お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          残暑のりきる 読谷の【こだわり豚肉】

          暦の上では秋となっておりますが、まだまだ酷暑が続いています。夏バテしていませんか? そんな時には豚肉! 「疲労回復のビタミン」と呼ばれるビタミンB1を多く含み、夏バテや疲れた時にピッタリです! 紅豚や紅あぐーをはじめとした読谷村のこだわり抜いたの豚肉を是非ご賞味ください! 

          夏バテ・疲労回復に効く!豚肉の効能

          豚肉には他の肉類に比べて5~10倍のビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのを助ける栄養素で、疲労回復効果が期待できます。豚肉に含まれているビタミンB1は加熱しても壊れにくく、体内で吸収されやすい特徴があるので、倦怠感や夏バテなど疲労回復にピッタリの食材です!

          読谷村の美味い豚肉

          読谷村には美味い豚を提供する為に1から育てている事業者もあります!

          今回は読谷村の美味い豚肉をご紹介いたします!

          株式会社ヨギファーム

          こだわりすぎて。こだわりすぎて、豚を育てるところから始めました。
          生産から加工まで、自信と責任を持って、自分達で全部やってます。
          だからこそわかる、美味しい食べ方!

           沖縄における豚の食文化はとても古く、切っては切り離せないほどの関係です。「鳴き声以外は全て食べつくす」と言われるほど、多様な部位を沖縄では食します。一頭の命を粗末にしない精神の表れでもあります。

           私たちは、多様な部位を多様な調理法により、豚が持つ全ての味を楽しんでもらうため、知恵と技を日々研究し、豚自体をおいしくすることに全ての力を注いでおります。

          ヨギファーム ふるさと納税限定 沖縄おまかせソーセージ

          17,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          ヨギファーム直営のハム、ソーセージ加工工房で、昔ながらの製法を守りながら一つずつ丁寧に心を込めて、手作りにて作ってます。
          原料となる、豚肉は唯一無二のヨギファームで生産されている「黒将」のみをを使用、またオリジナルブレンドの香辛料に含め、季節限定のメニューをあります。この時期、この場所でしか味わえない商品を、この度数量限定で、出品。
          数量限定となってますので、どうぞご了承ください。

          ヨギファームのこだわり

          ヨギファームのこだわりとは「循環型農」へのこだわり。
          本物の循環型農業。それは畑で無農薬の作物を作るこ と。無農薬の作物を豚へ給餌し、健康な豚を育てる。

          そして、その健康な豚から出る「糞尿」を使用し、肥料をつくり、それを畑に戻し、健康な土で、健康な野菜を作り、それを給餌し、健康な豚を育てる。

          これがヨギファームの考える「循環型農業」です。

          株式会社がんじゅう

          600 年間、脈々と続く沖縄の豚文化。
          これを引き継ぎ、未来に橋を架けるように、精魂こめて養豚に励む人たちがいます。それが、私たちとパートナーシップを組む生産農家の人々です。彼らが育てた豚(紅豚の前身)を初めて食べた時の驚きを、今も鮮やかに覚えています。とろけるように甘い脂と、噛み応えのある肉質。そして、臭みのなさ。どれをとっても、これまで食べた豚と段違いでした。

           そして、何より心を打ったのは、彼らが養豚にかける情熱の大きさでした。「安心で美味しい豚を届けたい」と、日夜たゆまぬ研究を続ける姿に、言いようもない感銘を受けました。それと同時に、生産農家の苦労や食肉事業の閉鎖的な現状を知るごとに、 「自分にできることはないのだろうか」という考えが頭をもたげました。

           この、沖縄の養豚を取り巻く状況を打破すべく、事業化に向けて動き始めました。しかし、周囲の反応は厳しいもので、「なぜ豚なのか?」「それは事業になるのか?」という声が多く、まずはそこを説得していくことから始めなければなりませんでした。「この豚はただの豚ではない。この豚の味とこだわりなら、絶対大丈夫」とひたすら言い続けました。

           また、当時は食肉偽装問題や産地偽装などで食に対する不安が高まっていたことも後押しをした結果、2003年3月25日、沖縄県読谷村に「おきなわ紅豚」を販売する「株式会社がんじゅう」が誕生しました。「がんじゅう」とは沖縄の方言で「頑丈」、「健康」という意味です。安全で美味しい紅豚を食べて、がんじゅうに過ごしてほしいという願いを社名にこめました。

          紅豚・紅あぐーとは?

