お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

【備前焼特集】コロナ苦境を乗り越えろ!~日本が誇る伝統工芸品を守るため、ご支援をお願いします~

 一千年ともいわれる歴史をもつ備前焼ですが、新型コロナウイルスの影響で展示会、イベント出展など、備前焼の魅力を発信する機会も減少するなど、コロナによる影響は備前焼業界も例外ではありません。
 備前市ではふるさと納税を通じて、備前焼の作り手と寄附者をつなぐ場として本特集を企画し、まちも人も元気を取り戻せればと考えています。

備前焼と女優・奈緒さんとのつながり(絆) ~応援メッセージ~

映画「ハルカの陶」で冬に訪れた備前市は人の温かさに満ちていました。

撮影で大変な日も、その澄んだやわらかい空の色に癒され過ごした毎日を今でも鮮明に思い出します。

「おかえり」と言ってくれる大切な人たちが居る、私にとっての第二のふるさとです。

改めて一期一会の尊さに気づかせてくれた備前焼とこの土地が、これからも沢山の方と出逢い、つながり、愛されますように。

備前市最大のイベント「備前焼まつり」が中止に

 毎年10月に開催され、二日間で約12万人の全国陶芸ファンで賑わう「備前焼まつり」が中止となり、ご来場のお客様との会話を楽しみにしていた作り手も落胆を隠せない状況となりました。
 協同組合岡山県備前焼陶友会では、密集を避けるため、長期開催の備前焼感謝祭やオンライン陶器市の開催など、まつりを楽しみにしていた備前焼ファンの皆様のため、また業界が苦境を乗り越えるために活動しています。

協同組合岡山県備前焼陶友会 副理事長(作家) 山本 竜一さんのコメント

 新型コロナウイルス感染症の影響で備前焼陶友会員である作家、窯元など総じて前年比70%以上の収入減ともいわれています。
 作り手としては備前焼ファンとの交流の場であり、また売上にも期待する「備前焼まつり」が、ファンと関係者の感染予防を第一に考え、延期となりました。
 しかし、コロナに負けるわけにはいきません。密を避けるため10月から一か月間にわたって、備前焼まつりに代わる「備前焼感謝祭」の開催、新たな取り組みとしてオンライン販売などを開始しました。
 今回の備前焼特集をきっかけに、“購入”ではなく、ふるさと納税の“返礼品”をきっかけに、備前焼に触れ、魅力の一端を感じていたければ幸いです。

ふるさと納税でご支援をお願いします

重要無形文化財保持者(人間国宝)、岡山県重要無形文化財保持者の作品、作家、窯元の作品などを多数取り揃えています。
備前焼ファンはもちろん、備前焼を知らない方も、土と炎の出会いによって生まれる唯一無二の作品をお手に取っていただき、備前焼の魅力に触れつつ、業界をご支援いただけますと幸いです。

※備前焼は一つとして同じものがないのが魅力のひとつであり、本来であれば実際に手に取り、使い手に合った大きさや質感などを確かめながらお選びいただくことをお薦めしておりますが、お写真にてお選びいただくこと、何卒ご理解をお願いいたします。

特集を盛り上げるため、提供いただいた人間国宝・岡山県重要無形文化財保持者作品のご紹介!

※こちらで紹介する国指定・県重要無形文化財保持者作品は全て一点ものとなります。
※作品を直接ご覧になりたい場合はご相談ください。その他ご質問などもお気軽にお問合せください。
※こちらの品をご選択の場合、寄附金の使い道として「備前焼振興」をご選択ください。
(他の使い道をご選択された場合、「備前焼振興」に変更させていただきますので、ご了承ください。)

◆重要無形文化財保持者(人間国宝)作品◆

伊勢﨑 淳(いせざき じゅん)

1981年 金重陶陽賞 受賞
1993年 岡山県文化奨励賞 受賞
1998年 岡山県重要無形文化財保持者に認定される
2002年 新総理官邸の陶壁を制作
2004年 重要無形文化財保持者に認定される
     岡山県三木記念賞を受賞
2005年 岡山県文化賞 受賞
     「備前 土と炎の輝 伊勢崎 淳」出版
2006年 ボストンにて一門展 後援ボストン美術館・ハーバード大学

