『日本「住みたい田舎」ベストランキング』総合1位 島根県大田市

島根県大田市(おおだし)はどんなところ?

世界遺産に加え、「住みたい田舎」として人気急上昇

日本海に面し、島根県の中央部に位置する大田市。世界遺産の「石見銀山(いわみぎんざん)遺跡」をはじめ、国内唯一の世界遺産内の温泉街「温泉津(ゆのつ)温泉」、歩くとキュッキュッと音を奏でる鳴砂の「琴ヶ浜」など、自然と文化の歴史が数多く残るまちです。
一方で、移住者支援や子育て支援の手厚さなどから、第3回『日本「住みたい田舎」ベストランキング』(宝島社認定)の1位を獲得。移住希望者へ向けた、空き家情報やイベント情報満載の<おおだの定住PRサイト「どがどが」>もチェックして!

 おおだの定住PRサイト「どがどが」はこちら

世界遺産「石見銀山(いわみぎんざん)遺跡」

大田市南西部に位置する大森地区は、石見銀山遺跡の中心部。江戸時代の最盛期には周辺に20万もの人々が住んだと伝えられ、「熊谷家住宅」(国指定重要文化財)、「旧河島家」、1815年築の表門と門長屋が残る「大森代官所跡(石見銀山資料館)」などの歴史的建造物が今も大切に保存されています。
町には古民家を活かしたショップやカフェなどが並び、何度でも訪れたくなる雰囲気は世代を超えた人気のスポットに。石見銀山遺跡の歴史を知るには、「石見銀山世界遺産センター」や「石見銀山資料館」がお勧めです。

温泉が湧く港町「温泉津(ゆのつ)」

毛利氏が支配した16世紀後半、銀山から採掘された銀は大森の町から日本海に面した沖泊へと運ばれました。沖泊は海の底が深く、湾の入り口の櫛島が季節風を防ぐため、大量の銀を積み出すには最適な港だったのです。今も船を係留するための鼻ぐり岩が数多く見られ、往時を偲ばせています。
また、かつて30軒もの廻船問屋が軒を連ねたという温泉津には温泉が湧出し、多くの湯治客や旅人が訪れました。今も、情緒漂う町並み、日本海の味覚、温泉、そして歴史に惹かれた旅行客が絶えません。

緑豊かな活火山「三瓶山(さんべさん)」

標高1126mの男三瓶を主峰に、六峰が環状に連なる国立公園三瓶山は、およそ1万6000年前の噴火でできた山で、牧歌的な風景や紅葉、雲海など、山の行楽を満喫できます。1分間に3000リットルという全国でも有数の湧出量を誇る三瓶温泉は、旅館や病院にも給湯され、年間を通じて湯治客が訪れます。
「三瓶自然館サヒメル」では、動植物のジオラマ展示のほか、星の観察体験などが人気。また、約4000年前の火山噴火で埋没した杉の大木がそのまま展示される「三瓶小豆原埋没林」は、その大きさと迫力に圧倒されます。

古い港と鳴砂の浜「仁摩(にま)」

16世紀の銀山開発初期は、採掘された銀が仁摩の鞆ケ浦港から世界に積み出されました。港の東端にある鵜ノ島には、石見銀山発見者の神谷寿禎が建立したとされる厳島神社があり、弁才天が祀られています。鞆ケ浦の東には、日本の渚百選に選ばれた「琴ヶ浜」が優美な弧を描き、美しい環境のみで鳴る「鳴砂」を聞きに観光客が絶ちません。
ガラス張りのピラミッドがシンボルの砂博物館「仁摩サンドミュージアム」にある「砂暦」(一年計砂時計)は、「世界一大きな砂時計」としてギネス記録に認定されています。

島根県大田市(おおだし)のオススメのお礼の品をご紹介!

さんべ浮布米(無洗米)10kg

ふぐ・のどぐろ一夜干し詰合せ

開春「西田(生酛(きもと) 純米)」&開春 生酛(きもと)純米大吟醸セット

石見銀山和牛(400g)折箱入

ごろっと島根和牛カレー

ナチュラルミネラルウォーター「さひめの泉」

地鶏の銀山赤どり精肉(まるごと2羽分)

いずもや蒲鉾セット

生クリーム大福

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む