い、参加させていただきます。食べることは心とからだの元気の源です。今後も陰ながら応援させていただきます。
2017年7月27日 17:02
素晴らしい取り組みをありがとうございます。
一人でも多くの子どもに支援の手が届きますように。
応援しています。
2017年7月27日 14:07
子ども宅食が、新しい福祉の窓口になることを期待しています。
2017年7月27日 10:53
最初は小さな取り組みだと思いますが、成功して大きな社会的な価値につながっていくことを祈願しています。
2017年7月27日 8:22
素晴らしい取り組みだと思います。微力ながら応援させていただきます。他自治体に広がることを期待してます。
2017年7月27日 5:21
活動が全国に広がり、数多くの子供たちに支援が届けられることを祈っております。頑張ってください。
2017年7月27日 2:37
微力ですが協力させて頂きます。お腹を空かせている子ども達に食材とプロジェクト参加者の想いが届きますように。
2017年7月26日 23:21
子どもたちは大人全員で育て、分け隔てなくそたっでほしいです。
2017年7月26日 22:53
ほんとうに微力ですが、つらい気持ちのこどもが少なくなったらいいなあと思います。素晴らしいプロジェクトをありがとうございます。
2017年7月26日 22:52
素晴らしい取り組みに賛同します!頑張ってください。
2017年7月26日 22:41
この活動が多くの自治体で広がることを願い、
微力ながら応援させて頂きます。
2017年7月26日 21:40
3歳の息子をもつ3児の母です。
兼ねてから子どもの貧困や虐待に対し何かアクションをしなければと思いながら何もできずにおりました。今回、HPに掲載されたエピソードを拝見した瞬間、自分の息子の可愛い耳と重ね合わせてしまい、胸が締めつけられ居ても立っても居られずすぐに寄付のクリックをしていました。
小さな一歩ですが、私も踏み出します。すべての子どもたちに明るい未来が訪れますように。
2017年7月26日 20:57
素晴らしい活動です。感動しました!引き続き支援できるようにしたいです。一人が一人を支援すれば多くの人が助かります。頑張ってください!!
2017年7月26日 19:04
子供たちがなんの心配もしないで、過ごせるように頑張ってください。
2017年7月26日 18:42
全ての子どもに笑顔になってほしいです
2017年7月26日 14:49
取組がほかの地域にも広がるよう応援しています!
2017年7月26日 13:28
とても大事な活動だと思います。微力ながら応援させていただきます!
2017年7月26日 12:28
このような取り組みをありがとうございます。応援しています。
2017年7月26日 12:15
私も5か月の男の子がいます。
微力ながら応援させていただきます。
また、ボランティアにも応募させていただきました。
2017年7月26日 7:14
食べることは生きることに直結しているので、食べる物がない生活というのは不安で不安で生きることを諦めかねないと思います。
食べるものに困る子どもが早くいなくなるように、このプロジェクトを応援しています!
2017年7月25日 23:06
今回の取り組みが成功し、全国へ広がること、そして広く社会に認知されることを願っています。
2017年7月25日 21:41
素晴らしい活動ですね!子供たちのためによろしくお願いいたしますm(_ _)m
2017年7月25日 20:45
プロジェクトの趣旨に大変共感して寄付いたします。有効にご活用いただき、子供達の将来に役立てば大変嬉しいです。宜しくお願い致します。
2017年7月25日 19:00
子どもをもつ者として微力ながら応援させていただきます。この輪が全国に広がりますように。

ページ内の一番上へもどる