3340-I-001 重要無形文化財保持者(人間国宝) 伊勢﨑 淳 作 大皿

3,340,000円以上の寄付でもらえる

土の魅力、緋襷と胡麻の魅力を表現した作品

2340-I-001 重要無形文化財保持者(人間国宝) 伊勢﨑 淳 作 万年花生

2,340,000円以上の寄付でもらえる

身の回りの自然をモチーフとし、窯たき用の割木をイメージした作品

◆岡山県重要無形文化財保持者作品◆

松井 與之(まつい ともゆき)

1980年 金重陶陽賞受賞、伊勢神宮に「備前銀彩大皿」を献納
1982年 昭和56年度岡山県文化奨励賞受賞
1985年 芸術グラフ賞受賞
1989年 山陽新聞賞文化功労受賞
1996年 岡山県重要無形文化財保持者の認定を受ける
1997年 岡山日日新聞芸術文化賞 受賞
1999年 平成10年度 岡山県文化賞受賞
2000年 天皇皇后両陛下、備前市に行幸啓の折備前大壺を天覧賜わる
2008年 地域文化功労者「文部科科学大臣表彰」

1000-I-003 岡山県重要無形文化財保持者 松井 與之 作 窯変花入

1,000,000円以上の寄付でもらえる

窯の中で偶然が生む自然美が景色となった伝統的な形の耳付花入れ。

0600-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 松井 與之 作 窯変一輪挿

600,000円以上の寄付でもらえる

意図的な歪みとヘラ目が特徴の窯変一輪挿

山本 雄一(やまもと ゆういち)

1935年 山本陶秀(人間国宝)の長男として生まれる
1977年 金重陶陽賞 受賞
1980年 岡山日日新聞文化賞受賞
1981年 岡山県文化奨励賞受賞
1992年 山陽新聞賞文化功労章受章
1996年 岡山県重要無形文化財保持者に認定される
     岡山日日新聞芸術文化功労章 授章
1998年 紺綬褒章授章
1999年 「備前緋襷八角鉢」フランス国立セーブル陶磁器美術館御買上
     「緋襷広口花器」「緋襷丸花瓶」宮内庁御買上
2005年 伊勢神宮へ「緋襷丸花瓶」「茶碗」を献納

1840-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 山本 雄一 作 扁壷

1,840,000円以上の寄付でもらえる

太鼓型扁壷。流胡麻という景色。

1670-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 山本 雄一 作 茶盌

1,670,000円以上の寄付でもらえる

黒胡麻の流れた茶盌(抹茶盌)

吉本 正(よしもと ただし)

1964年 藤原啓(人間国宝)の内弟子となる
1986年 たたら造りにて岡山県文化奨励賞受賞
     中日国際陶芸展愛知県知事賞受賞
1988年 金重陶陽賞 受賞
1997年 山陽新聞賞(文化功労)受賞
     焼き締め陶公募展 準大賞受賞
     フランス・セーブル国立陶磁器美術館「備前焼一千年の伝統美展」に出品
2007年 岡山県指定重要無形文化財保持者に認定される

2170-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 吉本 正 作 大皿

2,170,000円以上の寄付でもらえる

窯の壁に立てかけて焼成。料理の盛付けが活きるようイメージした作品。

1170-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 吉本 正 作 扁壷

1,170,000円以上の寄付でもらえる

耳付の窯変の壷

金重 晃介(かねしげ こうすけ)

1943年 金重陶陽の三男として備前市伊部に生まれる
1992年 日本の陶芸「今」100選展招待作品(パリ)
2005年 現代日本の陶芸(ボストン美術館)
2012年 岡山県重要無形文化財保持者 認定
2014年 岡山県文化賞

1840-I-002 岡山県重要無形文化財保持者 金重 晃介 作 耳付花入

1,840,000円以上の寄付でもらえる

緑のカセゴマ、黒いコゲに赤のある窯変の花入れ

1470-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 金重 晃介 作 花器

1,470,000円以上の寄付でもらえる

母胎が硬くなってから鉄ベラで線を入れた作品

山本 出(やまもと いずる)

