お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

暮らすように旅する竹田 シリーズ9

つくり「て」のつくる「ば」

旅先で、このまちに住みたいなぁと思うことがあります。
とは言え、今の暮らしのあれこれを思うと、なかなかどうして、暮らしの場を変えるって難しい。
仕事は? 家族は? 友達は?

大分県竹田市。
このまちにはここ数年、空き家バンクや市の助成制度などを利用して、他の場所から暮らしの拠点を移す人が増えています。

自分の暮らしを自分でつくる。
暮らしの「つくり手」たちが「つくる場」。
ここに、あなたの理想の暮らしがみつかるかもしれません。

移住は人生にとって大きなターニングポイント。

大分県竹田市は、「農村回帰宣言」のもと、
全国の皆様に頂いた寄付金の一部を移住・定住促進事業に活用しています。

竹田市でつくる人々をシリーズ化してご紹介いたします。

ものをつくる人々にとってどこで「つくる」のかは、とても大切な問題だ。
感じた事や考えた事が、作品に現れてしまうから。
だから、つくる人々は、暮らしまでつくろうとする。

竹田市には、今 作家やアーティストなど「つくる」ことを仕事にする人がたくさん移り住んでいる。

自然豊かで静かな環境や文化的なまちの気風、広いスペースを持つことができるなど、移り住む理由はさまざま。

人生の、大きな選択のひとつでもある、移住。
竹田でつくる人々のつくる「場」を訪ねて、暮らしの「つくり方」のヒントを探してきた。

手織り作家 高木 康子

布じゃなくて、自分を織るんよ。

パタンパタンと音を響かせ縦糸と横糸を機で織り、布地を生み出す手織り。
工房『ぱたんこ屋』で生み出される高木さんの作品は、自然の色彩のように美しくてパワフルです。
自己表現の方法を求めアジアを旅した際に機織りに感動を覚え、手織りを始めた高木さん。

26年前に自然の中で暮らしたいと陶芸家のご主人・逸夫さんと共に大阪から大分に移住し、12年前に竹田にきました。
廃校を改装して始めた工房では、手織りを体験することができます。
「布じゃなくて自分を織るんよ」と朗らかに笑う高木さん。
感性の赴くまま自分のリズムで、自分色の布地を織ってみよう

----------------------------
手織り工房 ぱたんこ屋
TEL:0974-67-2900
住所:竹田市次倉4459-1(宮砥工藝舎)
OPEN:毎週木曜・第3日曜 9:00-16:00
料金:体験/1000円~ 、1日織り放題 5000円
----------------------------

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む