ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ふるさと納税をリードする先進自治体職員特集

今年1月30日(金)第2回ふるさと納税先進自治体会議が都内で行われました。ふるさと納税で先進的な取り組みをしている自治体職員の方をお呼びし、地域でおこっていることの発表や意見交換などを行いました。各自治体ならではの特色を活かし地域資源を発掘し、それをPRすることで多くの変化が起きています。ふるさと納税をきっかけとし、持続的に地域に活力を産むために、毎日遅くまで頑張る職員の方たちをご紹介いたします。

先進自治体会議メンバーの
     ふるさと納税とは?

ふるさと納税を通じて地域で起きている本当のことは?

テレビなどでは、ふるさと納税の「お礼の品」ばかりが注目され、「お得」であることばかりが強調されています。
では、現場に携わる自治体職員は、またその職員と一丸となって頑張る生産者や事業者はどう考えているのでしょうか?
ふるさと納税により起こっている本当の地域の力を、想いを集めました。

 

山形県 天童市

天童市 沼澤 賢次さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

天童市のふるさと納税は、本市の認知度の向上と地場産業の振興を目的に取り組んでいます。キャッチコピーを「あなたの第2のふるさとに天童が立候補します!!」としており、ご寄附をいただいた皆様との間に、ふるさと納税を通じて絆を形成し、本市が皆様にとって「第2のふるさと」と感じていただけるようにとの思いが込められています。

天童市としても、皆様からのご厚意によりいただいた寄附を、本市の伝統工芸である将棋駒の振興や環境保全・子育て支援などに有効に活用させていただくとともに、心ばかりのお礼といたしまして、あくまでも天童市産にこだわった特産品をお送りさせていただいております。

■ 地域に与える影響

天童市では平成26年8月に降ひょう被害に見舞われ、農作物が約10億円の被害を受けました。このひょう被害にあったリンゴやラ・フランスで、生食が十分可能なものを「好ひょうEKBりんご」と名付け、ふるさと納税の特産品として提供し、市がそれを農家の方から通常の加工品用よりも高く購入することで、被害にあった農家を支援することができました。また、本市の伝統工芸である将棋駒産業についても、これまで低迷していましたが、再び活気を取り戻しつつあります。

天童市特産品

■ 地域の生産者・事業者の声

伝統工芸である将棋駒のストラップは、寄附者の皆様からのご支援により、現在生産が追い付かないほど多くの受注を受けております。現在の将棋駒産業全体に対するふるさと納税のシェアは4割弱となるほどであり、生産者の方一同大変喜んでいます。

また、ひょう被害にあった農家の方も、被害にあった農産物はほとんど収入がなくなることを覚悟しておりましたが、ふるさと納税により、大変助けになりました。

~ 寄附者からの声 ~

◇ EKBりんごのような企画は、ふるさと納税本来の趣旨に合致するものであり、積極的に支援したい!!

◇ 遠くて普段行くことができない、天童市の魅力を肌で感じることができて嬉しい!!

◇ ふるさと納税を通じて、天童市の伝統工芸である将棋駒を支援したい!! 後継者育成を頑張って世界に羽ばたく将棋となってほしい!!


山形県天童市へのふるさと納税はこちら

 

佐賀県 玄海町

玄海町 井上俊一さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

申請者の皆様からご寄付いただいた寄附金のおかげで当町は今までできなかった新しい事業や、町が抱える課題に対して解決事業など、更なる魅力向上の為にたくさんの恩恵をうける事ができました。皆様の寄附金を町に対する期待と受け止め今後も大切に寄附金を活用させていただきたいと考えております。また合わせて当町の御礼の品についてもたくさんのお喜びの声をいただいております。引き続き生産者と一緒になって、申請者の方に喜んでいただけるよう努力していきたいと考えております。

当町では、今回のこの制度で申請者の皆様と町の人間が繋がった事が一番の実りだと思っております。皆様からの期待やお叱りの声が町の生産者や行政を育て、町の課題を浮き彫りにし、それに応えようと町が一丸となった結果、町に対する期待が生まれました!これはこの制度が申請者様を通じて与えてくれた最も大きな恩恵だと考えております。「これからも玄海町という町に誇りを持って生活できる」そういう町民が増えたのは確かです。本当に嬉しい事です。

