• TOP
  • 過去実績
  • 本格的なトライアスロン大会の開催をきっかけとして、トライアスリートに楽しんでいただける新たなまちづくりを進めたい!

本格的なトライアスロン大会の開催をきっかけとして、トライアスリートに楽しんでいただける新たなまちづくりを進めたい!

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 4,450,000

89%

目標金額:5,000,000

達成率
89%
支援人数
52
終了まで
受付終了

山梨県富士河口湖町 (やまなしけん ふじかわぐちこまち)

寄付募集期間:2022年3月15日~2022年5月15日(62日間)

山梨県富士河口湖町

プロジェクトオーナー

町が東京オリンピック、パラリンピックのフランス・トライアスロンチームのキャンプ地となったことをきっかけとして、子ども向けのトライアスロン教室を行うなど競技の普及に取組んできましたが、コロナ禍により計画していた事業の多くが実施できなくなりました。

この状況を打開するため、2022年9月4日に山梨県初の大規模なトライアスロン大会である『Mt.富士トライアスロン富士河口湖』を新たに開催し、トライアスロンを町のイメージシンボルとなるスポーツの一つとして育てていきたい考えです。

そのため、本格的な水準のトライアスロン大会が実施できるような湖畔の環境整備や、トライアスロン愛好家が滞在しやすいような受入環境の整備に取組みます。

山梨県富士河口湖町

富士河口湖町は、世界文化遺産である富士山と、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の4つの湖や、日本有数の原生的な森である青木ヶ原樹海を抱える「森と湖のまち」です。恵まれた自然環境を活かした宿泊業や飲食業などが盛んな四季の風景が美しい観光・リゾート地として国内外から多くの来訪者をひきつけています。

また、富士山麓の豊かな自然環境が育む水や温暖差がある気候を活かした特徴的な農林漁業も行われ、特に畜産は盛んであり山梨県有数の酪農地域となっています。

近年は環境の良さに加え、都心などへのアクセスの良さや買い物などの生活利便性の高さから、都会からの移住・二地域居住先としても注目され、町が特に力を注いでいる子育て環境の充実施策の効果もあり、定住人口の減少を食い止めています。

富士河口湖町では、国内外からの観光客、繰り返し訪ねてくれるリピーター、様々な形で町を応援してくださるサポーター、移住者、そして従来からの住民との交流による活力あるまちづくりを進めています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

  • 多くのご支援をいただきありがとうございました!

    2022年05月18日 12:00

    2022年3月15日から5月15日までの間ご支援をお願いしていたクラウドファンディングでは、目標金額にはわずかに届きませんでしたが、たいへん多くのご寄付を頂戴しましたことに改めて感謝を申し上げます。

    皆さまから頂いた寄付金は、トライアスリートに楽しんでいただける新たなまちづくりの第一歩として、本格的な水準のトライアスロン大会を実施するための湖畔の環境整備に大切に使わせていただきます。

    2022年9月4日に開催予定である「Mt.富士トライアスロン富士河口湖」では、出場するトライアスリートの皆さまや応援する皆さまなど、トライアスロンを愛する多くの皆さまに楽しんでいただけるような大会となるように精一杯準備してまいります。皆さまに笑顔でお会いできることを楽しみにしています!

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

ご寄付の方法

【返礼品を選んで寄付をしたい場合】

「 >お礼の品を選んでこのプロジェクトへ寄付をする 」のボタンを押して寄付へお進みください。

【返礼品無しで寄付のみをしたい場合】

「ふるさと納税で応援」の緑のボタンを押して寄付へお進みください。

多様なスポーツを楽しめるまちづくりを進めたい!

コロナ禍で止まってしまった普及の取組みを再び盛り上げる

2018年から2019年にかけて行われたトライアスロン教室

多くの方が様々なスポーツを楽しむ富士河口湖町では、比較的新しい競技であるトライアスロンの普及を通じて、新しいスポーツに挑戦する環境の提供や、湖により親しむ新しい価値の創出に取組もうとしています。

町では、東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿の誘致活動を2015年に始動し、縁あってフランス・トライアスロンチームのキャンプ地となったことから、コロナ禍となる以前には子ども向けのトライアスロン教室を行うなど競技の普及に取組んできましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い計画していた様々な普及事業の多くが実施できなくなってしまいました。

Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022

本来であれば、世界のトップアスリートの練習を間近で見たり様々な交流を行うことでトライアスロン競技への理解促進や町の素晴らしい環境の国際的な発信が図られる予定でしたが、それらができなかったことで、これまで盛り上げてきた気運がしぼんでしまうことを危惧しています。

そこで、この状況を打開するために、2022年9月に新たなトライアスロン大会である『Mt.富士トライアスロン富士河口湖』を開催し、これを契機に取組みを改めて強化していきたいと考えています。

トライアスロンが楽しめる環境整備を実施

新たな本格的なトライアスロン大会の開催を足掛かりに盛り上げたい!

Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022のコースレイアウト
八木崎公園~河口湖のスイム
河口湖~西湖を走るバイク

山梨県で初めての大規模なトライアスロン大会である『Mt.富士トライアスロン富士河口湖』が2022年9月4日に開催される予定で準備が進められています。

開催地である富士河口湖町では、スイム、バイク、ランという3種目を連続して行うトライアスロン競技を通じて、富士山と湖を抱え「レジャー+スポーツ」に適した素晴らしい町の環境を全国に発信していく考えです。

また、新型コロナウイルス感染症の脅威がなくなり外国との往来がかつてのように行えるようになれば、この大会を国際的な大会に発展させ、マラソンやカヌー競技、トレイルランなどに並ぶ富士河口湖町のイメージシンボルとなるスポーツの一つとして育てていきたいと考えています。

このようなビジョンを着実に進めていくため、本格的な水準のトライアスロン大会が実施できるような湖畔の環境整備や、トライアスロン愛好家が滞在しやすいような受入環境の整備などに取組んでいきます。

本プロジェクトは、『Mt.富士トライアスロン富士河口湖』やトライアスロンに関わる環境整備をより充実した内容とするために多くの皆様のご支援をお願いするものです。

大会メイン会場となる八木崎公園の環境整備を実施します

『Mt.富士トライアスロン富士河口湖』のメイン会場となる八木崎公園では毎年水際が草で覆われてしまい、本格的な水準のトライアスロン大会を実施するにはしっかりとした整備が不可欠となります。

そこで、トライアスロン大会に出場する方々が安全で快適に競技を楽しめるように、スイムのスタート地点であり、スイムからバイクへのトランジションエリアにもなる八木崎公園の湖辺環境整備事業を実施します。

また、目標金額以上のご寄付がいただけた場合は、大会開催時のみならず、トライアスロンを楽しむ方が富士河口湖町でのバイクやランをいつでも快適に楽しめるようにするための受入環境整備(道路整備、自転車ラックの設置拡充、駐車場の整備等)も充実させていきます。

寄附金の使い道

・八木崎公園環境整備(草刈り等):2022年8月実施
・トライアスロンを楽しむための受入環境整備事業:2022年6月以降計画・実施

寄附金の使い道
八木崎公園の湖畔は春を過ぎるとたくさんの草に覆われます

トライアスロン愛好家にとって好感度の高い富士河口湖町となる

トライアスロン愛好家に町の新たなファン層となってもらいたい!

トライアスロン愛好家にとって好感度の高い富士河口湖町をめざします

トライアスロン大会と受入環境整備の実施により、富士河口湖町がトライアスロン愛好家にとって好感度の高い地域となり、トライアスロン愛好家が町にとっての新たなファン層となってくれることを目指します。

観光を主産業とする町にとって、コロナ禍に伴う観光客数の激減は地域経済に大きな影響を与えています。コロナ禍が縮小し多くの方が安全に旅行ができる状況になった後、様々なファン層の方々に繰り返し町を訪れていただけるように取組んでいく必要があり、トライアスロンに関する新たな取組みはその中心的な事業として全力で取組んでまいります。

世界一の選手からの応援メッセージ

アレクシ アンカンコン さん

Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022への応援メッセージ

当町で合宿を行ったパラトライアスロンフランスチームの金メダリストから応援メッセージをいただきました✨

「みなさんこんにちは。アレクシ アンカンコンです。私は富士河口湖で開催されるMt.富士トライアスロンを応援します。富士山が目の前で見られますし、すばらしい時間が過ごせること間違いなしです! みなさんがんばって!」

プロフィール
ALEXIS HANQUINQUANT (アレクシ アンカンコン)
1985生まれ
東京2020パラリンピック パラトライアスロン 男子PTS4(運動機能) 金メダル

富士河口湖町長 渡辺 喜久男からのメッセージ

ポストコロナを見すえた新たな魅力づくりへの応援をお願いいたします

富士河口湖町長 渡辺 喜久男

町が2020東京オリンピック・パラリンピックのフランストライアスロンチームの事前合宿地となったことを契機に、レガシーとしてまた、当町の観光資源と親和性の高いスポーツとの融合により、観光とスポーツの相互の普及、発展を図るため、『Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022』を本年9月4日に開催をすることとしました。

抜群の景観を楽しむとともに、大自然に挑戦するという、ポストコロナの中にあって本町の新たな観光イベントとして、期待をするものです。スポーツを愛する皆さまからの幅広い応援をお願い申し上げます。

お礼の品のご紹介

【9月3日~4日開催】Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022  個人エントリー権

Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022

Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022個人1名のエントリー権です。JTU(日本トライアスロン連合)登録者用のエントリー枠とJTU未登録者(初級者に限定)用のエントリー枠があります。

Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022は、2022年9月4日に日本一の山であり世界文化遺産・富士山の麓で初めて開催する大会です。八木崎公園をメイン会場に河口湖・西湖の特設コースで実施。距離はオリンピックディスタンス(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)で競います。

お礼の品として「エントリー権」を選んで本プロジェクトを応援する場合は、以下の(JTU登録)または(JTU未登録(初級者に限定))をお選びください。

特産品や各種サービス券などもお礼の品としてご用意しました

このプロジェクトへのご寄付に対する返礼品は以下からお選びください