お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          木の街 さくらい

          桜井市は、吉野材を始めとした各地産材の大規模集散地で、製材業が多く、「木の街・桜井」として古くから栄えてきました。木を積んだトラックが行き交い、国道165号線沿いを中心に木材工場が数多く並んでおり、かぐわしい木の香りが「桜井」というまち全体をふんわりと包み込んでいます。 そんな木の街で生まれた温もりのある返礼品に一度触れてみてください。

          桜井には昔から良い木がたくさん集まってくる・・

          木の良さを活かした家具は、全国からの人気商品です。

          AE-9.【無印奈良品の家具】ヒノキの丸太イス

          15,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          制作する際に一番心がけているのは、できるだけ木の素材の良さをそのまま活かすこと。
          「年輪の形や色はさまざま、乾燥で割れが入ってるものもありますが、それも味。
          同じ商品は2つとないし、これほど素材を活かした家具はないでしょう」と話すのは、制作している中井宏次さん。
          幼児用のイスやままごとキッチンも、ほとんど色を付けずに、すべすべになるまで磨き、角を丸く仕上げます。
          小さい頃から木に親しむことは貴重な経験。子供達は、手触りの良さにずっと触っているそうです。

          檜を贅沢に使い、職人が丁寧に作り上げた商品「IKONIH」

          木目と彫刻模様が相まって木材の特長が引き立ちます。

          なんと厚さ0.8ミリという薄いヒノキ板キャンバス・・・

          27,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          木目が美しく浮かぶ板面に水墨画を思わせる梅樹が、そして繊細に切り抜かれた梅花のシルエットがキラキラと気品に満ちて輝きます。
          裏面は大小とりどり、梅の花が満開、光の梅花となって咲き誇ります・・・
          明かりを灯さない時でも、お部屋の格調高いインテリアとしてお楽しみいただけます。

          毎日使うものだから一級品を

          日本最古の木・・・木製仮面をモチーフにした色々。