トラストバンク紹介動画

トラストバンク紹介ムービー

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • とちぎけん
  • おやまし
  • 栃木県
  • 小山市
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

「水と緑と大地の豊かなまち」小山市の発展のため、小山市のまちづくりへ参加していただき、みんなの力で「個性豊かで活力ある住みよい小山市」をつくることを目指し、9つのメニューであなたの寄附金を活用させていただきます。

子どもの健全育成と子育て支援
活用メニュー「子どもの健全育成と子育て支援」に指定していただいた寄附金は、次の事業に活用させていただきます。

【スクールソーシャルワーカー相談事業】
スクールソーシャルワーカーが学校を定期的に巡回するほか、公民館・出張所での「子育て家庭生活相談」の開催、訪問、子育て包括支援課での窓口・電話相談等により貧困等の問題の早期発見・早期対応に結びつけます。

【子どもの貧困撲滅支援センター事業】
地域(中央公民館・大谷・間々田・豊田・桑出張所)に子ども貧困撲滅支援センターを設置し、スクールソーシャルワーカーによる相談・支援、人材育成、地域支援会議の開催等を行うとともに、生活応援事業を行います。

【ひとり親家庭ファミリーサポートセンター利用料助成事業】
ファミリー・サポート・センターは保育施設等への送迎や一時預かりをするなど子育ての互助組織です。本事業は、ひとり親家庭の方がファミリー・サポート・センターを利用した時に、その利用料を助成するものです。(平成29年度から利用料金の3分の2・限度額2万円)

【要支援児童生活応援事業】
(委託先:NPO法人サバイバルネットライフ、NPO法人さくらネット小山)
養育放棄(ネグレクト)や貧困等の状況にある要支援児童に居場所を提供し、食事、入浴、学習などの支援を行い、基本的な生活習慣を習得させ心身の健全な成長を促す事業です。

高齢者の生きがいと健康づくり
障がい者の自立支援
ボランティア支援
自然環境の保全と地球温暖化対策
活用メニュー「自然環境の保全と地球温暖化対策」に指定していただいた寄附金は、渡良瀬遊水地に関する事業に活用させていただきます。
 
 平成24年7月にラムサール条約湿地に登録された渡良瀬遊水地は、本州以南最大の湿地として、絶滅危惧種183種を含む約3,000種の貴重な動植物が生息する「自然の宝庫」となっています。
 小山市では、平成26年3月に「渡良瀬遊水地関連振興5ヶ年計画」を策定し、第1に治水機能確保を最優先とした「エコミュージアム化」、第2に「コウノトリ・トキの野生復帰」、そして第3に「環境にやさしい農業を中心とした地場産業の推進」「賢明な活用の3本柱」として推進しています。
小山ブランドの創生と産業の振興
活用メニュー「小山ブランドの創生と産業の振興」に指定していただいた寄附金は、本場結城紬に関する事業に活用させていただきます。
 

「ユネスコ無形文化遺産本場結城紬生産振興普及事業」
 国の重要無形文化財である結城紬がユネスコ無形文化遺産に登録された日が、平成22年11月16日であることから、11月16日を「小山きものの日」として着物の着用を推進するイベントを開催しています。和装文化の象徴ともいえる着物の着用を推進し、県内外に「本場結城紬」の産地である当市をPRするとともに、着物に対する市民意識を醸成し、本場結城紬の需要の掘り起こしを図ります。
 
「本場結城紬後継者育成事業」
 「本場結城紬」の製作技術は、平成22年11月にユネスコ無形文化遺産に登録され世界でも守るべきものと認められましたが、一方ではほとんどの生産者に後継者はおらず、産地は「売れない危機」以前に「作れなくなる危機」に直面しています。
 そこで、世界に認められた本場結城紬の伝統技術を確実に後世に継承するために、産地関係者の協力のもと、市職員「紬織士」が製作技術習得研修を続けています。紬織士は今後さらに技術の研鑽に努め、本場結城紬製作の全工程を習得するとともに、将来的には生産振興・普及宣伝の広告塔として産地と消費者を結ぶパイプ役となることを目指します。
住みよいまちづくり
教育環境の充実
芸術・歴史・文化・スポーツの振興
その他
おやま田んぼアート2017見学会を開催します!!

小山市では平成23年度より、田んぼを大きなキャンパスに見立て、色鮮やかな稲穂によって田んぼに画を描く「田んぼアート」を実施しています。

平成29年度のおやま田んぼアートは、昨年実施の美田会場、渡良瀬遊水地会場、絹会場に乙女会場を加え4会場に拡大し、サッカー本田圭佑選手など、より魅力的な絵柄を採用し、JR等を利用した都市住民等が体験・交流活動を行う新たな人の流れをつくるべく、栃木プレDCの一環として、「開運のまち おやま」プレDCキャンペーンの核となる事業として推進していることころです。

この度、5月28日(日)美田会場・乙女会場及び6月4日(日)渡良瀬遊水地会場・絹会場において実施した、おやま田んぼアート2017田植え体験で植えられた苗が日々生長し、4会場のおやま田んぼアートの見ごろをむかえる時期となりましたので、7月2日(日)に全4会場において、おやま田んぼアート2017見学会を開催することとなりました。

見学会当日は、スタンプラリーを実施し、全4会場のスタンプを集めた方に先着で、おやま田んぼアート2017オリジナルグッズをプレゼントいたします。

また、各会場では軽食販売や、おやまの採れたて旬野菜及び田んぼアートが描かれているキャラクターのグッズ販売など、おやま田んぼアートをよりお楽しみ頂けるようイベントを予定しております。

多くの方のご来場をお待ちしております。

◆おやま田んぼアート2017の絵柄
・美田会場(弱虫ペダル×宇都宮ブリッツェン)
・乙女会場(栃木ゴールデンブレーブス)
・渡良瀬遊水地会場(サッカー本田圭佑選手)
・絹会場(鉄腕アトム・ユニコ)

詳細・参加申込みはおやま田んぼアートオフィシャルサイトをご覧ください。
https://oyamatanboart.com/

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 306件 200件 152件
寄附金額 3,879,937円 3,554,000円 2,865,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 121件 106件 106件
寄附金額 1,804,160円 3,274,000円 1,336,000円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 275件 2,546件 1,021件
寄附金額 3,647,592円 115,409,590円 41,760,000円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 160,816人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 22.3%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • 377人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 18.8%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 3.2%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

栃木県 小山市 基本情報

住所
〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号
URL
http://www.city.oyama.tochigi.jp/gyosei/shokai/hurusatonouzei/furusatonouzei.html
TEL
0285-22-9356
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。
ガバメントクラウドファンディング
命をつなぐ「こども宅食」で、1000人のこどもと家族を救いたい!
難病と闘う子供たち「毎日の治療」に伴う痛みを和らげるため、研究にご支援を
広島から全国へ!殺処分0にご支援を
夕張高校魅力化プロジェクト
北海道夕張市 ReSTART

ページ内の一番上へもどる