お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

ひかりのふくを贈ります

お魚屋さん直送!いまが旬のふくをぜひお召し上がりください。 お皿いっぱいに並んだふく刺しは、中央からお召し上がりください。 薄切りですが、身はぷりぷり、皮はこりこりした食感で食べ応えがあります。 アラは鍋もいいですが、から揚げもおススメです。

≪ ふくの美味しいお召し上がり方 ≫

■ふく刺し、ふく皮刺し
ふく刺しはそのまま、お皿の中央部分から外に向かってお召し上がり下さい。
小皿に添付のポン酢を注ぎ、薬味の小ネギ・もみじおろしをお好みの量でどうぞ。

■ふくアラ(ふくちり)
大きめの鍋に、水適量と、だし昆布を入れて加熱します。
沸騰したら昆布を取り出し塩などを加え、まず「ふくアラ」を入れてください。
白菜、椎茸、白葱、えのき茸、豆腐、もち、春菊、マロニー…お好みの具材を炊きながらお召し上がりください。シメの雑炊も絶品です。

■ふくヒレ
ガスの弱火でヒレをあぶり、こんがりと焼きます。
熱燗1合の中に、焼きあがったヒレを入れ、マッチで火をつけてすぐ御猪口でフタをして1分ほど待ってください。
ふくの香りでまろみをおびたおいしいヒレ酒が出来上がります。

ときよしのふく刺し

昔ながらの町並みが残る室積地区で、地域の皆さんに親しまれている鮮魚店「ときよし」が熟練の技で捌きます。

※12月24日~1月10日の間は配送不可。ご注意ください。

こやまのふくちりセット

たくさんの飲食店が並ぶ島田地区の老舗小料理店「こやま」からは、山口県産のとらふくをふく刺しとふくちりで楽しめるセットを。

※12月28日~1月7日の間は配送不可。ご注意ください。

ふくだけではない、光市の海産物

山口といえばふく、というイメージが強いですが、豊かな自然が豊富な光市には、そのほかにも魅力ある海産物があります。

ふるさと光応援寄付金の使い道

光市では、重点的に取り組むべき3つの使い方を中心に、以下の4つをあげています。

(1)「おっぱい都市宣言」の理念を踏まえた少子化対策に関する事業
(2)「自然敬愛都市宣言」の理念を踏まえた環境保全活動に関する事業
(3)「安心・安全都市宣言」の理念を踏まえた安全で安心して生活できるまちづくりに関する事業
(4) 市長が必要と認める事業

ご意向に沿った事業に大切に活用させていただきます。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む