引退した競走馬の命を守りたい!引き馬で人間と触れ合う第2の馬生を!

main_img 達成

寄附金額 2,005,000

100.2%

目標金額:2,000,000

達成率
100.2%
支援人数
102
終了まで
42
/ 95

広島県神石高原町
広島県神石高原町

寄附募集期間:2018年12月27日~2019年3月31日(95日間)

広島県神石高原町×非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

プロジェクトオーナー

ピースウィンズ・ジャパンの活動をご支援いただき、ありがとうございます。
私たちは、紛争地域での人道支援、災害への緊急出動と復興支援など「どんな状況にあっても、一つの命を見捨てない」ことを設立以来の価値観としています。
近年は、広島県での犬の殺処分ゼロの活動である「ピースワンコ・ジャパン事業」で動物福祉にも挑戦しており、引退競走馬が活躍できる場を作りたいと思い、プロジェクトに取り組むことを決めました。
これからも馬たちの命を守り続けるために、今、あなたのご支援を必要としています。引退した競走馬が、第2の馬生を送れるよう、活動へのご協力をお願いいたします。

広島県神石高原町

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

引退競走馬の多くが、活躍の場がない

引退後に行方不明になることも

毎年、一握りのヒーローが生まれる競馬業界。
その裏で、毎年約7000頭ほどの競走馬がこの世に生を受けても、約5000頭が引退を余儀なくされています。

その5000頭全てに行き先があるわけではなく、一度は乗馬クラブに行ったあとに、いつのまにか行方がわからなくなる馬も多いのが現状です。

本来馬は30年ほどの寿命があり、一つ一つが大切な命であることに変わりはありません。

引退した後でも、競走馬が最後まで命を全うできる社会を作りたいという想いから、このプロジェクトを始めました。

 

神石高原町で、2頭の引退馬と触れ合える環境を作りたい

引きこもりの少年が、引退馬とふれあい元気になった!!

昨年11月、ピースウィンズ・ジャパンで2頭の引退競走馬を購入し、神石高原町にある提携先の牧場でリトレーニング(人を載せてゆっくり歩く練習)をしています。

そんな時に、たまたま牧場の近所に住んでいる引きこもりの少年と出会いました。

その少年は、最初は暗い表情でただ馬を眺めているだけでした。

でも、何日か通ってくるうちに、「馬に乗ってみたい」と言ったのです。

ヘルメットとプロテクターを着て、恐る恐る馬にまたがり、調教師の合図で引退馬がゆっくり歩き始めました。

その時が、初めて少年の笑顔を見た瞬間でした。

お母さんも笑顔の少年を見て微笑み、それを見ている私たちもとても心が温かくなりました。

引退競走馬には、人を元気にする力がある!
そう、強く実感できた出来事でした。

 

引退馬が、観光施設でお客様と触れ合うことで笑顔が生まれる!

現在2頭いる引退馬は、ピースウィンズの飼育員1名と、提携先の相馬牧場の皆さんにも協力して頂き、リトレーニングを行っています。

今後私たちは、ティアガルテンという観光施設で2頭の引退馬を飼育できるようにし、訪れるお客様と触れ合えるように設備を整え、もしかしたら殺されていたかもしれない引退競走馬の命の大切さを感じることができる状態を作りたいと思っています。

そして、引きこもりだった少年が引退馬と触れ合うことで笑顔を取り戻したように、引退馬が一人でも多くの方を笑顔にする場を作っていきたいと思っています。

しかし、現在のティアガルテンには、2頭の引退馬を常においておける設備がない状態です。

これでは、せっかくリトレーニングをしても、多くの方と触れ合ってもらうことができません。

 

皆様から頂いた寄附金の使い道について

ティアガルテンで、2頭の引退馬を飼育する設備・飼育・運搬費の一部に

皆様から頂いた寄附は、下記の費用の一部に使わせて頂きます。

<多くの人と触れ合えるようにするための施設改修費:約300万円>
■厩舎の改修
■柵の新設
■馬の運搬時に使う土台の設置など

<健康に飼育するための費用:2頭で年間約600万円>
■馬のえさ代
■馬房管理費(厩舎の水道代・電気代)
■馬が健康に過ごす為の医療費・薬代
■再調教(リトレーニング)に係る人件費
■上記の内容に携わるスタッフの人件費 

<安全に馬を運ぶ費用:年間約100万円>
■馬運車のレンタル費用
■獣医師のいる場所までの往復交通費

 

寄附者の皆様へ

ピースウィンズジャパンからのメッセージ

私たちは、犬の殺処分が全国ワーストだった広島県で、殺処分ゼロを実現し、継続している実績があります。

引退競走馬の問題も、私たちは真剣に取り組み、近い将来、全ての引退馬がその命を全うできる社会を作りたいと思います。

みなさまからの温かいご支援、心よりお待ちしております。

お礼の品一覧