緊急災害支援平成30年7月豪雨に伴う災害支援寄附受付中です詳しくはこちら

四万十で受け継がれる伝統の味 ~調味料特集~

清流の恵みを受けた四万十町

平成18年に旧窪川町・大正町・十和村の合併により誕生した高知県四万十町は、
全長196kmの四万十川の中流域に位置し、太平洋にも面しています。

山から海まで広がるこの四万十町は、気候にも恵まれ、
四季折々のさまざまな幸を堪能できます。

この地域で暮らす人々は、川に寄り添った暮らしを営んでいます。

四万十で受け継がれる伝統の味

四万十で手づくりされたお味噌や加工品たち。
四万十町で代々受け継がれてきた伝統の味を揃えました。

地元の産品を中心につかい、素材の味を大切にしています。
四万十の調味料をご家庭でお楽しみください。

100年以上続く老舗の井上糀店

井上糀店は、四万十町で100年以上続く糀屋です。
文政元年にこの地に糀作りのために転居と伝わっていますが、
創業がいつなのかは定かではありません。

約50年前の井上糀店。屋根の下に「入吉屋」の屋号が入っています。
製法もその時のまま、薪や釜戸をつかって糀や味噌を手作りしています。
無添加、無着色、材料もなるべく地元のものを使っています。

母から娘へ受け継がれる生きた味噌「じんさい味噌」

じんさい味噌は約50年ほど前にこの四万十町で産声をあげました。
材料の入手から分量の割合、タイミング、火加減・・・地元主婦グループが農作業の合間を縫って試行錯誤を重ね完成させることができました。

その作業はそれぞれの家事や農作業の合間を縫って早朝深夜に関わらず行われました。
月日が経つ中で母から嫁へと代変わりを重ね、生きた味噌つくりはそのポリシーとともにしっかりと受け継がれていきました。

この先も受け継がれる中でその深みを増しながら、この生きたじんさい味噌が皆さまのご家庭の味として代々受いでもらえるよう変わらずにこの四万十町でお味噌を作り続けます。

十和おかみさん市セット

十和地域の婦人加工グループが会社になった株式会社とおわおかみさん市。
その地元のおばちゃんたちが手づくりでつくっている商品をセットにしました。

調味料やおつまみ、ご飯のおともなど、盛りだくさんの内容となっています。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む