          紅豚・紅あぐーとは?
          「美味しくて、安全な豚肉を」という農家の想いが生んだ、沖縄のブランド豚。やわらかくてジューシーな肉質と、とろけるように甘い脂はえさと環境にこだわる飼育方法で培われました。 

          ホルモン豚尾

          沖縄県産、島豚ホルモン焼きと、沖縄料理の店です!
          安全!新鮮!で、最高品質の、島豚ホルモンと、島豚肉を、使用したホルモン焼きは、軟らかく、臭みがなく、旨い!!!と…沢山のお客様からの評価を頂いております!
          沖縄料理も、シンプルで、素朴な、家庭の味で、お客様に、根強い人気がありますので、ホルモン苦手な、お客様でも、楽しめる店です・・・ご来店、スタッフ一同心よりお待ち致しております!・・・勿論!泡盛、焼酎、ビール 他ご用意致しております。読谷で居酒屋、焼肉と言えばホルモン豚尾で決まり!!

          ホルモン豚尾名物!ホルモン豚尾 3個セット

          12,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          読谷生まれ!名物「豚尾」
          お店の名前そのまま!
          ホルモン豚尾の名物メニュー「豚尾(とんび)」

          ぷるっぷるの豚のシッポはコラーゲンたっぷり!
          醤油をベースにした味付けが豚の脂に絡み合う絶品です。
          温めるだけですぐ食べられる手軽さも好評です。
          サラダ菜やレタス、薬味を添えて、ビールのお供にどうぞ!

          読谷生まれ!名物「豚尾」
          お店の名前そのまま!
          ホルモン豚尾の名物メニュー「豚尾(とんび)」

          提供元:ホルモン豚尾

          島やさい食堂てぃーあんだ

          「てぃーあんだ」とは沖縄方言で直訳すると「手の脂」。
          料理をする時に、手間ひまをかける、手塩にかけるという作り手の思いのこもった沖縄方言です。

          子どもの頃、私の家族は小さな赤瓦家で暮らしていました。
          敷地内でゴーヤーやヘチマ、冬瓜を育て、ひぃおばあちゃんと母が、毎日美味しいごはんをつくってくれました。
          特別ではないけれど、人を深く支える食事。
          思えば、家族7人で囲んでいた食卓には、てぃーあんだがいっぱいでした。

          【島やさい食堂てぃーあんだ】沖縄県産豚のラフテー(豚の角煮)

          17,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          約2日かけてじっくり仕込みをした滋味深いラフテー(豚の角煮)です。
          急な来客やハレの日のおもてなし料理の一品としてお勧めです。

          白髪ねぎや季節野菜を素揚げして添えると見た目にもさらにおいしくなります。
          残った煮汁は冷凍して、野菜炒めなどの隠し味にも使えます。

          提供元: 島やさい食堂てぃーあんだ

          沖縄ハム総合食品株式会社

          本物の琉球料理を食卓へ
          オキハムは、独自の食文化を守る沖縄の中で、昭和57年、初めて琉球料理をレトルトパックにして販売し、沖縄の人々を驚かせました。
          いつでも美味しい沖縄の味を手軽に味わってもらうことで、沖縄の大事な食文化の発展に貢献してまいりました。
          ドイツのマイスターの製造技術を学んだオキハムのハム・ソーセージには、熟練の技がいかされています。
          沖縄の昔ながらの伝統の味を守り、沖縄独自の素材を活かした多種多様な惣菜は、今や沖縄の食卓にかかせない存在となっています。
          40年にわたって築き上げてきた技術とノウハウをさらに発展させ、情熱を込めて、これからも沖縄の美味しい製品作りに励んでいきたいと考えています。

          【寄附金の使い道】村民とともに考える自主自立の村づくりに活用

          条例で基金を設置し、寄付者が選択した事業分野に寄附金を充当しております。代表的なものとして、伝統的な村まつりの前夜祭に行われる「平和コンサート」があげられます。また、返礼品の一つに「サンゴの移植活動」をご用意いたしました。受け取るだけのふるさと納税ではなく、自分の寄付で沖縄の豊かな海が守られるという取り組みに、寄付者の賛同を得ながら実施しております。