iPS細胞で難病の子どもたちを救いたい~毎日の注射から解放するために~

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 1,229,000

6.1%

目標金額:20,000,000

達成率
6.1%
支援人数
60
終了まで
70
/ 90

佐賀県NPO支援 (さがけん えぬぴーおーしえん)

寄付募集期間:2021年2月12日~2021年5月12日(90日間)

佐賀県庁×日本IDDMネットワーク

プロジェクトオーナー

1型糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが出なくなる病気で、発症すると一生治らず、生涯にわたって1日4~5回、インスリンを注射等で補う必要があります。インスリンによる治療は「治る」ための治療ではないため、「治る」ためには膵臓または膵島の移植が必要です。

しかし、移植のための臓器提供者(ドナー)は絶対的に不足しており、必要としている方が必ずしも移植できるという状況ではなく、むしろ困難ですらあります。
また、移植したとしても現在の医療では完全にインスリン補充が不要となることは難しかったり、免疫抑制剤の服用が続いたり、手術が複数回必要であったりと、課題は山積しています。

そこで私たち日本IDDMネットワークは、iPS細胞を用いた再生医療により、1型糖尿病を「治る」病気にするための研究を行っている研究者への支援を行います。

iPS細胞による再生医療を「希望する誰もが受けられる」環境をつくり、1型糖尿病患者・家族が”希望”を持って生きられる社会の実現を目指します。

佐賀県NPO支援

佐賀県のふるさと納税は、皆さまが支援したい佐賀県内のNPO等を指定して寄付することができます。お返しの品は指定されたNPO等が自らの創意工夫で送ることで、県の事務経費を抑え、できる限り多くの額を指定されたNPO等にお渡しし、“自ら考え行動する自発の地域づくり”を応援しています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

1型糖尿病とは

1型糖尿病は一度発症すれば一生「治らない」病気です。原因不明で突然発症し、一生治らないこと、そして生きていくためには毎日4~5回の注射やポンプでのインスリン補充が欠かせないことから患者・家族は絶望してしまいます。

日本人の年間の発症率は10万人に2人程度と少なく認知度の低い難病です。
入園、入学、就職、結婚等での偏見や日々の治療への苦悩、医療費、合併症への不安など、患者・家族の負担が大きいことも問題です。

1型糖尿病の子どもたちは、食事やおやつの時間に血糖値を測定し注射を打ちます。そのときの血糖値や食べる物、量によって注射するインスリンの量を計算します。この計算はひとりひとりが異なるため、大人でも慣れるまでは苦労します。

また、インスリンの副作用である低血糖により意識を失ったり、最悪の場合死に至ったりこともあります。だからといってインスリンを補充しなければ、数日で命を落としてしまうのです。

「何も考えずに好きなものを食べられる」ということは、1型糖尿病の子どもたちにとって“普通”のことではありません。

これらの問題を解決するためには、1型糖尿病を「治る」病気にする必要があります。


1型糖尿病を「治す」希望の光 iPS細胞

現在の治療法は「移植」すること。でもドナーが絶対的に足りません。

1型糖尿病を「治す」ためには、インスリンを分泌する膵臓または膵島を移植する必要があります。しかし、移植するためのドナーは絶対的に不足しており、現在も移植のためにドナーを待っている人たちがいます。

また、ドナーから膵臓又は膵島を移植したとしても免疫抑制剤を飲み続ける必要があります。


だけど、iPS細胞なら、ドナー無しで解決できると分かった

これらの課題を解決してくれる希望の光がiPS細胞です。
iPS細胞は様々な働きを持つ細胞に変化することができ、培養することで必要量を確保することができます。

iPS細胞は「治らない」1型糖尿病の患者・家族にとって“希望の光”なのです。

しかしこのiPS細胞も、今すぐ移植できるわけではありません。
iPS細胞からきちんとインスリンを分泌し、血糖値によって調整してくれる細胞を作り出し、効率よく培養することが必要不可欠です。これらを実現するためには、まだまだ研究資金が足りません。

1型糖尿病を「治す」ための希望であるiPS細胞の研究をより発展させるために、そして
1型糖尿病の子どもたちの笑顔を創るために、ご支援をよろしくお願いいたします。


関係者からのメッセージ

患者・家族より

●三井美知子さん(1型糖尿病患者家族)

