お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

瀬戸内おさかな🐡特集!!  「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」ともいいますが、やはり「瀬戸内のおさかな」は、格別においしい☆

知ってますか??  瀬戸内は夏と冬とでは海の色が違います。水温が低い冬場は透明度が高くなるため、光の屈折により青みが強くなりますが、水温が上がるとプランクトンが増殖するため水の透明度が下がり、エメラルドグリーンに変身します。(^^♪ 緑色の正体は、植物ブランクトンです。なので、小魚たちには天国のような海なんです。その小魚を食べる大型の魚たちにとっても天国のような海です。 また別名、「日本の地中海」とも言われますが、干満の差がない地中海に比べて、実は 「潮」 が高速に流れる世界有数の「潮流海域」でもあり、その潮にもまれたお魚は余分な脂肪がとれ、筋肉質になるとも言われています。またエビが生息するに適した漁場でもあり、鯛などは、そのおいしいエビをたくさん食べて、甘味が強いといわれています。タコも潮流にもまれるとおいしいー(^^)/ また約2,000系の河川が流れ込む瀬戸内海は、鉄分を含んだミネラルが豊富に流れ込み、結果、おいしいお魚たちがとれる豊かな漁場なのです。 その豊かな瀬戸内の海が育んだ「おさかな🐡」たちをぜひ、お楽しみください☆(^^♪