■ 地域に与える影響

今までは、地元の人にのみ提供すればよかった一次産業の品物が、この制度のおかげで全国の皆様に玄海町の代表する特産品として出すようになり、生産者一人一人が考えだし、工夫を凝らし、仕事に取り組んでいます。梱包をどうすれば良いか。特産品の標記はどうすれば見やすいのか。もっと美味しい産品を作るにはどうしたらいいのか。この制度のおかげで、生産者と申請者の距離が縮まった事により、得られた良い影響だと考えております。今後も生産者が奮起し新しい特産品がどんどんでてきてほしいものです。

仮屋漁協筆頭理事 岩下巧さん

■ 地域の生産者・事業者の声

「良い物を作っている自信はあったけれども、どう売っていけばいいかわからなかった。どう評価されているのかわからなかった。」と言うのは、仮屋漁協筆頭理事の岩下巧さん(65歳)真鯛一匹一匹に愛情を注ぎ餌や飼育環境に気を遣いながら、毎日美味しい真鯛を作るために頑張っていらっしゃる仮屋湾の真鯛の生産者です。

近年このふるさと応援寄附金に関わりたくさんの申請者の皆様から応援やお喜びの声をいただき、自分のやっていたことが間違ってなかったんだ!と自信を深めさらに仕事に打ち込んでくださっています。他にもこの制度のおかげでたくさんの生産者が自分の仕事に誇りとやる気を見いだす機会となり、町としても非常に喜ばしい事です。

~ 寄附者からの声 ~

◇ たくさん特産品をもらいましたが、仮屋湾の真鯛は、美味、美味。割合舌の肥えている私もこんなにうまい鯛は初めて。皮なしを厚手に切り、皮付きと味比べをいたしました。どちらも横綱。(クラウドファンディング:玄海の寶箱希望者)

◇ 玄海町のクラウドファンディング(一次産業者応援)に共感して寄附します!一次産業者がいなければ、私達は生活できません!頑張ってください!(クラウドファンディング:玄海の寶箱希望者)

◇ 家族みんなで特産品を楽しませてもらいました。今回の納税で初めて玄海町を知り、いつか訪れてみたいと話しています。(仮屋湾の真鯛希望者)

◇ 20年以上前に玄海町を訪れたことがあり、今回寄附しました。特産品を通じて当時を思い出しました!頑張れ玄海町!(仮屋湾の真鯛希望者)


佐賀県玄海町へのふるさと納税はこちら

 

大阪府 泉佐野市

大阪府泉佐野市 今西 紀彰さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

「ふるさと納税」この制度は、地方の自治体における歳入確保(税外収入の確保)に、非常に有効ですし、地方を活性化するうえで重要な制度であると考えております。また、「ふるさと納税」制度を活用し、今までなかなか知ってもらえなかった魅力的な特産品や観光資源などを、全国の方々に知っていただき、どんどん魅力を伝え、地域の活性化を図るツールになっていると考えています。

大阪の南部に位置する泉佐野市は、犬鳴山や犬鳴温泉、大阪府で初の重要文化的景観に選ばれた「日根荘」など豊かな自然にあふれ、また、関西国際空港があることから、海外からの旅行客が数多く訪れる町です。本市では、工夫を凝らし、泉州タオルや水なす・たまねぎ等の特産品はもちろん、地域の特性をアピールできるような体験型の特典や、LCCのピーチの航空券の購入に利用できるピーチポイントがもらえる特典も追加し、実際に泉佐野市に足を運んでもらおうという点にも力をいれています。

■ 地域に与える影響

「ふるさと納税」は市の歳入が増えるとういうことはもちろんありますが、お礼の品で地元の特産品をお贈りすることにより、地元特産品の売り上げ増となり、地域活性化を図ることができ、また市の魅力や特産品を全国にPRもできます。ご寄附をいただいた方にも少ない負担で泉佐野市の特産品を食べたり使ったりしていただけます。そのように「ふるさと納税」は市にとっても、地元企業にとっても、ご寄附をいただいた方にもメリットのある三方よしの制度です。

