ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス


   住みよさランキング1位獲得!


住みよさランキング1位獲得!

滋賀県草津市は、東海道と中山道が分岐・合流する宿場町として栄えたまち。旅人との交流の中から常に新しさを取り込み「くさつらしさ」を育んできました。近年では、京阪神のベッドタウンとして都市機能の集積が進み、大学の立地や新産業の創出など、新たな活力と魅力を備えた都市へと成長しています。昨年度は「住みよさランキング」で近畿ブロック1位、本年度は西日本ブロック1位を獲得しました!(東洋経済新報社調べ)



牛肉の最高峰「近江牛」


牛肉の最高峰「近江牛」

滋賀県内で最も長く飼育された黒毛和種の「近江牛」は、元々は農耕に使われていた但馬系の牛がそのルーツです。琵琶湖に代表される豊かな自然環境と水、栄養バランスに配慮された飼料、生産者のまごころいっぱいで育まれたその味は絶品! 肉質はきめ細かくとっても柔らか!肉と独特のツヤと粘りを持つ脂肪の細かいサシが入り、霜降り度合が高いのが特徴です。深みのある伝統の味をぜひご賞味ください。

牛肉の最高峰「近江牛」

「近江牛しゃぶしゃぶ(もも)セット」

近江牛もも肉と近江スエヒロ秘伝のごまタレをセットでお届け!スエヒロはしゃぶしゃぶの元祖のお店であると同時にごまタレの元祖でもあります。その風味高いごまタレと、肉の味がしっかり感じる特選近江牛もも肉をご堪能ください。


【内容】近江牛(もも)300g、スエヒロ特製ごまタレ90㏄×2本


滋賀県草津市へのふるさと納税はコチラ


もっちりおいしい「近江米」


豊かな自然を守りながら先祖代々受け継いできた、生産者の愛情がいっぱい込められた「近江米」。滋賀県内で生産される「うるち米」「酒米」「もち米」を総称して「近江米」と呼んでいます。化学肥料や農薬の使用量を抑えた「安全・安心・おいしい」お米です!
滋賀県内だけで生産されている地元のお米、近江米「秋の詩(あきのうた)」。ほのかな甘みのあるお米自身のおいしさはもちろん、和食・洋食・中華など、どの料理とも相性バツグンです!



「近江米 玄米5kg×2袋セット」

「近江米 玄米5kg×2袋セット」

平成26年度産新米受付開始!草津産「コシヒカリ」は、ねばりと歯ごたえで人気があり、「秋の詩」は滋賀県だけが生産するまさに「地元のお米」!食べやすく、ほのかな甘みが特徴です。そのおいしいお米2種類と、草津で生産された野菜「愛彩菜」を使ったふりかけをセットにしてお届けします。

【内容】近江米コシヒカリ(玄米)5kg×1袋、近江米秋の詩(玄米)5kg×1袋、愛彩菜ふりかけ50g×4本


滋賀県草津市へのふるさと納税はコチラ


おいしいお米と水が育んだ「酒」


おいしいお米と水が育んだ「酒」

草津市の老舗酒蔵、太田酒造株式会社。太田家は江戸の初期、道灌公の末流太田若狭守正長が越前福井藩から街道の要衝近江の草津に移り、代々関守をつとめてきました。その後この宿場で酒造りを始め伝統の味を継承しています。


「清酒720mℓ×2本セット」」

「清酒720mℓ×2本セット」

清酒「道灌」は昔から東海道や中山道を往来する人々に、これぞ天下の銘酒と賞味されてきた逸品!滋賀県産吟吹雪を100%使用した「吟吹雪」は、ふくらみのある穏やかな味わいの特別純米酒。また、滋賀県産山田錦を100%使用した「純米原酒山廃山田錦七割磨き」は、香り良く、コクとしっかりとした酸が飲み応えのある味わいです。手間ひまをかけじっくり醸した草津の清酒をご賞味下さい。

【内容】特別純米吟吹雪720mℓ、純米原酒山廃山田錦七割磨き720mℓ


滋賀県草津市へのふるさと納税はコチラ


お茶屋こだわりの「スイーツ」


お茶屋こだわりの「スイーツ」

江戸末期創業の草津市のお茶屋さん「千年の香り 千紀園」のスイーツは、本物の宇治抹茶のみを使用!丹念に石臼で挽いた抹茶は、色鮮やかで深い緑と上品な香りが特徴です。こだわりの濃厚な深い旨味と、挽きたて抹茶の豊かな風味をお楽しみください。


「お茶屋の濃チーズケーキ6個と宇治
抹茶ロールケーキ『若草衣』詰合せ」

「お茶屋の濃チーズケーキ6個と宇治抹茶ロールケーキ『若草衣』詰合せ」

老舗のお茶屋だからできる、抹茶の香りがふわ~っと広がる濃厚抹茶チーズケーキ。竹炭で真っ黒、シャリシャリ感が楽しめるチーズケーキ竹炭。チーズ本来の濃厚なコクと酸味のチーズケーキクリーム。宇治抹茶ロールケーキ「若草衣」は、たっぷりのはちみつと卵黄で、ふわふわに焼き上げた生地と抹茶クリームの絶妙なコンビネーション!

