お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1
ワンストップ特例制度

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • とうきょうと
  • ぶんきょうく
  • 東京都
  • 文京区
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

文京区では、個人、事業者の皆さまからお寄せいただいた寄附金を、区政のさまざまな分野に活用させていただいています。寄附金の使途は、下記の目的からお選びいただくこともできます。

1.こども宅食プロジェクトへの寄附

NPO法人、企業等とコンソーシアム(共同体)を形成し、経済的に困窮する文京区内の子育て世帯に、企業・フードバンク等から提供を受けた食品等を宅配する「こども宅食」をスタートします。

文京区内では、児童扶養手当を約700世帯が受給し、就学援助を約1,000世帯が受けており、多くのこども達が困難に直面しています。

「こどもの貧困」問題解決に意欲を持つ文京区と、NPO等が協働するモデル事業が、「こども宅食」プロジェクトです。このモデルにより、当事者の負担なく食品を届けることをきっかけに、必要のある家庭にはソーシャルワークを行います。

※この寄附には、返礼品等の特典はありません。

文京区ホームページはこちらからご覧ください。
2.姉妹都市カイザースラウテルン市の難民の若者を支援する寄附
自国を離れ、ドイツ連邦共和国にたどり着く難民の中には、親族や保護者もない若者たちがいます。
同市にも、約200名の保護者のいない12歳から17歳の若者たちが滞在しており、2015年秋には、彼らの心の傷を癒し、ドイツ語や生活ルールなどを学ぶための施設ができました。この地で新たな人生のスタートを迎える若者たちのために、皆様の支援をお願いします。
※この寄附には、返礼品等の特典はありません。

文京区のホームページはこちらからご覧ください。
3.文人顕彰事業(基金)への寄附
文京区ゆかりの文人である森鴎外、石川啄木、樋口一葉の基金を設け、それぞれの顕彰事業に活用いたします。
 
基金一覧
基金名:森鴎外基金
目的:森鴎外顕彰事業の運営
担当課:アカデミー推進課 文化資源担当室
電話番号:03-3818-7221
特典の有無:有

 
基金名:石川啄木基金
目的:石川啄木顕彰事業の運営
担当課:アカデミー推進課 観光担当
電話番号:03-5803-1174
特典の有無:無

 
基金名:樋口一葉基金
目的:樋口一葉顕彰事業の運営
担当課:アカデミー推進課 文化資源担当室
電話番号:03-3818-7221
特典の有無:無
 
写真:森鴎外

文京区ホームページはこちらからご覧ください。
4.上記以外の寄附、使途を指定しない寄附について
寄附金の目的によって担当課が異なります。
詳しくは、総務課総務係までお問い合わせください。
総務課総務係 電話:03-5803-1139

文京区のホームページはこちらからご覧ください。

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数
寄附金額 118,413,000円 128,469,326円 118,488,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数
寄附金額 133,523,000円 153,901,000円 109,080,034円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 51件 69件
寄附金額 106,978,380円 6,214,398円 2,931,177円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 199,717人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 20.6%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • 3,155人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 15.1%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 0.0%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

東京都 文京区 基本情報

住所
〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
URL
http://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/torikumi/kihu.html
TEL
03-5803-1139
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

