お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

豊かな自然が育んだ“やんばるの恵み”

沖縄県大宜味村は「やんばる」と呼ばれる沖縄本島の北部に位置し、山、川、海の豊かな自然環境、良好な景観、地域伝統文化等に恵まれた、平和を愛する文化の薫り高い村です。 1993年には、村人口比率に対して健康な高齢者が日本一多いことから「長寿の村日本一」を宣言し、県外からも注目を集めています。 長寿以外にも、県生産量1位を誇る「シークヮーサー」や人間国宝 平良敏子さんを中心とし、長く大宜味で継がれてきた「喜如嘉の芭蕉布」などの伝統工芸も大事に受け継がれてきました。 たくさんの魅力・村民の笑顔あふれる大宜味村をご紹介いたします。

ぶながやの里 大宜味村

大宜味村は沖縄本島北部の国頭郡に位置し、隣接する国頭村・東村との3村で「やんばる」と呼ばれています。
人口3,162人の内80歳~89歳が288人、90歳~99歳が154人、100歳以上が8人と高齢者の割合が多く「長寿の村日本一」を宣言しています(2016年12月31日統計時)
総面積の約76%を森林で囲まれており、そこには「ぶながや」という森の精霊が住んでいると言われており、大宜味村民はこの「ぶながや」と共生し、自然や生き物を愛し生活しています。
村全体での子育て支援や伝統文化の継承、高齢者を大事にし、自然豊かな森とおおらかな気質がこの地域の魅力となっています。
そんな健康長寿の村「大宜味」では、温暖な気候と隆起珊瑚礁の土壌を活かしマンゴーやシークワサー等果物の栽培も盛んです。
大宜味村のマンゴーは他県にはない、とっても甘く適度な酸味も加り、しっかりとした味に仕上がります。
また山深いやんばるの美味しい湧き水から醸し出される泡盛もご堪能頂けます。その雄大な山々が生み出す天然水を活用し、変わらぬ伝統的な製法で泡盛をつくり続けています。

沖縄県 大宜味村(おおぎみそん)は以下キャンペーンの対象自治体です!

大宜味村で自然に育まれ育った美味しいマンゴー

長寿の里 大宜味村の湧き水を利用した泡盛

県内生産量1位、健康長寿にも注目高いシークヮーサー

大宜味村を代表する果実であるシークヮーサーはミカン科の柑橘で沖縄を中心に自生し、日本で2つしかないミカンの原種の一つと言われています。8月~10月は酸味が強く酢の物や料理用として、10月~12月はジュースなどの加工用として、12月下旬~1月は果皮が黄金色に熟し、沖縄地方の方言でクガニ(黄金)と呼ばれフルーツ用として出荷されます。生産量は県内で約60%を誇り、大宜味村は沖縄一のシークヮーサーの産地として知られています。名前の由来は沖縄方言で「シー」は「酸」、「クヮーサー」は「食わせるもの」を表し、「酸を食わせるもの」という意味で、今では全国的にも知られる果実となりました。またシークヮーサーに含まれる「ノビレチン」という成分が、、がん抑制効果が期待されており、長寿との関連が注目されています。

大宜味村の緑の宝石シークヮーサー

青切りシークワーサー《2Kg》【大宜味村 緑の宝石】

8,000円以上の寄附でもらえる

長寿の里、シークヮーサーの里、「大宜味村」より、青切りシークヮーサー2Kgをお届けします。

沖縄県大宜味村の寄附金の使い道

(1)産業の振興に関する事業
(2)保健・福祉の充実に関する事業
(3)教育・歴史文化の振興に関する事業
(4)生活環境の整備に関する事業
(5)その他大宜味村を元気にする為必要な事業

以上の5事業に活用させて頂きます。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む