利用率No.1ふるさと納税サイト

城下町唯一の刀鍛冶が仕上げる刃物

城下町杵築市でたった一人刃物を作り続ける刀鍛冶がいます。文化庁に登録された刀鍛冶(刀匠)河野忠喜さん。彼の作る包丁は青鋼(別名:青紙)と呼ばれる高級鋼で作られており、河野さんは使う人の用途に合った鋼を扱う職人です。出刃や柳刃、三徳、さばき、野菜切、河野打刃物の包丁たちは料理人や漁師などその道のプロがこだわりをもった仕事をするために、無くてはならない逸品ばかり。

若き日に「100年、200年残るものをつくりたい」という思いから刀の世界に飛び込んだ河野さん。刀鍛冶の下で5年以上の修業を経て昭和63年に刀鍛冶の試験である文化庁の美術刀剣刀匠技術保存研修を修了し、刀匠として文化庁に登録されました。これだけの職人が「自分はまだまだ下手だ」「死ぬまで修行だ」と語る姿からは刀鍛冶職人としての真の探究心が垣間見えます。

仕上げと呼ばれる、包丁を研ぐ作業。刃の厚さや輝きを調節する職人の技量が試される工程。

青紙一号や青紙二号という鋼から作られた包丁の数々。一般に流通している包丁に使われる鋼より硬く、切れ味が鋭い上、磨耗しにくく、砥ぐことで切れ味が甦り丈夫で長持ちします。

出刃包丁

魚を捌くための包丁。刃が厚く幅が広く先がとがっています。肉を切る際に使われることもあります。

柳刃包丁

刺身包丁。刃渡りが長く先がとがっています。刺身など切り身をうすく切るために使われます。

三徳包丁

三徳は「三つの用途」の意味。肉、魚、野菜に使える万能包丁です。

小包丁

小魚を開いたり、三枚におろす時に使われます。細かい作業に適した包丁です。

野菜切包丁

白菜など大きな野菜を切るのに適した包丁です。刃が水平につくられています。菜切り包丁とも呼ばれます。

さばき包丁

牛や豚の骨つき肉を切り分ける時や、魚を捌く時に使われる包丁です。

杵築市には他にもこんな工芸品が・・・

D0043 萬力屋の桧曲輪中華セイロ(18cm)1段1組

40,000円以上の寄附でもらえる

創業明治十年「萬力屋」で百年以上、代々受け継がれてきた職人による手作りの桧曲輪セイロです。桧材を桜皮で編み止めする桧曲輪の伝統技法は、全国有数と言われています。

電子レンジとは違う昔ながらのセイロで温めたお料理は、桧が余分な水分を抜きながら、熱をまんべんなく食材に行き渡らせることでムラなく蒸し上がり、素材そのものの旨味や栄養分を損なうことが少ないので、素材の持つ本来の美味しさを引き出してくれます。

提供:岡本商工㈱萬力屋

C5007 筆工房 楽々堂のイタチ毛筆

35,000円以上の寄附でもらえる

最初から書きやすいイタチ毛の筆。長寸のイタチ毛は原料不足になりつつあるので高価で貴重。

提供:筆工房・楽々堂

E5003 筆工房 楽々堂の行書に最適!上質羊毛筆

55,000円以上の寄附でもらえる

品質は上位の羊毛筆。特に長鋒でなくバランスがよい。行書に最適。

提供:筆工房・楽々堂

A7015 司窯の杵築焼びっくりゴマすり&七島藺コースターセット

17,000円以上の寄附でもらえる

杵築焼の窯元「司窯」(つかさがま)の、あっという間に細かくすりつぶせるゴマすりと、七島藺のコースターのセットです。

2、3回擂っただけでキメの細かいゴマが擂れてしまう器兼用のゴマ擂り器で、近年、全国のデパートやスーパーで催される物産展の売れ筋商品となっています。
杵築焼は、柑橘興市である杵築のミカンの木を燃やした灰を釉薬に使うのがとても珍しい特徴の一つで、焼き上がるとほのかな水色に染まります。窯が開かれたのは、平成元年。守江湾を見晴らす素晴らしい景色、築100年を超える古民家を改築したかのような工房が醸す風情は、細部へのこだわりから生まれています。
今回は、杵築で約350年にわたって生産され、江戸時代から杵築藩の財政と農家の生活を支えてきた七島藺コースターとのセットです。

提供:杵築焼 司窯 ・ 工房 倉

A8002 司窯の杵築焼グリグリ(突き臼)

18,000円以上の寄附でもらえる

杵築焼の窯元「司窯」(つかさがま)の、あっという間に細かくすりつぶせる、すり鉢を兼ねた突き臼です。ナッツやコーヒー豆などもすりつぶせます。

杵築に窯が開かれたのは、平成元年。杵築焼は、柑橘興市である杵築のミカンの木を燃やした灰を釉薬に使うのがとても珍しい特徴の一つで、焼き上がるとほのかな水色に染まります。守江湾を見晴らす素晴らしい景色、築100年を超える古民家を改築したかのような工房が醸す風情は、細部へのこだわりから生まれています。

提供:杵築焼 司窯

■杵築市のその他の特集

今後の「新しい」住みよい、安心なきつきのために

杵築市の今後を担う人材の育成・確保、自然環境・歴史文化資源の保全と継承、安全で安心して暮らせるまちづくりなどのために活用させていただいております。現在、ICT教育推進のために市内小中学校へのタブレット導入、中学生までの医療費無償化事業に充当し、杵築市の未来を担う子供たちの育成に役立てることができました。

杵築市をずっと美しいままに──

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む