お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

内閣総理大臣賞を受賞 「長崎和牛」

九州の西端、美しく複雑な海岸線を持つ半島や島々、そして大自然に囲まれた中山間地域からなる佐世保市で、長崎和牛は生産されています。夏は涼しく、冬は暖かい気候を生かし、1頭1頭が丹精に愛情をたっぷり注がれて飼育されています。 「全国和牛能力共進会」で内閣総理大臣賞を受賞したこともある長崎和牛。佐世保は繁殖から肥育まで行う一貫生産地帯です。

自慢の子牛です

長崎県内各地で開催される子牛市場では、全国トップクラスの種雄牛を親に持つ優秀な子牛を求めて、全国から買いつけに来られます。
子牛市場に出荷されるまで、子牛は、繁殖農家のもとで、約8~10ヶ月間手塩にかけて育てられます。
長崎県外へ売られていく子牛は、全体の約70%近くもあり、全国トップクラスの銘柄牛も実は、生まれが長崎県ということもしばしば。それくらい長崎生まれの子牛はすごいのです。

自慢の子牛を大切に育てる肥育農家

肥育農家は、繁殖農家から子牛を買い、出荷の時期となる生後27~30ヶ月齢まで、牛舎にて飼育します。この時期のエサや飼育環境によって肉質が変わると言われるほど大切な期間です。それぞれの肥育農家がプライドを持って、熟練した技術で生育環境を整え、愛情いっぱいに育てています。

長崎和牛

寄付金の使い道

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む