利用率No.1ふるさと納税サイト 利用率No.1、欲しいお礼の品が見つかるNo.1ふるさと納税サイト

いにしえの神事と夏まつり

佐賀県東部に位置するみやき町は、山と川に囲まれたなだらかな丘陵地帯と田園地帯が広がります。

夏から秋にかけ、みやき町では古くから伝わるお祭りや神事が執り行われます。まちに根付く伝統や風習。まちの子どもからお年寄りが参加し、長年続く伝統。

ほかのどのまちでも出逢えない、みやき町ならではのお祭りを体験しにいらしてください。

綾部神社 奉納相撲・旗降し神事

〜 日本最古の天気予報・天候と豊凶を占う〜

【開催日】7月15日(土)
【場所】綾部神社

〜 旗のなびきで農作物の豊凶を占う 〜

綾部神社 旗揚げ神事



子ども神輿6基が出発し、旗上げ神事が始まります。創建800年の綾部神社に神輿が到着するとご神旗が拝殿に運ばれ、氏子達や御神木に上る男衆がお祓いを受けます。男衆が締め込み姿に着替える間、氏子達は長さ18mの竹にご神旗を取り付けます。

樹齢600年、高さ25mの御神木の銀杏に地上から30メートルの位置にご神旗が見えるよう上・中・下の位置に男衆がのぼります。氏子達が木の上で位置についた男衆にご神旗が付いた竹を渡すと腕の力だけで御神木の頂上まで上げます。

この日から旗を降ろす72日間、綾部神社では豊作や人々の幸せを祈願し、風雨の襲来や農作物の豊凶を占います。

【開催日】9月24日(日)
【場所】綾部神社

旗降し神事の当日、小学生の子供相撲から大人相撲まで33番の奉納相撲が行われ、見ごたえのある取り組みで観光客や参拝者を沸かせます。

神社境内の御神木に掲げられていた旗は、9月24日に締め込み姿の男衆により降ろされます。降ろされた旗のなびき具合や旗に書かれた字のにじみ具合などを見て、宮司が風雨の襲来や農作物の豊凶を占い、結果が観光客や参拝者に報告されます。



綾部神社行列浮立

〜 かねや太鼓のリズムにあわせて踊る・祈願成就の浮立奉納 〜

秋分の日に祈願成就のために浮立(ふりゅう)を奉納します。小学生による鉄砲槍隊、青年による犀の毛(しゃーのけ)が下宮から神社までの1kmを鉦と太鼓に合わせて練り歩きます。

毎年参道には多数の出店が並び、多くの観客や参拝者で賑わいます。特に綾部のぼたもちを買い求めている方が多く、縁起ものとして愛されています。

【開催日】9月23日(祝・土)
【場所】綾部神社



江見沖神事

〜 まちがお祭り一色に!江見沖の伝統文化祭 〜

かつて江見津は三根郡方面の集積場で、積み荷、降ろし荷で賑わっており、それにかかわった人々のお参りを受けていたと思われます。

9月12日は「沖神事」または「江見の十二日」と呼ばれ、江見八幡神社の秋の大祭です。現在は毎年9月12日に近い日曜日に開催されており、西乃宮八幡神社から江見八幡神社境内に御神幸されるのと合わせて江見沖伝統文化祭を行い、江見地区はお祭り一色となります。



【開催日】9月10日(日)
【場所】江見八幡神社

県境フェスティバル天建寺橋大綱引き大会

〜 佐賀県民150人 vs 福岡県民150人の綱引き大会 〜

筑後川最大のアーチ橋である天建寺橋を佐賀県・福岡県の友好の架け橋とし、大綱引き大会を開催!佐賀県民150人対、福岡県民150人の大綱引き大会。綱はなんと全長200m、重さ2トンの大迫力!

メインイベントの大綱引き大会に加え、住民参加型の物産展やステージイベント、たまごの掴み取りやお楽しみ抽選会なども行われます。みやき町や久留米市の美味しいグルメブースも並びます!

【開催日】6月4日(日)
【場所】天建橋下河川敷



お礼の品でみやき町を満喫♪

C39 ★変化に富んだ丘陵コース★山水での平日セルフ/食事つき1人プレー【山は呼ぶゴルフ】

20,000円以上の寄附でもらえる

山水カントリーの平日セルフ 食事付きゴルフ利用券。思い切りストレスを解消!雄大な自然に囲まれリフレッシュ。コースは変化に富み飽きがきません。

B71 ★非日常を体感★サバイバルゲーム体験チケット(1名分)

10,000円以上の寄附でもらえる

山水グリーンフィールドの人気のサバゲー体験チケット。道具も一式貸し出しがあるので、初めての方でも安心して楽しむことができます。

K2 みやき町空からこんにちは ヘリ遊覧20分

360度の大パノラマが体験できるみやき町、その周辺を20分間遊覧飛行するコースです。上空からまた違ったみやき町を楽しめます。



佐賀県県みやき町への交通アクセス



寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む