1970年 父 山本陶秀に師事
1975年 窯を築き陶芸家として独立
1982年 独自の「備前土出彩」に取り組む
1989年 独自の「積上げ」手法に取り組む
1993年 「備前土」「ブルゴーニュ土」での製作に取り組む
2000年 伊勢神宮へ積上花器「抱擁」を奉納
     アメリカ・イギリス・フランスの博物館・美術館に招待作品
     金重陶陽賞 など受賞・入選多数
2012年 岡山県指定重要無形文化財保持者に認定される

0300-I-002 岡山県重要無形文化財保持者 山本 出 作 徳利

300,000円以上の寄付でもらえる

灰による自然胡麻が景色となっています

金重 有邦(かねしげ ゆうほう)

1975年 父・素山(岡山県重要無形文化財)のもとで陶技を学ぶ
2003年 日本陶磁協会賞受賞
     岡山県山陽新聞社
    「茶の湯の造形展」奨励賞
     淡交ビエンナーレ奨励賞
2013年 備前市指定無形文化財
2018年 山陽新聞賞 文化功労
     2017年度日本陶磁協会賞 金賞
     第15回マルセン文化大賞
2019年 岡山県重要無形文化財保持者

1170-I-002 岡山県重要無形文化財保持者 金重 有邦 作 伊部茶盌(B)

1,170,000円以上の寄付でもらえる

土の温もりを茶の香りと共にお楽しみください

0840-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 金重 有邦 作 伊部茶盌(A)

840,000円以上の寄付でもらえる

土の温もりを茶の香りと共にお楽しみください

島村 光(しまむら ひかる)

2013年 備前市指定無形文化財
2015年 岡山県文化奨励賞 受賞
2016年 山陽新聞賞 文化功労 受賞
     第13回マルセン 特別賞 受賞
2019年 岡山県重要無形文化財保持者認定

1500-I-001 岡山県重要無形文化財保持者 島村 光 作 貌

1,500,000円以上の寄付でもらえる

人の顔をデザインしています

※お礼の品の合計が50万円を超えた場合、またはほかの一時所得の金額との合計が50万円を超えている場合は、ふるさと納税のお礼の品は、一時所得として課税されます。詳しくは総務省ふるさと納税ポータルサイトをご覧ください。

注目!新規追加のお礼の品

備前焼コンシェルジュプラン登場!

1000-I-002 備前焼コンシェルジュプラン(30万円分)

1,000,000円以上の寄付でもらえる

家族分の食器を揃えたい!
お茶会用に茶碗が欲しい!
徳利とぐい呑みで大人の晩酌を楽しみたい!
コーヒードリッパーとカップでワンランク上のおもてなしがしたい!
などなど、協同組合岡山県備前焼陶友会員の備前焼作品からあたなのご希望に沿った品をセレクト(30万円分相当)してご提案、お届けいたします。

やっぱり備前焼の里で手に入れたい方へ!

作品を手に取って、自身との相性を確かめながらお選びいただけます

0010-I-053 ふるさと納税「備前焼」割引券

10,000円以上の寄付でもらえる

1万円のご寄附で3,000円分の割引が受けられ、備前市内の備前焼伝統産業会館をはじめ、約50のギャラリーなどで使用いただけます。
焼け、大きさ、形など、あなたにピッタリな作品と出会えるはず!

作家・窯元作品

奈緒さん初主演映画「ハルカの陶」DVD (備前焼オリジナルアロマブローチ付)

土と炎と想いが作り上げた日本遺産・備前焼。陶芸の美しさに魅せられた人々の、夢と伝統を紡ぐ感動の物語。

0015-M-062 備前焼映画「ハルカの陶」DVD(オリジナルアロマブローチ付)

15,000円以上の寄付でもらえる

備前焼をテーマとした映画「ハルカの陶」。備前焼づくりの夢に向かって奮闘する主人公は映画初主演の奈緒。迫力ある窯焚きの映像を織り交ぜ、備前焼の魅力とその土地に生きる人々の夢と情熱が描かれた作品。
※備前焼オリジナルアロマブローチ付