江戸時代から続く伝統技術 伊万里の「焼き物」特集

江戸時代より製造される伊万里焼は、古くから特徴的な絵柄で日本のみならずヨーロッパの王侯貴族をも魅了し、世界に「古伊万里」コレクターを輩出するほどです。伊万里市ではこうした「古伊万里文化」の香りが漂う焼き物などを市内の随所で見ることができ、四季折々に懐かしい面影がしのばれます。

目次

秘窯の里「大川内山」

30軒の窯元が集まっており、楽しみながら散策ができます。「秘窯の里」の名にふさわしい山水画のような奇岩と窯場の煙突が印象的。春と秋には窯元市が開催され、たくさんのお客様でにぎわいます。

 

伊万里の器で最高の「家飲み」を



H073伊万里鍋島焼ぐい呑揃(5個入)絵違い

H016彩唐花マグカップ



H127焼締め乱彫り外銀彩ビアカップ(ペア)



H057色鍋島五種絵変り煎茶器揃い



 

白磁に映える、美しき透かしの技術

H119青海波透かし彫り色絵唐草文花瓶



H081白磁雪透丸大香炉

 

江戸時代から継承される伝統と技巧の「高台鉢」

H120色鍋島桜樹文尺高台鉢



 

「タイピン」「平安雛」 伊万里の粋な逸品たち

H027伊万里焼の瑠璃金彩貫入(プラチナを焼付)タイピン



H111伊万里磁器人形平安雛 ボンボリ付

 

 

 

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む