お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

~令和最初の新米特集~

実は米どころの四万十町。 香り高い炊き立ての香りは、 長雨にも負けず農家さんによって 丹念に育てられた努力の証。 令和初の収穫を迎えた四万十町のお米を ぜひご賞味ください。

田植えの時期より始まった長く続く雨は、米農家の頭を大変悩ませた。


いつもなら「田んぼの水がのぅて困っちゅう」と水がないことを気にするおんちゃんも「今年は雨が多いき、ちゃんと熟れるろうか?」と心配顔。

また、今年は稲が倒れてしまうのではないか?と心配されるくらいの大型台風もやって来た。

それでも米農家たちは、これまで小さな種から多くの実りに導いてきた長年の経験と知恵を絞り、なんとか無事に実りの秋を迎えることができた。

曇天の合間から顔を出した強い日差しをその身に受けて、稲穂が頭を垂れるほどその実を太らせたお米は、厳しい検査と精米を経て透き通るような白い輝きを放つ。


「今年もええ香りがしちゅう。おまんも食べてみんかよ??」


~令和最初の新米特集~

宮内商店

岡田商店

井上米穀店

武吉米穀店

樽井商店

JA高知県

寄付金の使い道のご報告

一昔前は河童のように川で泳ぐ子供たちがたくさんいたのですが、ライフスタイルや遊びの変化によりめっきりと少なくなってきました。

そこで、すぐ身近に川があるのに、そこで遊ばないのはもったいないのでは?ということで、皆さまからのご寄附を活用させていただき、四万十町役場と高知大学が連携して川に親しむ子供たちを増やそうとイベントを開催しました。

参加した19名の子供たちは川辺の竹を切り出して器や箸を作り、その後は写真のように川の中で流しそうめんを行い、水の冷たさを満喫していました。
最初は川に入るのを怖がっていた子供たちも、最後には河童のようにはしゃぎまわり、「また川で遊びたい!!」と嬉しそうに話してくれました。

このイベントを通して、子供たちが川に親しみを持ち、たとえ町外に出ていったとしても四万十川のことを考えてくれる人になってくれたらと思います。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む