娘は生後7ヶ月の頃に、その子の弟は2歳4ヶ月の頃に1型糖尿病を発症しました。毎日一生懸命過ごしています。痛いこと、辛いこと、嫌なこと色々とありますが、インスリンさえ入れれば食べたいものも食べられ、低血糖になった時には補食すれば思い切り遊ぶこともできます。
昔は血糖測定するのもすごく時間がかかったと聞いています。血糖測定するのも今ではほんの数秒。針もすごく細くなってきているとか、、これは研究してくださる方達がいて、色々と出来るようになってきている、本当にありがたい事だと思っています。

写真

それでも、早く体の針のあとが残らないようになるといいなと、、
体に針を刺すことがなくなればいいなと、、
いつも痛みを我慢しながら頑張っている娘と息子を見て針を刺しています。
私たちは変わってあげることも出来ずただ治る病気になるようにと、祈ることしか出来ません。

いつか血糖測定もせず、インスリンの量も考えず、普通にご飯を皆で食べたいです。

写真

●三井蘭々(らら)ちゃん(1型糖尿病患者・8歳)

びょう気があるけどみんなとあそべて楽しいです!
はりの交かんもいたくていやだけど、おわったらおかしを食べれるのでがんばっています!
でも、なおったらみんなでおかしパーティーをして思いっきり食べたいと思ってます!あと友だちとごはんやさんにも行きたいです!

写真

研究者より

京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥氏

写真

日本IDDMネットワークは、研究助成などを通じて積極的に研究を支援する活動を長年にわたり行っておられます。
私を含め、京都大学iPS細胞研究所の研究者もご支援を受けております。
寄付で研究活動を支えるという文化を日本で広げるために、クラウドファンディングによる寄付募集を応援します。

京都大学iPS 細胞研究所 増殖分化機構研究部門教授
長船健二氏

写真

日本IDDMネットワークより研究助成をはじめとする御支援を頂き、1型糖尿病の解決に向けた私たちのiPS細胞研究も大変進みました。ますます研究が進んで一日も早く患者さまに新しい治療法が届くように、佐賀県庁への「ふるさと納税」によるご支援をよろしくお願いいたします。

東京工業大学 生命理工学院教授
粂昭苑氏

写真

「iPS細胞による1型糖尿病根絶を目指す研究」は時間がかかる研究です。私たちは、一日も早く患者の皆さんに届けられるよう、有効性・安全性の高い再生医療 の開発を目指して、毎日研究に励んています。この度、日本IDDMネットワークの 「ふるさと納税」による皆様のご支援、よろしくお願いします。

東京大学医科学研究所幹細胞研究センター
幹細胞治療分野特任准教授 山口智之氏

写真

日本IDDMネットワークのクラウドファンディングによる研究助成は研究者にとって大きな力となります。
私も研究助成を受け研究が大きく進展しました。
この研究助成によって1型糖尿病の根治が実現するよう、佐賀県庁への「日本IDDMネットワーク指定ふるさと納税」によるご支援をよろしくお願いいたします。

日本IDDMネットワークによるこれまでのiPS細胞関連研究助成の進捗状況

ヒト膵細胞を用いた血管構造を有する膵島創出法に関する臨床応用技術の開発(2010年度)

iPS腸管(iGut)を用いた膵臓(iPanc)の臓器分化誘導法の開発(2014年度、2015年度)

ヒトiPS細胞から機能的な膵島の創製とそれを用いた治療法の開発(2014年度) ヒトiPS細胞から膵島の作製と機能を維持する培養方法の開発(2015年度)

「1型糖尿病」患者由来iPS細胞を用いた病態解析研究(2012年度) 1型糖尿病に対する再生医療開発のためのiPS細胞由来移植用膵細胞の高効率分化誘導法と純化法の開発(2015年度)

異種動物個体内での膵臓作出と得られた膵島による糖尿病治療(2013年度) iPS細胞由来組織前駆細胞を利用した動物体内での膵臓作製法の開発(2015年度、2016年度、2017年度、2020年度)