泉州タオル

■ 地域の生産者・事業者の声

実際にお礼の品をご提供いただいている企業では今年度で約2億円の売り上げがあり、そのほとんどが市内の中小企業ですから経済効果も大きく、まちの活性化につながっています。地元企業さんからは、「費用をかけずに全国の方に宣伝でき、大きな効果が期待できる。」と喜んで頂いています。

~ 寄附者からの声 ~

◇ 地元を拠点とする航空会社とのタイアップはとても良い取り組みだと思います。これからもぜひ続けてください。現在、特典を利用して泉佐野市を訪れたいと、旅行プランを立てているところです。

◇ ふるさと納税で泉佐野市が素敵な自治体であることを知りました、よりよい街づくりの一助となれれば幸いです。

◇ ふるさと納税への積極的な取り組み姿勢がすばらしいと思います。今後も納税致しますので、市民の方々の為に、有効活用をよろしくお願いします。

◇ 100種類以上もある泉佐野市の特産品。一覧表を見ているだけで楽しくなってきますが、それ以上にこれだけの協賛社が集まる泉佐野市のマンパワーとみなさんの郷土愛を感じました。知れば知るほど応援したくなる市、泉佐野市をこれからも家族みんなで応援させていただきます!!


大阪府泉佐野市へのふるさと納税はこちら

 

愛知県 碧南市

愛知県碧南市 伊藤 宏匡さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

ふるさと納税制度は、寄附者のご厚志を市政に活かしつつ、自治体が自信をもってお勧めできるお礼の品をお届けすることで、全国に「まちの宝」を発信できるツールであると考えております。

本市は、周囲を海川湖で周囲を水に囲まれ、温暖な気候に恵まれていることから、農業・漁業・醸造業がバランスよく発展し、自慢の特産品が多数存在します。本当に喜んでいただける特産品だけを贈呈させていただくことで、寄附者の皆さんとつながり「もっと応援したい」自治体になっていきたいと考えています。そして、碧南市について「知ってみたい」から「行ってみたい」に、さらには「住んでみたい」と思っていただけたら最高にうれしいです。

■ 地域に与える影響

本市は、きれいな湧き水が出たことから古くから醸造業が盛んで、本市で生産された味淋や白しょうゆを利用になられる方からは高い評価をいただいているものの、小規模な事業所が多いためか、全国に十分な情報発信ができていませんでした。また、碧南ブランドとして生産している米や野菜(にんじん、たまねぎ、いちじく)は、大口の取引先を経由することで「愛知産」として流通しているのが現状でした。ふるさと納税制度により、生産者が直接消費者である寄附者の方に特産品を贈ることが可能となりました。このことにより、再度のご注文や喜びの声をいただく機会が増えており、生産者の意欲が向上しています。最近では、さまざまな業種の事業者が、ふるさと納税制度の仕組みを使って自社製品をPRしたいと知恵を絞っている様子が見受けられ、これまでになく地場産業が活性化してます。

七福醸造株式会社

■ 地域の生産者・事業者の声

弊社(七福醸造株式会社)は白醤油専門メーカーとして日本で最初に白だしを開発いたしました。食品を扱うメーカーとして美味しいのはもちろん、安心安全な商品をお届けできるように日々研究を重ねております。 弊社が碧南市のふるさと納税制度に参加をさせていただいたのは、より多くの皆様に弊社の白だし、商品を知っていただきたい、更には微力ながら碧南市を盛り上げたいとの思いからでした。

おかげさまで、全国からたくさんのご縁をいただくことができました。ご家庭用にお選びいただいたお客様より、ご進物用のご注文をいただくなど、お役に立てたことを実感することができ、何よりうれしく思っております。 今後も利用される方が喜ばれ、地域が活性化し、企業がやる気になるこのシステムに一層の期待をしております。

~ 寄附者からの声 ~

◇お米が大好きで色々な地域のものを食べましたが、この度のお米(潮かぶり米)のなんと美味しいことでしょう。食の細い連れ合いでさえお替りをしてしています。

◇高齢夫婦なので、ご当地に出かけることが出来ません。いつも美味しい『うなぎ』をありがとうございます。

◇プレゼントの「うなぎ」は超人気のようですが、ゆっくりとお待ちします。一度碧南市におじゃまして「日本料理 小伴天」にも足を運びたいと思っています。

◇トマトが本当に宝石のように美しく感動しました。もちろん味も最高でした。お裾分けのつもりで今回は義父へのプレゼントにしたいと思います。

◇三河しらすが家族全員に好評でしたので、今回4回分のふるさと納税を三河しらすで行うことにしました。


愛知県碧南市へのふるさと納税はこちら

 

