地域の未来を担う高校生の挑戦をふるさと納税で応援!

地域の未来を担う高校生の挑戦をふるさと納税で応援!
寄附金額(総額)
21,258,759
目標金額:31,700,000
67%
達成率
67%
支援人数
765
参加自治体数
12自治体

高校生が取り組む事業や、高校魅力化の活動を応援できます

・地方の子どもの多くは高校進学で域外に出てしまう
・地域を出た若者が地元に戻ってこない
・若者の流出により、地域担い手が育たない
・自己肯定感が低く、将来への希望が持てない若者が少なくない

高校教育の魅力化や高校生の活動支援に取り組む自治体の皆様へヒアリングを重ねる中で、上記ような課題を多く耳にしまた。これは日本全体で共通の課題とも言えます。これらの課題を解決するために、若者が自身の強みを活かして地域で活動できる場を増やすことが重要です。高校生応援プロジェクトでは、ふるさと納税の寄附金を活用して高校教育の魅力化や高校生の活動支援に取り組む自治体の皆様と協力し、日本全体で取り組む意義のある課題のひとつとして、ガバメントクラウドファンティングを実施します。

寄附金の使途を選ぶことができるふるさと納税

使い道から地域を応援するふるさと納税「ガバメントクラウドファンディング」では、自治体が同じテーマの使い道で連携することで、日本を大きく変化させる仕組みにもなります。
ふるさとチョイスは、こうした全国的な課題に向き合う自治体様と一緒に、地域の取り組みをさらに促進していきたいと考えています。

現在応援を募集しているプロジェクト

地域の担い手不足

進学、就学とともに若者の流出

多くの高校生が、卒業とともに進学や就職のためまちを出ていきます。そのため、地域を担う若者は年々減っていき、まちの産業や伝統文化、イベント行事等の衰退が進んでいるまちも少なくありません。

highschool_進学、学習する学生

地域の魅力を知らないまま卒業を迎える高校生

進学や就職のためにまちを飛び立つ子どもたちですが、地元に戻ってくる者は多くありません。戻りたいという気持ちがあっても、地元では仕事が見つからないという不安から戻れずにいる若者がいることも事実です。地域の産業や伝統、地元にある企業を知らないまま出て行ってしまったことも、こうした不安を生む原因の1つと考えられます。

highschool_地元の魅力を知らずに旅立つ子どもたち

高校魅力化で地域の担い手を育てる

地域との繋がりから生まれる地元への誇り

高校教育の魅力化や高校生の活動支援を通じて地域と高校生の繋がりを深め、高校生が自分たちのまちに誇りを持てる環境をつくることを目指します。進学や就職で多くの若者が高校卒業後にまちを出ていってしまったとしても、自分の育ったまちの魅力を知り、そんな地元を誇りに思うことで、離れた場所にいても地元に関り続けたいという気持ちを持つことができます。

highschool_地域と交流する若者

将来に渡って地元とつながる

高校生がまちへの誇りを持つことは、育ててくれた地元への感謝や愛情を育みます。また、地域とともに様々な活動をした子どもたちが将来活躍することで地元に貢献したり、Uターンという形で地元に帰ってくることにもつながります。

highschool_フィールドワーク中の学生

地元への誇りと愛情が、持続可能な地域を作る

長野県白馬村 渡邉 宏太さん

■高校生ホテル

highschool_長野県白馬村_渡邉宏太さん

白馬村では、生徒数の減少により存続の危機に瀕した白馬高校の魅力づくりに取り組んでいます。高校は地域人材育成の核となる場であり、地域の将来を背負って立つ人材を、地域の資源を活かして地域の人たち自らが育成していくことを目指し、コミュニティ・スクールとして学校運営に参画しています。少子高齢化・人口減少による後継者不足を解決するため、これからの村を牽引する観光人材を育成することを目的として「国際観光科」を開設し、生徒を全国から募集しており、公営塾・教育寮の運営、地域学習、留学支援など地域と学校が連携して様々な事業を推進しています。この度のGCFでは、長年温めてきた高校生ホテルの実施に向けてプロジェクトを立ち上げました。地域の資源を活かした取り組みとして、高校生と地域が一丸となり取り組んでいきますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

国際観光科2年生34名が村内の宿泊施設を借り、宿泊の企画・運営を行うことで、見えないサービス(気遣い・心遣い)を実践的に学ぶと共に、必要な知識・技術を習得します。そして、生徒の観光(宿泊業)に対する理解を深め、将来の地域を担う人材を育成するとともに、在学中の繁忙期の人的支援という形で恩返し・貢献します。高校生ホテルによって得られる学びを村外にもPRし、白馬高校国際観光科への入学生を増やしていきます。

