お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

【さぬきオリーブ酵母の地酒など】ちょっと変わったお酒をご紹介

香川では、昔から地酒が数多く醸造されてきました。 酒造りに欠かせないのは良質な米と水ですが、日照時間の多い香川で育ったお米は酒造りに適しており、阿讃山脈を源とした良質の伏流水にも恵まれました。 良質の米と良質の水に、温暖な気候と熟練した杜氏の技が合わさり、まろやかでコクのある芳醇なさぬきの地酒が生み出されています。

※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

さぬきオリーブ酵母の地酒

県花・県木のオリーブから採取した酵母を使って香川県らしい清酒を造りたいとの思いで、平成27年から香川県酒造組合は、香川県産業技術センターと共同開発をすすめてきました。そして、平成30年、香川県酒造組合は、長年の悲願であった清酒造りに適したオリーブ酵母をオリーブの実から発見し、「さぬきオリーブ酵母」と命名。
その後、蔵元での醸造試験を経て、令和元年秋より、各蔵元(小豆島酒造(株)、西野金陵(株)、綾菊酒造(株)、川鶴酒造(株))にて醸造をスタートし、県花・県木である県産オリーブの果実から採取した「さぬきオリーブ酵母」と、香川県産の米・香川の水を使用したオール香川の清酒が醸造され、令和2年4月新酒が完成しました。

★令和2年度かがわ県産品コンクールにおいて、『さぬきオリーブ酵母の地酒』は、【「うどん県。それだけじゃない香川県」優秀賞 オリーブ部門】を受賞しました。

綾菊酒造(株) さぬきオリーブ純米酒

5,000円以上の寄付でもらえる

香川県酒造組合と香川県産業技術センター発酵食品研究所との共同研究により県産オリーブの果実から発見した「さぬきオリーブ酵母」を使用し、原料米から仕込水に至るまでALL香川の日本酒です。
味の特徴は青いフレッシュな果実の香り、パッションフルーツやライチのようなトロピカルフルーツをイメージさせるような、きりっとした酸とすっきりとした味わい、爽やかな風味の中にしっかりとした米の旨味も感じられるお酒です。
料理との相性については、香り穏やかで、酸味がしっかりあるので、料理の味の邪魔をせず、さまざまな料理に合わせやすいですが、特にオリーブハマチ、オリーブ牛といった香川県産の食材にオリーブオイルをアレンジした料理に良く合います。

【内容量】720ml
【アルコール分】15度
【精米歩合】60%

ひまわり焼酎

6,000円以上の寄付でもらえる

ひまわりを使った地域振興に取り組んでいる香川県仲多度郡まんのう町と香川県内の蔵元西野金陵(株)が協力して開発した、ひまわりの種を使った焼酎です。
原料はひまわりの種子から油分を取り除いたものに米麹と米を使用したもので、ひまわりオイルのような香りと、そのオイル由来のオイリーな口当たりとなめらかさが特徴です。
ひまわりの特徴や香味を残すため、原料となるひまわりの種にあるオイルの量をどのくらい残すかが製造のポイントになりました。
まんのう町のシンボルの満濃池や満開のひまわり、まんのう町で暮らす人たちやまんのう町へ訪れる人たちが笑顔で満ちるようにとの思いを込めて「みちる」と命名されています。

【内容量】720ml
【アルコール分】25%

讃岐くらうでぃ

5,000円以上の寄付でもらえる

香川のご当地グルメ骨付鳥と一緒に食べて飲んで美味しいお酒として開発されたのが、この「讃岐くらうでぃ」です。
乳酸菌飲料のような風味の甘酸っぱくクリーミーな飲み口の低アルコールのにごり酒で、初めて日本酒を飲む方でも気軽に試せる、日本酒入門編にピッタリのお酒です。

【内容量】720ml
【アルコール分】6%
【おいしい飲み方】グラス一杯に氷を入れるのがポイント

香川のお酒

ちょっと変わったお菓子もご紹介