トラストバンク紹介動画

トラストバンク紹介ムービー

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • さがけん
  • さがけんえぬぴーおーしえん
  • 佐賀県
  • NPO支援
このエントリーをはてなブックマークに追加

災害支援一覧

佐賀県 NPO支援 基本情報

住所
〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1丁目1-59 (県民協働課)
URL
https://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/siminkatudou/_87838/_87837.html
TEL
0952-25-7374
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

この自治体の特集一覧

GCFへの応援メッセージ

2017年7月27日 5:47
技術によって難病の子供たちの生活が少しでも改善することを祈っております。頑張ってください。
2017年7月26日 18:12
私の弟も今年から、1型糖尿病になり、毎日大変そうです。早く、ips細胞や、自動測定、自動インシュリン捕液出来るように頑張ってください。皆さんが、普通の生活ができますように。
2017年7月25日 21:32
凄いですね❗素晴らしいですね♪子供たちに夢を❗よろしくお願いいたしますm(_ _)m
2017年7月25日 20:34
お役に立てば幸いです
2017年7月25日 18:47
娘が小学校1年先で1型糖尿病を発症して11年になります。治る日が来るのを信じてそれまで合併症をおこさないよう頑張っているので研究者の方々も頑張って下さい。よろしくお願いします!
2017年7月25日 11:58
研究の発展を祈念いたしております。
2017年7月24日 14:28
何もできませんが、子供の為に役立ててください。
2017年7月24日 13:29
未来を担う子供たちのためにプロジェクト頑張ってください。
2017年7月23日 22:04
子供たちの未来のために!
今年もこのプロジェクトに参加します。
頑張ってください。
2017年7月23日 14:21
プロジェクトが少しでも早く進む事を希望します。
2017年7月22日 20:37
一日も早く実用化される事を祈っています。
2017年7月22日 17:05
一日も早く糖尿病1型の治療根治ができますように、頑張ってください。
2017年7月22日 12:50
私たちの周りにもこの病気を抱えて、懸命に暮らしている知人がいます。少しでもお力になれればと思います。よき運用をお願いします。
2017年7月22日 12:34
お金の協力しかできませんが。
2017年7月22日 10:41
早く日常の生活が過ごしやすくなる様、祈っています。
2017年7月21日 22:28
子供たちが楽しく過ごせるよう頑張ってください。
2017年7月21日 18:41
身内がインシュリンポンプとセンサを使用しています。
非侵襲なセンサが早く実用になることを願います。
2017年7月21日 7:41
息子が、人工透析技師をしております。透析患者さんの側から離れないお子さんを見ると辛くて……と話してくれます。少しですが、研究にお役立てください。
2017年7月20日 19:43
是非このプロジェクトが前進する様応援したいと思います。
2017年7月20日 0:04
少しですがお役立てください。笑顔になれる子供が増えるよう
願っております。
2017年7月19日 6:30
このようなプロジェクトがあるとは思いもよりませんでした。
自分の住まうところ以外への納税には少し抵抗感があり、利用したことはなかったのですが、こういうことなら気持ちもすっきりします。
是非、お役に立っていただきたいです。
2017年7月18日 12:55
自分にも小さな子供が二人いますので、この子たちがもしこれから毎日自分の体に針を刺さなければ生きていけないことになったら、と思うと、胸が締め付けられるような思いです。そしてそのような毎日を実際に送っている子供たちがいる現実を思うと、なにかできることはないかと思い、今回ささやかですが寄付をさせていただくことにしました。母も劇症1型糖尿病で亡くなっており、もし一命を取り留めていたとしても毎日インシュリン注射をしていたのだろう、と思うと、やはり他人事と思えませんでした。
一日も早い開発をよろしくお願いいたします。
2017年7月18日 12:53
まったく自分に責任がないのに子どもたちが辛い思いをしているのを見聞きするのは、本当にやりきれません。貧困などもそうですが、社会全体で子どもたちを見守り、応援できるような日本でありたいと思います。すばらしい取り組みに、思いとわずかばかりのお金を託します。
2017年7月18日 12:37
夫が10代の頃から1型糖尿病です。家庭と仕事、地域の活動にも汗を流しています。子どもは今、小学校低学年。しばしば目の当たりにする低血糖に少しずつ対応できるようになりました。1型DMの子どもたちが明るい未来を現実のものにできることを知ってほしいと思います。そして、就職や結婚や出産と堂々と向き合えるような治療が進むことを心から祈っています。
2017年7月18日 11:25
1日も早く1型糖尿病のお子様達の生活を一切の苦痛のないものにしてくださいますよう、お願い致します。微力ながら応援させて頂きます。
2017年7月18日 11:22
私も2型糖尿病ですが、1型糖尿病はもっと大変だと思います。
プロジェクトの成果が上がりますよう、お役に立てて下さい。
2017年7月18日 10:54
このような方法での資金集めは素晴らしい発想だと思います。
日本での資金集めは必ず成功すると思います。
1型の糖尿病の研究をぜひ進めてください。
この病気は患者さんのせいではありません。 薬剤師
2017年7月17日 23:23
私は17歳発症の1型糖尿病患者ですが、それをきっかけに猛勉強し現在医師となり治療される側から治療する側へと立場を変え日々様々な病気と闘っています。素晴らしいプロジェクトに感銘を受け参加させていただきました。一人でも多くの1型糖尿病患者さんが注射からの解放はもとより健康を取り戻せる日々が早く訪れることを願ってやみません。
2017年7月17日 23:21
私は17歳発症の1型糖尿病患者ですが、それをきっかけに猛勉強し現在医師となり治療される側から治療する側へと立場を変え日々様々な病気と闘っています。素晴らしいプロジェクトに感銘を受け参加させていただきました。一人でも多くの1型糖尿病患者さんが注射からの解放はもとより健康を取り戻せる日々が早く訪れることを願ってやみません。
2017年7月17日 21:24
僕自身も、糖尿病に似た病気(インスリンとは違うホルモンの出が悪くなって、薬を一生補充し続けなければならない)を患っており、四半世紀以上その病気と付き合っています。元々は脳腫瘍で、その治療の為にかけた放射線で脳下垂体が機能低下し、その為に病人を続けています。
「病気は贈り物」…これは最初の主治医が私に勧めた本の中にあった言葉です。当時は分からなかったけど、今は充分わかります。この病気のお陰でどれだけ精神的に成長出来た事か。
糖尿病患者の皆さんも、お体を大切に生活していって下さい。

ページ内の一番上へもどる