お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

今が旬!萩の夏みかんと甘夏! マーマレードでも美味しく!

福沢諭吉が愛した萩の夏みかん

甘酸っぱい香りを含み、さっぱりとした酸味が美味しい夏みかん。
5月上旬に収穫が行われます。萩では、夏みかん一個の中身を抜き取り、中に羊羹を流し込む丸漬けや、ゼリー、ジュース、マーマレードなどの加工品も人気のお土産になっています。

夏みかんは、萩に文化年間(1804年~1818年)初頭に入ってからもたらされ、ゆずの代用として利用されていましたが、幕末近くにたまたま夏に収穫したところ、美味であったため、その後は「ダイダイ」から「ナツダイダイ」と呼ばれ、夏に食べられるようになったといわれています。

萩は長年長州藩の政治経済の中心地として栄えた城下町ですが、文久3年(1863年)に藩主が萩から山口に移ったため、藩経済に依存していた萩の町民は侍の流出に大打撃を受けることとなりました。更に明治政府樹立後の士族の給禄奉還が、萩に残された武士の苦境に追い討ちをかけ、その不満で明治9年の萩の乱勃発の要因となっています。

丁度この時、新政府の要職を歴任した小幡高政(おばたたかまさ)が萩に帰郷し、困窮した士族を救済するため、廃屋同然となった広大な侍屋敷の土地に夏橙を植栽しようと、明治9年に種を蒔き、翌年に苗木を接木し、明治11年に苗木を士族達に配布。明治22年には、夏みかんの果実と苗木の収益が当時の萩町の財政を追い越すまでになり、その後萩の町全体に夏みかん畑が広がりました。

 大正15年5月、当時の皇太子、後の昭和天皇が萩にお見えになった時、

「この町には香水がまいてあるのか」

といわれたほど、夏みかんの栽培が最盛期で、まさに萩を代表する夏みかんの香りのおもてなしでした。
この夏みかんの香りが、平成13年に全国の「かおり風景100選」に選定されています

 因みに日本で最初に夏みかんマーマレードを作ったのは、福沢諭吉です。明治26年(1893年)のことで、福沢諭吉のもとへ送られてきた夏みかんを、おいしく食べ、皮を利用して「マルマレット」(マーマレード)を作った旨が、萩藩医家出身の松岡勇記あての礼状に記されています。

現在も萩は夏みかんの町として有名です。夏みかんと共に歩んできた萩では、今日でも武家屋敷の土塀と夏みかんの「風情」や夏みかん菓子などの「味覚」が愛され続けています。

夏みかんに比べ甘みが強い甘夏(あまなつ)

甘夏は昭和10年頃、大分県津久見市の川野豊氏の園から発見された夏みかんの枝変わり種です。
正式な名称は「川野夏橙(カワノナツダイダイ)」で、「甘夏橙」、「甘夏みかん」、「甘夏柑」、などとも呼ばれています。

外観は夏みかんと変わりませんが、夏みかんに比べ、着色が早く、酸が早期に減酸するため、甘みが強いのが特徴です。
萩市大井地区では、冬期の比較的温暖な気候を活かし、昭和40年代前半から甘なつみかんの栽培が始まっています。

甘夏は、1月中旬頃から収穫が始まり、倉庫などで寝かせて酸を抜き熟成させたのち出荷されます。
美味しくなるのは3月から5月頃まで、春から初夏が旬の萩の特産品となっています。

萩市の道の駅、スーパー、お祭りでも販売される、萩の代表的な柑橘です。
 

夏みかんマーマレードのつくりかた

夏みかんマーマレードは、夏みかんの苦味を活かした加工品の1つです。
パンやプレーンヨーグルトと一緒に食べると、さわやかな食感が楽しめます。
生果だけでなく、色々な食べ方で、夏みかんを楽しんでみてください。

材料

(材 料)
 夏みかん       2個
 砂糖    夏みかんの皮の8割~9割

作り方

① 夏みかんをたわしでしっかり洗います。
② 十文字に切り込みを入れて剥き、さらに2等分に切ります。
  夏みかん1個で8切れ取ります。
③ 皮を1~2㎜幅に刻みます。
④ 刻んだ皮を鍋で煮ます。沸騰したら1度差し水をして柔らかくなるまで煮ます。
⑤ 苦味を抜くために水に浸します。2~3回水を替えながら浸し、最後は皮を搾り水気を切って分量を量り、砂糖を量ります。
⑥ 果肉の入った袋の皮を剥き、固い皮を1カップの沸騰した湯の中で15分程煮た後、水分だけ残して皮を捨てます。
⑦ 茹でた皮のチップと⑤で量った砂糖と⑥の水分を鍋に入れ、中火で30~40分程度、とろみが出るまで煮ます。(砂糖は3回位に分けて入れます。)

萩の夏みかんと甘夏

寄付するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄付で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄付へ進む