お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

暮らすように旅する竹田 シリーズ10

つくり「て」のつくる「ば」

旅先で、このまちに住みたいなぁと思うことがあります。
とは言え、今の暮らしのあれこれを思うと、なかなかどうして、暮らしの場を変えるって難しい。
仕事は? 家族は? 友達は?

大分県竹田市。
このまちにはここ数年、空き家バンクや市の助成制度などを利用して、他の場所から暮らしの拠点を移す人が増えています。

自分の暮らしを自分でつくる。
暮らしの「つくり手」たちが「つくる場」。
ここに、あなたの理想の暮らしがみつかるかもしれません。

移住は人生にとって大きなターニングポイント。

大分県竹田市は、「農村回帰宣言」のもと、
全国の皆様に頂いた寄付金の一部を移住・定住促進事業に活用しています。

竹田市でつくる人々をシリーズ化してご紹介いたします。

ものをつくる人々にとってどこで「つくる」のかは、とても大切な問題だ。
感じた事や考えた事が、作品に現れてしまうから。
だから、つくる人々は、暮らしまでつくろうとする。

竹田市には、今 作家やアーティストなど「つくる」ことを仕事にする人がたくさん移り住んでいる。

自然豊かで静かな環境や文化的なまちの気風、広いスペースを持つことができるなど、移り住む理由はさまざま。

人生の、大きな選択のひとつでもある、移住。
竹田でつくる人々のつくる「場」を訪ねて、暮らしの「つくり方」のヒントを探してきた。

造形作家 尾込 真貴子

手放して、それでも残るもの。

熊本から土日のみ竹田に通う週末移住の形でアトリエ兼ギャラリー「coto」をオープンしたのが5年前。
熊本地震を機に「本当にやりたいこと」を見直したと語る尾込さん。
少しのブランクを経て、2017年9月にcoto改め「古跿」として移転し、新たな場で創作を始めました。

素足という意味を持つその空間は、究極に引き算をしたシンプルな設えが魅力。人や作品が入ることで完成するといいます。
古紙や廃材でつくる自身の作品の他に「素物」と呼んで収集している古道具の販売や喫茶もあり。
「以前より広い空間を持ったことで思考が広がった」という尾込さんが、ここから何を発信するのか楽しみです。

----------------------------
素物と喫茶 古跿coto
TEL:090-7980-3640
住所:竹田市竹田2648
OPEN / 土曜・日曜(不定)13:00-日暮れ
----------------------------

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む