お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          四万十とつながる~宿特集~

          四万十町の大正地区で 【EKIMAE HOUSE SAMARU】 という名のゲストハウスを営む 小野さんに話を伺いました。 「四万十と友達になる」がコンセプトのこの宿は 一度訪れればまた四万十に来たくなること請け合いです。

          地域と人をつなぐゲストハウス

          四万十町は15年前に
          ・窪川町
          ・大正町
          ・十和村
          が合併して誕生しました。

          それぞれのエリアを表す際には旧大正町などとよぶのですが、地元では変わらず大正とよばれ、親しまれています。

          大正地区は十和地区と町役場がある窪川地区のちょうど中間地点。

          この大正に自然を身近に感じられ、地域の人と交流を深められる素敵なゲストハウス【EKIMAE HOUSE SAMARU】があります。

          町がまるごと一つの宿

          SAMARUは、五年ほど前に福岡県から移住してきた小野雄介さんが経営しています。

          宿のコンセプトは「四万十と友だちになる」。
          町で地元の人と交流し、友達になる事でまた四万十に来たいと思ってほしいという思いがあります。

          その一環として、小野さんは近くの食事処を勧めているそうです。

          「夜には地元の居酒屋を勧めているんですけど、居酒屋の人がお客さんをすごい可愛がってくれてるみたいで、『すぐ帰ってくるわー』って言ってたのになかなか帰ってこない人が多いんです」

          ゲストハウス内の交流だけでなく、町全体で交流を楽しめるのが、この大正地域の醍醐味です。

          「隠れた名所もご案内します」

          もともと小野さんは地域おこし協力隊として四万十町を訪れました。

          着任後、大正地域の人の温かさなどに惹かれ、移住を決めたという小野さん。

          今では大正を隅々まで訪ね歩き、四季折々の魅力を紹介できるほどです。

          中でも小野さんのおすすめスポットは
          「久木ノ森山風景林」
          ※くきのもりやまふうけいりん

          協力隊の面接を受けた翌日に町役場の職員の案内で訪れたのが最初でしたが、その神秘的な光景に魅せられたそうです

          そんな小野さんに聞けば、穴場スポットも色々と紹介してくれますよ。
          ぜひ、大正地域を散策してみてください。

          かつての賑わいを取り戻したい

          現在の大正地域は土日も人通りが少なく、閑散としているそうです。

          小野さんは地元の方から、『林業で町が賑わっちょった頃はこの商店街も人通りが多かったがやけどねぇ』という話しを聞き、町をかつての様に盛り上げたいと考えています。

          「取り組みとしては【シェアキッチン】というのを考えています。カフェや洋菓子店などを作れるスペースを貸し出し、商店街のシャッターが一つでも上がれば、町の活性化にもなるんじゃないかと思っています」

          大正地域は自然や人の温かさをじんわりと感じれる、そんな場所です。

          『いつか四万十町に行ってみたい』
          そう思っていただけば幸いです。

          SAMARUのお礼の品はこちらから!

          Mes-01 四万十とディープな関係に!こだわりのゲストハウス宿泊券(ドミトリー)

          13,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          オススメの3つの理由
          1.木の香りに包まれる幸せ
          2.オーナーの観光スポット案内
          3.いつまでも居たくなる心地よさ

          Mes-02 四万十とディープな関係に!こだわりのゲストハウス宿泊券(個室)

          18,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          オススメの3つの理由
          1.木の香りに包まれる幸せ
          2.オーナーの観光スポット案内
          3.いつまでも居たくなる心地よさ

          おすすめの四万十町の宿泊券はこちらから!