★2022年は、白石町れんこん栽培100周年★白石れんこん特集★

白石町でれんこん栽培が始まったのは、今からさかのぼること100年、大正11年(1922年)のこと。 多くの農産物にとって悪条件でもある水はけの悪さを利用し、1人の農夫が栽培を始めたのがきっかけでした。 「重粘土質」と呼ばれるカルシウム、ミネラル分をたっぷりと含んだ土壌で育つ白石れんこんは、夏はシャキシャキ、冬はモチモチの味わいがある 高品質なれんこんとして、全国各地で親しまれています。 今年は白石町れんこん栽培100周年記念の年。農家さん達が愛情をこめて育てたれんこんが、深い泥の中、今もすくすくと育っています。 全国各地で愛されている『白石れんこん』をぜひ一度ご賞味ください!

新鮮な状態でお届け!泥付きれんこん!

全国の生産地の中でも高い評価を得ている『白石れんこん』
全国各地へと届けられていますが、その際に『泥付き』で配送されることが多いです。
『なぜ、泥がついたままで届けるの?落とすのが大変だよ、、、』
そう思われてしまうことも多いのですが、実はちゃんと理由があるんです!
ズバリ!『それは鮮度を保つため!』
配送する際に、泥がついていることで、新鮮さを長く保つことができます。
農家さんの中には、一度傷がないかどうかを確かめるためにすべて泥を落とし、そのあとに再度わざわざ泥をぬるという2度の作業をされている方もいらっしゃいます。
『よりきれいな、そして新鮮なおいしい状態で消費者の方にれんこんを届けたい!』という想いのこもった工夫なんです。
そんな新鮮な『泥付き』れんこんをぜひ一度ご賞味ください!

使いやすい!洗いれんこん

超希少!オーガニックれんこん!

保存・調理に便利!真空パック入りれんこん!

れんこん好き必見!定期便が新登場!

食卓に手軽に一品!れんこん加工品もあります!