夏の風物詩『喜界町夏祭り』を盛り上げて地域の活気を取り戻したい!

カテゴリー:観光・PR 

main_img

寄付金額 787,900

78.7%

目標金額:1,000,000

達成率
78.7%
支援人数
45
終了まで
25
/ 90

鹿児島県喜界町(かごしまけん きかいちょう)

寄付募集期間:2024年5月9日~2024年8月6日(90日間)

鹿児島県喜界町

プロジェクトオーナー

夏の風物詩『喜界町夏祭り』を盛り上げて地域の活気を取り戻したい!

第43回 喜界町夏祭り

喜界町夏祭りは、毎年8月の第2週目ごろに開催されるお祭りです。
土曜日の午前中は子どもから大人まで参加する相撲大会が行われ、正午過ぎからミコシパレード、綱引き大会、踊りパレードと町全体がにぎわいます。
日曜日はフネィンカー(舟漕ぎ競争)や演芸・歌謡ショーなどのステージを堪能し、フィナーレを飾る花火となります。
今年も多彩な催しで皆様をお待ちしております。

GCFを実施する理由

皆様からいただいた寄付金は、ステージ設営費用や警備依頼費用・各種備品購入費等、喜界町夏祭りを安心安全に開催するために係る様々な費用に活用させていただきます。
※台風などの影響により喜界町夏まつりが中止となった場合、翌年度以降の開催費に充てさせていただきます。

喜界町夏祭りのプログラム

◇相撲大会◇

喜界町夏祭りの始まりは相撲大会から始まります。
子どもから大人まで参加しますので、夏祭りを大いに盛り上げてくれます。
夏祭りの前になると各集落にある土俵で練習する人も少なくありません。そして真剣勝負なので、一切手を抜かないのも見ごたえがあります。
特に大人の相撲は迫力満点なので、会場からも熱のこもった声援が多く聞こえてきます。

◇ミコシパレード・綱引き◇

島民の方たちでオリジナルの神輿をつくってパレードします。
子どもたちも一生懸命に「ワッショイ!ワッショイ!」と大きな声で鼓舞しながら神輿を皆さんに見てもらいます。
そのあとに綱引き大会が行われます。
道に長い綱引きを置き、北と南に分かれて真剣勝負の開始です。

ほこてん(歩行者天国)

◇フネィンカー(舟こぎ競争)

天候不良や海上悪天候などもあり、昨年数年ぶりにフネィンカーが開催されました。
往復340mのコースを、専用の舟に漕ぎ手6名とかじ取り1名が乗り、その速さを競う手漕ぎボートのレース。
高校生は同級生や部活動のメンバーでチームを組み、大人は同志を募り、各チーム負けない迫力のある漕ぎを見せてくれました。
選手はもちろん、応援にも熱が入る人気のイベントです!

◇8月踊り

◇演芸・花火

喜界町夏祭りのメインイベント!

約600発の花火が喜界町の夜空を彩ります。
消して多い数ではありませんが、周りに高い建物もないため間近で上がる花火を楽しむことができます。
昨年は音楽とのコラボで新たな演出として大いに盛り上がりました。
花火は祭りの締めとなる重要な演出となりますので皆様に心から楽しんでいただきたいです。

寄付金の使い道

皆様に楽しみにしていただいている喜界町夏祭りですが、階差にはステージ設置などの会場設営・花火玉の調達・警備の依頼など多くの経費を必要とします。
さらに、物価高騰による各種経費の増額が見込まれているほか、例年以上に様々な経費が発生します。

これまでも開催にあたっては、町内外の事業者様からの寄付金など、多大なご支援をいただいてきたところですが、不景気による影響は大きく、例年並みの寄付金が得られないことも危惧されます。そこで、ふるさと納税を通じて喜界町を応援してくださる多くの皆様のご支援とご協力をお願いしたいと思い、今回のガバメントクラウドファンディング(GCF)を実施することとなりました。
どうか本プロジェクトにご賛同いただき、開催となる喜界町夏祭りの実施に向けて、ご支援・ご協力をお願いいたします!

※目標金額に達しなかった場合や目標金額以上の寄付をいただいた場合においても、寄付金は本事業に活用させていただきます。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

お礼の品一覧

現在進捗情報はありません。

鹿児島県喜界町

喜界島(きかいじま)は鹿児島県の奄美群島に属し、鹿児島から南へ約380km、奄美大島から約25kmの太平洋上に位置している隆起サンゴ礁の島です。
周囲48.6km、面積56.94k㎡の小さな島で、熱帯と温帯の境目に位置し、蝶をはじめ魅力的な生物の宝庫であり、海には美しいサンゴ礁生態系が広がっています。現在でも年平均約2mmという世界でも3本の指に入る隆起速度を誇ります。10万年かけてサンゴ礁が隆起してきた地上では、サンゴ礁と地球環境の歴史が生々しく観察できることから「サンゴ礁研究の聖地」と言われています。険しい山や河川はなく中央部には段丘が広がり一番高いところでも標高は211mしかなく、平坦な島といえます。
そして主な産業は、サンゴのミネラルを豊富に含んだ土壌での農業はサトウキビを中心として営んでおりトマト、カボチャ、マンゴーパッションフルーツ栽培も盛んで中でも、白ゴマの生産量は国内一のシェアを誇ります。