長崎県 平戸市

長崎県平戸市 財務部企画財政課 黒瀬 啓介さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

ふるさと納税は、自主財源の乏しい地方にとっては貴重な財源を確保できる制度であり、また、お礼の品として特産品をお送りさせていただくことで、衰退著しい地場産業の活性化に大きな効果をもたらす制度であるといえます。 本市は、観光都市でもありますが、年々観光客は減少傾向にある中で、交流人口の拡大も期待されており、ふるさと納税が地域活性化の起爆剤に成り得る可能性を秘めていることを実感しています。

また、お寄せいただいた寄附金を貴重な財源として、地方が個性あるまちづくりを展開することで、寄附者の方にとっても意義ある寄附となり、地方と都市を結ぶ新たな関係性を築くチャンスでもあります。 この制度をきっかけに、地方が今一度奮起し、アイデア・知恵・趣向を凝らし、いい意味での自治体間競争が生まれ地方が活性化することで、日本全体の活性化、成長にもつながるいい制度だと思います。

■ 地域に与える影響

皆様への感謝の気持ちを特産品に託し、お返しをさせていただくことで、生産者の意欲にもつながっており、地場産業(特に一次産業)の活性化に多大な影響があります。また、ふるさと納税を通して、平戸市を訪れていただく方も増えており、交流人口の拡大にもつながっています。

そして何より、地域住民の皆さんが笑顔になれることです。小さな町である平戸市がふるさと納税を通して有名になったことは、言い換えれば平戸市のポテンシャルの高さを示したことでもあり、郷土の誇りと魅力を住民の皆さんが再認識できたと言えます。そういう意味でも、ふるさと納税に寄せる期待感は大きく、今後ふるさと納税で寄せられた寄附を活用して、平戸市ならではの個性あるまちづくりを行うことで更なる地域活性化が期待されます。

域の生産者・事業者の声

■ 地域の生産者・事業者の声

○発送に追われ大変ですが、嬉しい悲鳴です。平戸市という看板を背負って特典品をお送りさせていただくことは、誇りであり、日本全国の皆様に平戸市のファンになっていただけるよう頑張りたいと思います。

○日本全国に平戸の特産品を送れることは本当に嬉しいことです。

○これをきっかけに地域活性化にいかにつなげていくかが課題だと思っています。

○平戸市が日本一になったことで、生産者としてもさらに「良いもの」を作っていかなければいけないという思いが湧き、身が引き締まる思いです。

~ 寄附者からの声 ~

◇過疎化してきた故郷を救いたいとの思いで、立ち上がった市役所の若者の頑張りに感銘を受けました! 是非とも頑張って欲しいと、応援のつもりで参加しました。

◇旅行に行って平戸市内の観光地や海岸からの景色を眺め、もう一度ぜひ、旅行に行ってみたいと思っています。また、海の幸やおいしい食材が豊富な平戸市を応援したくて決めました。

◇ふるさと納税を活用して地元を活性化する先進的な取り組みに関心しました。寄付する側もうれしいし、地域の活性化にもつながります。今後も応援させていただきます。


長崎県平戸市へのふるさと納税はこちら

 

宮崎県 綾町

宮崎県綾町役場 小崎 将司さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

皆様にとって最初にふるさと納税をするきっかけは何であっても構いません。ふるさと納税担当としてのお願いとしては、このふるさと納税を通して、是非一度寄附をした自治体に足を運んでみてください。特産品だけではわからない、新しい発見や感動があると思います。

そして、そこをあなたの第二のふるさととしてこれからも応援し続けていただけたら幸いです。

■ 地域に与える影響

ふるさと納税で地域に新しい雇用が発生しています。また生産者や事業所が自ら新しいアイディアや特産品を提案して積極的に自分たちで町を全国にPRしていこうという前向きな気持ちになっております。。