寄附者の皆様へ

若者の流出問題は日本全国各地であげられている課題のひとつです。地元を出ていく若者の中には、仕事や進学の関係で地元に残りたくても残る選択ができない若者もいます。本当は地元に残りたくても、限られた選択肢から将来を選ばなくてはいけない状況があります。しかし、実際には本当に彼らの選択肢が制限されているわけではありません。地元にある仕事を知らないだけという場合もあれば、今はまだないけれど地元でできる可能性のある事業もあります。地元に残りたいという思いをもった若者が、地元に残って活動するための選択肢を増やすため、若者と地域がともに活動し繋がりを深めることは重要です。地域と若者が深い関りを持つことで、地域外へ出た若者にとっても自分を育ててくれた地域に離れた場所からでもできることをしたいという思いに繋がり、地域にとっての財産となります。

若者が自分の強みを活かしてやりたいことや好きなことで活動できる場を作り、地域と協力して活動することで、若者が自分の地元へ誇りを持つことに繋がると考えます。この高校生応援プロジェクトを通して、域内外に地元への誇りや愛情を持つ若者を増やし、日本の未来を担う彼らとともに持続可能な地域を作ること目指します。

全てのプロジェクト

このプロジェクトは『ふるさと納税』対象事業です。

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行った時に住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

同様に広域で連携して取り組むGCFテーマ一覧

当テーマと同様に1つの課題に対して広域で連携して取り組むGCFテーマの一覧です。

  • 「新型コロナウィルス対策」をふるさと納税で応援しよう
  • 花粉症に苦しんでいる人々を助ける取り組みをふるさと納税で応援!
  • 厳しい生活環境の子どもたちを支える活動をふるさと納税で応援しよう
  • 災害からの復興をふるさと納税で応援!
  • 地域の未来を担う高校生の挑戦をふるさと納税で応援!
  • ふるさと納税で罪のない動物たちの殺処分を無くす活動を応援して「人と動物の共生する日本」を実現したい!
  • 2020年に向けてスポーツをきっかけに世界と繋がる地域の、誰もが躍動する「まち創り」をふるさと納税で応援!

申し込みもカンタン!ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附ができる制度。収入などで決まる限度内なら、寄附額から原則2,000円を引いた額が所得税・住民税から控除されるうえ、寄附のお礼の品を送る自治体もあります。集まった寄附金は、自然保護や文化財の保全、子育て支援といったまちづくりなどに活用され、災害時の災害地支援にも役立てられています。

  • ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

  • ふるさと納税を活用したクラウドファンディング

GCF®への応援メッセージ

返還までの道程は厳しいかもしれませんが、基地跡地で活躍できる人材を育成していくことは大事だと思います。留学を通じて、中学生の皆さんが、基地跡地に夢を持てるようになることを期待して、微力ながら応援させていただきます。
2020年1月30日 18:58
県立高校を地元の市町村が応援する素晴らしい取り組みだと思いました。3年生は受験など進路を決める大事な時期ですが、持てる力を十分に発揮し未来を切り開いてほしいです。ちょっぴりそのお手伝いができることを嬉しく思います。
2020年1月25日 20:59
頑張って下さい。
宜野湾の発展を期待します😃
2020年1月21日 23:12
宜野湾市の子ども達の未来に役立てたら幸いです。
2020年1月19日 21:06
昨年、この事業を知って、2回目の寄付をさせていただきます。
宜野湾市とは何の縁もないのですが、
若いころの経験は、かけがえのないものと思い、この事業に賛同いたします。
今後、この事業継続と、参加者皆さんの飛躍を祈念申し上げます。
2020年1月13日 12:53
今年度で2度目の寄付です。外交・安全保障の観点から基地問題を考える機会を、宜野湾市の子どもたちに提供することに貢献できて光栄です。
2020年1月2日 10:41
自分の価値観や人生を変えてくれた留学経験を宜野湾の若者たちにも経験していただきたいです、遠くから応援してます!
2019年12月31日 23:11
沖縄の米軍基地負担に関心を寄せてます。少しでも地域のお役に立てればと寄付をさせて頂きます。
2019年12月31日 17:18
少しでもお役にたてばうれしいです。応援しています。
2019年12月30日 22:04
自ら可能性を広げるためにぜひ若い世代に早くから海外の経験と外から見た日本を体験させて下さい。
2019年12月30日 15:50
隣の熊本より応援してます。こちらにも阿蘇山があり、火山灰などの影響は計りしれないものがあります。自然の中で暮らさせて頂いてるのですから、ご機嫌を伺いながら毎日を過ごしたいものです。

2019年12月30日 10:43
長野県出身者です。学生時代は松川にも遊びに行きました。若い時には回り道をしましたが、今にとても生かされています。コスタリカも素晴らしい国なので是非いろんなものを吸収して松川を盛り立ててください!
2019年12月28日 8:12
頑張って夢を叶えてください。
2019年12月26日 8:52
がんばれ、未来ある若者たち!
2019年12月25日 23:27

自治体からの使い道情報

もっと見る

はじめての方へ