この自治体の特集一覧

GCFへの応援メッセージ

2017年11月7日 17:22
このようなプロジェクトが始まったことを知り、喜んでいました。より多くの子供達が幸せな毎日を過ごせることを願っています。
2017年11月6日 16:15
子供は日本の将来そのもの。1人でも多くの子供達に希望を持ってもらいたい。
関連して、様々な子供支援の方法を考えて下さい。
応援してます。
2017年11月5日 20:57
一家庭でも多くの笑顔と安心につながりますように。この取り組みが全国に広がりますように。
2017年11月4日 19:57
困っている子育て世帯に少しでも多くのサポートができますように。そしてこのプロジェクトが困っている人と支援者を結ぶきっかけになりますように。
2017年11月4日 10:33
こども宅食プロジェクト、素晴らしいと思います。文京区から日本中に広がることを願っています!
2017年11月3日 23:38
ぜひ、この活動を全国へ広げてください。
応援しています!!
2017年11月2日 14:45
ふるさと納税で応援できるのは、
応援したい気持ちをなかなか形にできない私にも、
やりやすくて、ありがたいです。
今困っている人に支援を届ける仕組み、素晴らしいと思います。
がんばってください!
2017年11月2日 6:19
「こどもの貧困」というフレーズをきくたびに胸が痛みます。
寄付を通して、少しだけでも支援のお手伝いができるのであれば幸いです。
子どもたち、そしてそのご家族を救おうとされている活動、心から感謝、応援しております。
一人でも多くの子どもが未来に希望を持ち生活できますように。
2017年11月1日 10:03
 昨日初めて当該プロジェクトを知りました。
 10年前から区民ですが、文京区に苦しんでいる世帯がいらっしゃったことに驚きました。他区から移り住んだ者には文京区には高学歴・高収入世帯しかいないと思っておりました。ショックでした。
 是非、子供たちに新鮮な野菜も届けてあげられるシステムを作ってください。八百屋さんにあるもので、区民の家庭菜園で作った野菜でも届けられると思いました。
 今後も応援します。
2017年10月31日 22:12
文京区民です。2年前に別の区から引っ越ししてきました。住み始めてはじめて、文京区政が人に寄り添おうとして懸命にがんばっていることを知りました。区によって方向性やコミュニケーションのあたたかさ、きめ細やかさがずいぶん違うのだなあと気がつきました。
いままで文京区に住民税をしっかり払い、さらに住み心地がよくなるといいなあと思っておりましたため、ふるさと納税に興味はありませんでしたが、こどもがひもじい思いをしないですむ対策を納税品になさったことに拍手を送る気持ちになりました。この機会に利用させていただくことにしました。
2017年10月30日 23:30
この一見平和だらけの日本にどれくらい貧困に喘いでいるご家族がいらっしゃるのかは分かりませんが、実際に昼夜働いてお子さんを必死に子育てされているシングルマザーの方を身近に知っていますので、そのような状況の方が何らかの事情で働けなくなった場合は本当に厳しい生活が待っていることは想像に難くありません。
よってそのようなご家族に何かお役に立てればと思い僅かですが寄付することに決めました。
2017年10月30日 14:13
これが始まりとなり、全国へひろがり、未来へつながりますように。
2017年10月29日 23:39
食事で困っている子ども達に少しでも力になれたらと思い寄付させて頂きました。
子ども達がおいしくて栄養のある食事をとり、毎日の生活がより快活となることを願っています。
2017年10月29日 21:34
うまく運用してください。
多くの自治体に広がるよう、祈っています。
2017年10月29日 19:43
素晴らしい活動だと思います。
2017年10月29日 0:19
このプロジェクトで、少しでも健やかに育ってくれるお子さんが増えてくれますように。全国的に広まってくれることを祈ってます。そして、最終的にはこの支援が必要ないくらいに安心してみていられる社会になっているといいですね。
2017年10月28日 23:59
一人でも多く、未来があり夢もある人たちが救われますように。
2017年10月28日 21:42
きちんとしたご飯を食べられることはまず生活の基本です。
暖かなご飯はひとの心を落ち着かせます。
ぜひ未来を担う子供たちがひとりでも多くきちんとご飯を食べられるように願っています。
2017年10月28日 17:12
新聞でふるさと納税でこども宅食プロジェクトの応援ができることを知りました。素晴らしい取り組みだと思います。
これからも全国にこの取り組みが広がっていくことを願っています。応援しています。
2017年10月28日 11:42
我が家の子どもたちが通う小学校や保育園、周囲を見渡しても、日々の食事にも困っているような家庭を見つけることができません。実際には外部から見えにくい状況なのかもしれません。宅配という物理的支援を通して、困っているご家庭の支援に介入する、素晴らしいプロジェクトだと思います。
2017年10月28日 11:13
食べるものに困っているお子さんにいち早く食べ物をお届けてまきる素晴らしいプロジェクトですね。
今後、さらに多くの方に食事が届くようプロジェクトの発展をお祈り申しあげます。
2017年10月28日 10:28
素晴らしい取り組みです。
ぜひ継続して全国に展開して行って欲しいと思います。
微力ながら応援しています。頑張ってください。
2017年10月27日 21:48
このような取り組みが、全国の自治体にも広がることを願っています!
2017年10月27日 12:40
日々、食べるものに困っている子どもたちが、少しでも減ることを祈って。
2017年10月26日 13:22
今回の寄付は2人の娘が人生初めて行う寄付行為です。赤い羽根募金を見て「何をしているの?」と疑問も持ったので、「災害とかで家が無くなったり、食事をとれない人の為にしてるんだよ。」と説明すると、帰宅後自分のお小遣いを持ってきました。五百円玉を何枚も持って来たので、まだ園児の子供が出すには大きい金額と思い止めようとしたのですが、「困ってるなら大きいお金の方がいいよね」と言ってくれました。他人に気遣う事ができる子供に育ってくれた嬉しさと、この気持ちを何か良い形にしたいと思い、子供へ向けた寄付であるこちらを選ばせて頂きました。
2017年10月25日 23:19
一人でも多くの子供が笑顔になりますように。
微力ながら協力させていただきます。
素晴らしい活動だと思います。
2017年10月25日 22:34
活動を応援しています。
全国に広がることを祈っています。
2017年10月25日 19:04
全国に活動が広がるように頑張ってください。
2017年10月25日 17:46
子どもたちのために、頑張ってください。
2017年10月25日 0:16
素晴らしい取り組みだと思います。子どもの貧困問題に胸を痛めています。未来を担う子どもたちが健やかに育てるよう願っています。

ページ内の一番上へもどる