地域の生産者・事業者の声

■ 地域の生産者・事業者の声

常に食べる人の健康を考え、身体に良い物をという思いで有機農産物を作ってきました。しかし、有機農業は手間がかかる上、大量生産することができず継続することが非常に難しいと感じていました。このふるさと納税を通して、寄附者の方から「おいしかった」、「直接購入したい」というお声を聞くと、継続してよかったと心底思います。今後も食べる人のことを考えた野菜作りを目指していきます。

~ 寄附者からの声 ~

◇先日、有機野菜をいただき、そのおいしさに感動しました。私は普段はお肉は食べないのですが、町のHPを見させていただき、綾町のお肉なら 安心かなと思い再度町の応援も兼ねて申し込みました。

◇30年近く有機農業に取り組んでいる町ということを初めて知りました。ふるさと納税を通して、もっとこういった素晴らしい取り組みをしている自治体が注目されるべきだと思います。


宮崎県綾町へのふるさと納税はこちら

 

埼玉県 宮代町

埼玉県宮代町 総務政策課企画財政室長G財政担当 室越 康宏さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

宮代町は東京から電車で約1時間、面積が15.95k㎡、人口33,000人の小さな町です。現在は団塊の世代により65歳以上の人口が増加、県内市町村の中でも高齢化が進んでおり、社会保障関係費が毎年1億円ずつ伸びている状況です。このような中で、町税が伸び悩んでいることから、なかなか新しい事業を展開することができない状況でした。

そこで、平成20年度からふるさと納税をスタートし、寄附者とともにまちづくりを進めていくことをスタンスとして、今日まで続けてきています。いただいた寄附がどのように使われているのかをお伝えし、宮代町のまちづくりに共感を持ってもらうことで、身近な自治体への政治参加に繋げていく、また寄附事業をより具体的に市民目線でお伝えすることで、その取組みを広げていこう(仲間を増やしていこう)と考えています。

■ 地域に与える影響

「たくさんの寄附をいただくこと=関心を持っている、期待していること」と同じであると考えており、寄附を使って行う事業は、その事業に関わる人たちの意識も変わってきます。全国のいろんな方からの想いがこもったお金を使うというのは、町職員も成果をお伝えするために一生懸命取り組みますし、また市民団体は多くの人に応援していただいているという誇りを持って活動を行っています。

地域の生産者・事業者の声

■ 地域の生産者・事業者の声

事業者からよく聞くのは、全国津々浦々の方から自分の出す特産品を気に入ってもらうことをとてもありがたいと思っているという言葉です。また申込がたくさんくるのは、事業者のやる気に繋がりますし、もっといいものを作って届けようと事業者同士で切磋琢磨しています。

埼玉県宮代町へのふるさと納税はこちら

 

岩手県 北上市

岩手県北上市 農林部農林企画課 長鈴 実紀子さん

■ ふるさと納税に対する考え方(スタンス)

 北上市は、北上市内外の方に当市の特産品を知ってもらうきっかけとして、特産品を贈呈する事業を開始いたしました。

当市は、昭和初期から工業振興を力を入れ、独自の工業用地整備や積極的な企業誘致により、東北有数の工業都市となり、東洋経済新報社による住みよさランキングでは、岩手県内5年連続第1位を獲得しております。一方、農業では、担い手の減少や農家所得の減少などが課題になっており、活性化が必要な状況でした。

現在、北上市では、人口減少時代に突入したことを踏まえ、地域が自立し連携することで持続可能な発展を目指す「あじさい型のまちづくり」を進めております。農業・商業・工業・観光の産業間の連携による産業振興を進めており、ふるさと納税における特産品の贈呈も産業振興の一環で積極的に活用しています。特産品を市が買い取ることで、地域にお金が循環する仕組みができ上がり、地域活性化及び産業振興の一翼を担っていると考えています。

当市には、大規模な事業者が少ないため、ふるさと納税担当者が市内の事業者や農家を直接訪問し、特産品を発掘しております。個人農家からも積極的に特典を採用しており、隠れた特産品や小ロットの特産品も採用しています。また、特産品以外にも観光特典も御用意しており、北上市にお越しいただきたいと思っています。