いただいたご寄付でできること

■1000万円あれば、、、
新たな培養法を開発し、iPS細胞から長期間血糖値を正常に制御する能力のあるβ細胞が創出できます。

■2000万円あれば、、、
新たな培養法を開発し、iPS細胞から長期間血糖値をより正常に制御する能力のある膵島が創出できます。

■3000万円あれば、、、
新たな培養法の開発により、iPS細胞から自己免疫によって攻撃されない移植可能な膵島が創出できます。


国は、iPS細胞の基礎研究へ支援を行ってきましたが、膵臓・膵島再生への優先順位は低く、企業が大規模な投資を行う段階にはありません。
私たち日本IDDMネットワークが、iPS細胞の実用化に向けた研究費助成という”橋渡し”を行わなければ、革新的な研究が途絶えてしまいます。
子供達の未来のためにも、ふるさと納税でご支援をお願いします。

日本IDDMネットワーク理事長からのメッセージ

1型糖尿病患者が失った膵島(インスリン分泌機能)を患者自身の細胞から作ったiPS細胞で再生し、自らに膵島移植するという究極の根治治療への挑戦です。
ご存じの通り、ヒトのiPS細胞は京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長によって、世界で初めて樹立されたまさに日本発の画期的な技術です。
この技術を実用的な医療として実現するために、今回広く日本国内の研究者の方々に呼びかけ、iPS細胞による1型糖尿病の根治につながる研究にさらに助成してまいります。
全ての1型糖尿病患者・家族の希望である「発症前の健康な体に戻ること」(根治)への研究進化に向けて、皆様からのご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク
理事長 井 上 龍 夫

これまでご支援いただいたガバメントクラウドファンディング

「移植ではない治療法」を確立し、難病の子どもたちを救いたい

難病で苦しむ子どもたちをこれ以上増やさないために~ワクチン開発をご支援ください~

【緊急のお願い】難病の子どもたちの命を守る―日本の臨床医たちによる挑戦―

実現まであと少し!不治の病「1型糖尿病」を根治する研究をご支援ください

“不治の病”と生きる子どもたちに“治療”をー針を刺さなくていい日々を届けたいー

一生、毎日5回の注射を打たなければならない「不治の病」から子ども達を助けたい

こどもたちの「不治の病」を治すために、あなたのご支援が必要です

子供達に”不治の病”を発症させない「ワクチン開発」への挑戦

難病と闘う子供たち「毎日の治療」に伴う痛みを和らげるため、研究にご支援を

子どもたちに注射ではなく「治る未来」を届けたい。

難病の子どもたちを治療するために~免疫抑制剤のいらない膵島移植を目指して~

難病の1型糖尿病の子どもたちを”治す”研究のために

ふるさと納税で難病の1型糖尿病が支援できます




お礼の品をご紹介


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 家族が1型糖尿病です。1日も早く治療法が確立される事を願っています。

    2021年3月1日 0:59

  • 少しでもお役に立てればと思います。

    2021年2月28日 20:49

  • いつの日か、少しでも早く、1型糖尿病が治る病気になりますように!

    2021年2月20日 22:39

  • いつも応援しています。

    2021年2月20日 9:34

  • 兄や友人が糖尿病です、早く注射から解放される事を願います。
    よろしくお願いします。

    2021年2月19日 12:52

  • 子供たちが制約なく伸び伸びと元気に生活出来るよう、一日も早い開発の成功を願っています。

    2021年2月18日 14:53

  • いつも応援をしています。お互いに頑張りましょう。

    2021年2月18日 4:14

  • 一日でも早く根治できることを願います。

    2021年2月17日 14:38

  • 家族が一型糖尿病です。
    治療等少しづつでも発展していくよう応援してます!

    2021年2月14日 10:43

  • わずかですが力になりますように。

    2021年2月14日 0:23

  • 子供達の明るい未来に、自分も希望を持って、遠くない未来に必ず実現すると信じています。病気が治ったら何も考えずにただ食事を楽しみたいです。

    2021年2月12日 16:14

  • 子供たちが注射から解放され、元気に日々の生活ができるようになることを祈っています。

    2021年2月12日 13:28

  • 頑張ってください!
    よろしくお願いします!

    2021年2月12日 11:44

はじめての方へ