お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

農家さんとのつながりが生んだ「いいとこどり」。野菜ソムリエプロによるオリジナルレシピも限定公開!

だんだん夏めいてくるこの季節。新富町の野菜は、これからますますおいしくなります!
今回ご紹介するのは、そのおいしさを知り尽くしている野菜のプロ。野菜愛あふれるオリジナルレシピの一部も特別公開します!

野菜が好き。そしてそれ以上に農家さんのことが大好き!

「新富町で野菜セットを作りたくて地元に帰ってきました」
そう話すのは、一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)の商品開発担当・黒木さゆみさん。野菜ソムリエプロの資格を持ち、新富町のふるさと納税の返礼品『旬のこゆ野菜セット』のメニューを手がけています。

【野菜ソムリエとは??】 野菜・果物の専門的な知識を持つ、青果物のスペシャリストであることを認定する資格。上位資格である野菜ソムリエプロは、専門知識に加えて生産や流通分野にも精通している必要があります。合格率30%ほどの狭き門です。

実家が農業と畜産をやっていて、小さいころから身近に農家さんがいる中で育ちました。農家さんの地道な作業を見ていたので、むしろ私にはできないし、農家にはならない!と思っていたんです。
でも、農家さんは地道なお仕事の中でも常に新しい考えを取り入れようとしていて、その姿勢に「すごいな」と尊敬の念が湧き上がったんです。それに毎日大変な作業をされているのに、みんないつもニコニコと接してくれて…その温かさが大好きになりました。

農家にはならなかったものの、農家だけではまかないきれない物流の仕事に携わることで農家を応援したいと考えた黒木さん。

勝手にですが、農家さんのことを自分の家族のように思っています。
近所のがんばっているお父さん・お兄ちゃんのことを知ってもらいたい!という気持ちで仕事をしています。

野菜ソムリエプロ謹製!野菜と農家さんへの愛あふれるレシピ

こんなに素敵な人たちがつくっているのに、スーパーに出される野菜って、ほとんど農家さんの顔が見えないものばかりだなと思って…お客様にもっと農家さんのことを知ってもらって、親近感を持って食べてもらえれば、もっともっとおいしくなるんじゃないかと考えました。

そんな思いから、黒木さんは『旬のこゆ野菜セット』に必ず手書きで作成した小冊子とレシピも入れています。

いろいろな地域の農家さんが繋がり、助け合える合理的な仕組み

『旬のこゆ野菜セット』は、新富町産の食材がメインですが、都農町・西米良村など、児湯郡を中心に集めてきた食材も詰められています。

他の町の農家さんにも知り合いが多いんです。野菜は自然のものなので、収穫できる時期や量が地域によって多少変わってきます。すると、「今こっちにはその野菜はないけど、あっちの町にはある」という状況があちこちで生まれるんですよ。
それなら、みんなで補い合えればいいよねって農家さんと話をしていて…「こゆ野菜セット」で、それがようやくできるようになりました。

フレッシュな野菜と食べた時の感動を全国に届けたい!

全国のお客様にはまだまだ知られていませんが、宮崎県は暖かいので旬の先取りができるんです。なので、セットでは旬の走り、フレッシュな味を皆さんに楽しんでもらいたいと思ってメニューを組んでいます。
野菜や果物だけではなく、新富町産の漬物やお米、全国茶品評会でも高い評価を得ている新富町のお茶園「新緑園」のお茶を入れたりもしています!新富町の特性がめいっぱい出せるよう、これからも工夫していきます。

他にも、新富町からおいしい野菜がこんなに!

寄附の使い道

新富町では、キュウリやピーマンといった施設園芸の作物を始め、果樹栽培や畜産、養鰻、養鶏、製茶といったさまざまな農業が行われています。しかし、農家さんの平均年齢は全国で約67歳と高齢化が進んでおり、新富町でも担い手不足から引退をお考えの農家さんも少なくありません。
そこで町では、町が設立した地域商社こゆ財団と地元農家、農業ベンチャーらが集まり、AIやロボットといった先進技術を農業に導入することで、100年先まで農業を持続可能にしようという取り組みが進んでいます。
令和元年11月には、先進技術を活用した農業を新富町で率先して研究開発していく拠点を整備したほか、ベンチャー企業や大学・高専といった教育機関が集まって情報交換をするサミットも開催され、100人を超す参加者が新富町に集まりました。

新富町のふるさと納税は、このような農業をはじめとする産業の支援や雇用の創出にも役立てられています。

寄付するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄付で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄付へ進む