ふるさと納税をきっかけに北上市を全国の方々に知っていただきたいと考えています。

■ 地域に与える影響

ふるさと納税により、北上市の特産品を知っていただくことができたと思っています。寄附者様のコメントで、「おいしかったので、また寄附しました」という声もいただいています。そして、特典が全国に発信されることで、事業所の売り上げが伸び、中には、新たな設備投資を進めた事業所も出てきています。また、より良い特典を開発しようと事業所と市で商品企画会議を設けるなど、事業所の方にもふるさと納税制度を積極的に活用していこうとする動きが出てきております。

また、北上市では、地元の信用金庫と「地域経済活性化に向けた包括連携協定」を全国で初めて締結し、特典開発や情報発信のお手伝いもいただくなど、金融機関からのバックアップもいただいています。

地域の生産者・事業者の声(昆野さん)

■ 地域の生産者・事業者の声

○ 産直の売り上げが減少していたところに、ふるさと納税で産直商品が特典として取り扱われたことで、窮地を脱するところができました。

○ 福祉施設の特典が取り扱われて、売り上げが伸びたことから、障がい者の工賃(給料)を上げることができました。障がい者の皆さんや職員もモチベーションが上がってきています。

○ ふるさと納税の特典は、御寄附の御礼なので、より丁寧な対応を心がけております。発送後、寄附者様からお礼のお手紙が届いて、嬉しかったです。

~ 寄附者からの声 ~

◇「がんばれ東北」気持ちを込めて北上市に寄付します。いつか、寄付したご縁で岩手に旅行へ行きたいです。

◇ 日本の農業、畜産業、林業、水産業、どれも大切で大変なお仕事だと思います。有難うございます。

◇ ササニシキが好きなので、美味しいササニシキを作り続けていただけたら嬉しいです。ほかのお米よりも育てるのが大変だと聞いていますが、がんばっていただけたらありがたいです。美味しいお米に感謝!

◇ 岩手県にはまだ行ったことがありません。定年になったらゆっくりと東北地方を周りたいと思っています。その時にはぜひ北上市にも寄ってみたいと思います。

◇ ふるさと納税はとても有意義な取り組みと思います。大変とは思いますが、ぜひ頑張って、これからも魅力ある特典とPRで、市の活性化に取り組んでください。


岩手県北上市へのふるさと納税はこちら

 

ふるさとチョイスの考え方

ふるさと納税により起きている様々な地域の活力を伝えたい

株式会社トラストバンク 代表取締役社長 須永 珠代

ふるさと納税により、地域で起きていることを少しでもご理解いただけたでしょうか?

ここに登場している職員の方たちとともにふるさと納税を拡大し、そしてふるさと納税を地方創生のツールとし活用することを提案しています。

ふるさと納税を通じて、「自治体」「生産者・事業者」「寄附者」にそれぞれどんなことが起きているか、今後も発信していきたいと思っています。

インターネット上ではなかなか伝えきれない、職員の方たちの「熱」とそれぞれの「想い」を少しでも伝えられれば幸いです。

あなたの意思をふるさとに

 

使い道で選ぼう!

ふるさとチョイスCafe
北海道夕張市 ReSTART
ワンコ殺処分0
ワンストップサービス
ドコモ ケータイ払いでおとってもラクラクふるさと納税
  • クリスタルガラス製江戸切子の美しさと音色にうっとり

    ご希望が集中しており発送まで数か月の期間をいただいておりますが、一度手に取ればその美しさに魅了されることでしょう。
    2017年5月22日(月)13時24分
  • 鳥海山の伏流水と伝統の生酛仕込みをお酒です
    2017年5月27日(土)10時42分
  • お肉も丼ものも大好き♪『レストランやまびこ』大人気ステーキ丼
    2017年5月25日(木)12時02分
  • 極上の黒豚ミルフィーユ「黒豚ロールステーキ」
    2017年5月26日(金)17時48分
  • 沖縄残波岬ロイヤルホテル 一泊朝食付ペア宿泊券
    2017年5月24日(水)14時41分

ふるさと納税とは?

クラウドファンディング

GCF(ガバメントクラウドファンディングとは

季節特集

ページ内の一番上へもどる