お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

美味しい魚が集まる佐世保の海

長崎県の漁獲量は、全国第2位を誇ります。佐世保魚市場には佐世保近海や五島で獲れた様々な300種を超える魚介が水揚げされます。長崎県佐世保はまさに海産物のまちです。

300種類以上の魚介が獲れる豊かな海

五島列島が浮かぶ東シナ海には世界でも有数の大陸棚があり、そのほとんどが水深100〜200mという最高の漁場が広がっています。そこに暖流の対馬海流の影響で、多くの種類の魚が回遊してくるため、五島周辺の海域は魚介の宝庫といわれています。
定置網、まき網、曳縄、一本釣り漁業が行なわれ、イサキ、タチウオ、カワハギ、あご(飛魚)、イカなどが水揚げされています。

養殖に最適な九十九島海域

波静かで無数の島々を有する九十九島海域は、島からの栄養が海へと流れ込むため、漁業はもちろん養殖にも最適で、牡蠣、岩がき、鯛やトラフグなど佐世保を代表する海産物が養殖されています。

【値賀咲】
五島列島宇久小値賀近海で獲れるイサキのうち、400g以上であること、鱗の状態が良いこと、魚体の色が良いこと という選別の基準を満たしたものだけをブランド魚として認定しています。魚体に傷をつけないために針と糸で魚と勝負する一本釣りにより漁獲されています。

【九十九島岩がき】
夏場に旬を迎える岩牡蠣は、冬の牡蠣とは別の種類の大型の牡蠣で、大きな身は濃厚でクリーミーです。佐世保市水産センターで育てた稚魚を使って、「佐世保生まれ佐世保育ち」にこだわっています。

【干物】
海産物の加工品のなかで圧倒的な人気を誇るのが干物です。佐世保湾に面した東浜地区は昔から魚の加工が盛んな地域で、現在、7軒の加工会社がそれぞれ各社伝統の製法を受け継ぎ、味わい豊かな干物を作っています。九州ならではの少し甘めの味付けに、ご飯もお酒もどんどん進みます。

【まぐろ】
長崎県は養殖まぐろの産地としては北に位置しています。他の産地と比べると水温が低いため、ここで育つマグロはゆっくりと時間をかけて大きくなります。成長には時間がかかりますが、その分、身が引き締まり、赤身にもほんのり脂がる上質なマグロが育つのです。

【練り物】
人口200人余りの小さな島「高島」で作られる高島ちくわ。新鮮なアジやエソを主原料に、昔ながらの製法で一本一本丹念に手焼きしています。

おすすめの返礼品

寄付金の使い道

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む