お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

横綱級の美味しさ!津久見まぐろ「ヨコヅーナ」特集!

大分県の豊後水道、津久見沖で育てられている「豊後まぐろ ヨコヅーナ」は、身の締まった上質な赤身と、きめ細やかで上質な脂ののった極上の味わいが魅力! 多様なまぐろ製品の他、楽しい海のレジャーやスイーツもおすすめです!

豊穣の海で育てた「豊後まぐろ ヨコヅーナ」

豊穣の海で育てた「豊後まぐろ ヨコヅーナ」

津久見市保戸島は、明治時代から続くまぐろ遠洋漁業の島で、全国でも有数のまぐろ水揚げ量を誇ってきました。津久見市ではいつでも、至る所でまぐろ料理を味わうことができ、まぐろの加工品の生産も盛んです。そんな津久見市にこの度登場したのが、豊穣の海で育てた“魚の横綱”本まぐろ「豊後まぐろ ヨコヅーナ」です。水温の寒暖差と速い潮流の厳しい環境の中で、他産地のまぐろより一年以上長く育てることにより、体にしっかりと旨みを蓄えさせ、世界初の技術と方法によって、ビタミンEをはじめ、DHA・EPAなど高い栄養価を持ったまぐろに仕上がります。

上質な赤身と、極上トロが自慢「ヨコヅーナ」

太平洋からの黒潮と瀬戸内海からの豊かな海水が流れ込む大分県の豊後水道。文字通り豊かな海で育てた津久見産本まぐろ、「豊後まぐろ ヨコヅーナ」をお届けします。赤身のほか、中トロ・大トロ等の各コース、「1本まるごと」コースもご準備しております。

豊後まぐろ ヨコヅーナのきめ細やかで上質な脂の乗った極上の中トロ部分をご堪能ください。

豊後まぐろ ヨコヅーナの赤身と中トロがどちらも楽しめます。

豊後まぐろ ヨコヅーナの赤身・中トロ・大トロ三種類を全てお楽しみいただけます。

津久見のマグロを大満喫!

津久見市保戸島の郷土料理ひゅうが丼!ゴマだれ醤油のまぐろ丼と、選別したまぐろを使った高品質なネギトロの漁師めしセットです。

脂がのったまぐろのカマ1本と、食べやすくスライスしたカマの焼き物用セットです!塩コショウで味付けし、フライパンやグリルで調理してお召し上がりください。

1匹のまぐろから2枚しか取れない、希少価値のほほ肉! ほほ肉は、筋肉運動の激しい部位ですので、とっても柔らかく、ステーキにすれば、箸で切り分けて食べられます。天ぷらにもおすすめです!

おいしい!楽しい!お礼の品がまだまだたくさん!

一度食べるとやみつきになる昔なつかしい味、 “ ぎょろっけ ” 。ぎょろっけは新鮮な野菜をたっぷり入れて作った、魚肉練製品です。形はコロッケに似ていますが、味はピリカラなさつま揚げ風。小さいエビが入ったエビマルカツとセットでお届けします!

直径9㎝もある「神徳の最中」は、北海道産の大納言を原料に小豆の風味を損なわないよう何日もかけて仕込みをした粒餡が自慢。また「大友公」は、たっぷりの栗を練り込んだ上品なこし餡が自慢。そんな2種類の最中をセットにしてお届けします。
※賞味期限:1週間程度

温州みかんに津久見産のサンクィーンを加え、蜂蜜でまろやかな甘さに仕上げたみかんジュースと、大分県産のカボス果汁に蜂蜜の甘さを加えた、まろやかで美味しいカボスジュースの8本セットをお届けします!

うみたま体験パーク「つくみイルカ島」は、イルカと人間の「ふれあい・癒し」をテーマにした体験型施設。「つくみイルカ島」のペア入場券とプログラム参加券をお届けします!

【寄附金の使い道】以下の使い道から選択できます!

分野別活用方法
寄附金の活用方法について、下記の分野から指定していただくことができます。
いただきましたご厚意は、各分野の施策の充実に活用させていただきます。

●安心して暮らせるまちづくり
地域の防災力強化や住環境の整備などに活用させていただきます。

●地域資源を活かしたまちづくり
観光資源の開発や農林水産業振興などに活用させていただきます。

●笑顔があふれるやさしいまちづくり
文化活動の推進や福祉の充実などに活用させていただきます。

●未来を拓く人づくり
教育環境の充実や子育て支援などに活用させていただきます。

●指定なし
市の判断により、ふるさとの地域振興に資する取組に活用させていただきます。


個別活用方法
上記の他、寄附金の活用方法について、津久見市における下記の重点項目の中から指定していただくことができます。

●津久見市庁舎建設
築後58年が経過している津久見市役所の庁舎建設に活用させていただきます。

●中心市街地活性化・集客交流拠点整備
津久見市の市中心部のにぎわい創出のために活用させていただきます。

●つくみ港まつり納涼花火大会
津久見市の誇る花火大会の開催に活用させていただきます。

●津久見高校への支援
市内唯一の高校である「津久見高校」の発展のために活用させていただきます。

老朽化した津久見市庁舎建設応援コース

津久見市役所の庁舎は築後58年が経過し、老朽化が大変進んでいます。
今後予想される大規模災害に対する防災対策や市民サービスを考えたとき、新庁舎建設は喫緊の課題であると同時に、多額の財源が必要となります。
そのため、こちらのコースでは寄附金を全て「津久見市庁舎建設」に充当させていただきます。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む