【内容】お茶屋の濃チーズケーキ宇治抹茶・竹炭・クリームx各2個、宇治抹茶ロールケーキ「若草衣1本


滋賀県草津市へのふるさと納税はコチラ


引き継がれる伝統の技!「ひょうたん」


引き継がれる伝統の技!「ひょうたん」

もともと江戸時代より、酒や水を入れる容器として使われてきた瓢箪(ひょうたん)。当時、宿場町である草津にも数軒の瓢箪屋がありましたが、現在は全国でも数軒しか残っていません。草津市の瓢泉堂は、安藤広重の「東海道五十三次」草津の宿にも描かれている超老舗!伝統の技を引き継いでいます。


「お茶屋の濃チーズケーキ6個と宇治
抹茶ロールケーキ『若草衣』詰合せ」

「六瓢簞」

瓢簞(ひょうたん)は瓜科の植物。大きさや型も違い、ひとつとして同じ物がなく加工するのはすべて手作業!特殊な色付けにより漆塗りのようにツヤのある仕上がりが特徴です。無病(六瓢)息災の縁起物、装飾品として使用されています。


【内容】瓢箪6ヶ1組、最も大きい瓢箪高さ約15cm



滋賀県草津市へのふるさと納税はコチラ


伝統の仕事人をご紹介!


「鉄工房ナルディック」

「鉄工房ナルディック」

鉄素材を用い、動かしたり、音を鳴らしたり、鑑賞者が関わることにより完成する造形作品を40年に渡り作り続けています。今も身近な鉄素材の魅力を見直し、新しいものづくりを発信しています。親子体験教室も開催。鉄のメッセージに耳をすまそう!


「淡海陶芸研究所」

「淡海陶芸研究所」

草津焼で、古代の陶質土器「須恵器」の遺伝子を受け継ぐ。京焼の工房で修行後、須恵器の窯も発見された木瓜原(ぼけわら)で陶器を焼き、97年には「草津焼」として草津市指定ブランドに認定。土に鉄分が多いので焼き上げると黒色になるのが特徴です。後継者育成と草津焼の普及にも力を注いでいます。



由緒正しき料亭「双葉魚寅楼」

由緒正しき料亭「双葉魚寅楼」

本陣にもお料理をお届けされていた老舗料亭。国登録有形文化財の建物は、昭和初期の料亭の姿を今に伝えます。現在も完全予約制をとるのは、和食文化の素晴らしさを伝えたいから。懐かしい佇まいや歴史を感じる調度品を拝見しながら、旬の近江食材と伝統の調理法が編み出す懐石料理を堪能できます。
※完全予約制


和ろうそくとお香の店「大喜」

和ろうそくとお香の店「大喜」

草津宿土産には、ハゼの実を原料とする木蝋(もくろう)だけで作られた赤や白の「和ろうそく」、そこの花絵付けした「絵ろうそく」、「あおばな染め匂い袋」、香木の薫りが楽しめる「特選沈香」などが人気です。特に煙が少なく、ぽっと揺れる大きな炎の和ろうそくは日本の情緒が感じられると好評です。



江戸時代から続く呉服の老舗「万善呉服店」

江戸時代から続く呉服の老舗「万善呉服店」

矢橋追分方面から旧東海道を北上して立木神社を抜け、県道山田草津線を渡ると草津宿へ。そのすぐ左手にある町屋が万善呉服店です。当時は「和服と言ったら万善」と言われるほど草津では名の知れた呉服屋店でした。今は店内を改装されましたが、昔の面影を慕って歴史研究者が訪れます。


近江茶販売の老舗「吉川芳樹園」

近江茶販売の老舗「吉川芳樹園」

近江茶の始まりは今から1200年前、最澄が中国より持ち帰った茶の種子より始まったといわれます。この近江茶一筋に茶葉を販売し続けて百余年、その香り良くふくよかな味わいを守り、地域の人々に愛されてきました。国登録有形文化財の町屋建物とその店内には、昔の面影が色濃く残っています。


滋賀県草津市へのふるさと納税はコチラ


草津市をもっと知ってほしい!



使い道で選ぼう!

ふるさとチョイスCafe
北海道夕張市 ReSTART
ワンコ殺処分0
ワンストップサービス
ドコモ ケータイ払いでおとってもラクラクふるさと納税
  • 明和町と地元地域が連携して造った日本酒が完成しました。

    明和町の活性化のため、産学官が連携し造った日本酒「神都の祈り」が返礼品に追加されました。詳細は下記リンクをご確認ください
    2017年4月19日(水)17時58分
  • 高原野菜セット(きたかる万菜)
    2016年6月1日(水)9時43分
  • 人気の「いくら」 醤油味と塩味の食べ比べセットもおすすめ!
    2017年4月15日(土)0時15分
  • 死ぬまでに1度は食べたい!本物の近江牛!
    2016年11月1日(火)23時00分
  • 【再入荷決定】「最上級A5ランク宮崎牛セット」数量限定です!
    2016年11月29日(火)18時36分

ふるさと納税とは?

クラウドファンディング

GCF(ガバメントクラウドファンディングとは

季節特集

ページ内の一番上へもどる