5月からうに漁解禁!壱岐島のうに尽くし特集

長崎県にある壱岐島は全国で20番目(沖縄を除く)に大きな島です。美しい海に囲まれ、新鮮なうに・さざえやマグロ・ブリなどの海の幸、そして米・いちご・アスパラガス・葉たばこ・肉用牛などの第一次産業の漁業と農業が大変盛んです。また、麦焼酎発祥の地として、平成7年にWTO(世界貿易機関)の「地理的表示」の産地指定を受けています。そんな美味しいもの盛りだくさんの壱岐市から、漁が解禁されたばかりのうにをご紹介します!

全国的に珍しい!!壱岐のうに漁

壱岐市には、300人以上の海女・海士がいるといわれています。中でも芦辺町八幡地区では伝統的な素潜り漁が現代まで引き継がれており、レオタードを着用して漁を行うことがあることも知られています。

ウエットスーツなどに比べ保温性の低いレオタードを着用することで乱獲を防止し、壱岐のうにを守ろうとする壱岐の海女さんの想いがあります。漁期は春から秋口までと短く、この時期に獲れるうには期間限定のごちそうです。

壱岐島から選りすぐり!とれたての生うにをご紹介

お礼の品として提供させていただいているうには「紫うに」といわれ、柔らかくくせのない甘味が特長となっています。また、海底のわかめやモズクといった海藻類をたっぷり食べて育つためより美味しいうにへと成長します。

うにの主な栄養素として、ビタミンA・ビタミンE・アミノ酸を豊富に含んでおり、ビタミンやミネラルの働きで、美肌や抗酸化作用など美容効果が期待できます。

欲張りなうに食べ比べセット!

贅沢にうにを使った加工品セット



壱岐島で育った自慢の新鮮海の幸!

美しい海と食が自慢の壱岐島。通年人気の干物セットや牡蠣、旬を迎えた寒ブリもとても人気でおすすめです!

うま味がギュッ!新鮮そのまま壱岐島の牡蠣♪

安定の支持率、干物セット!

すぐに食べれる寒ブリお手軽セット♪

【寄附金の使い道】島の美しい自然を守る環境管理などに活用

「実りの島プロジェクト」「しまの未来を担う人材育成プロジェクト」「安全・安心で充実したしま暮らしプロジェクト」の3コースで、産業振興、景観・自然・歴史文化の保全、観光振興、人材育成、福祉医療の充実などの事業に取り組んでいます。
平成28年度は、海水浴場、自然公園、日本遺産に認定された古墳群などの環境管理などに使用し、島の美しい自然景観を守ることができました。その他、子ども夢プラン応援補助金として、離島というハンディキャップがある中で、県選抜、九州選抜などに選ばれ活躍している子どもたちを支援しています。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む