養父市の冬の味覚「かに」と、最高の贅沢「神戸ビーフ・但馬牛」

養父市は、兵庫県北部に位置し、市の東部を一級河川円山川が流れ、西部には県下最高峰の氷ノ山や鉢伏山、ハチ高原、若杉高原が、北部には妙見山がそびえるなど、雄大で美しい自然に囲まれています。その恵まれた土壌で育ったお米や、こだわりを持って丁寧に育てられたブランド牛のルーツである「但馬牛」が全国でも評される逸品です。

今回は、冬の味覚!9月から解禁となった「香住がに」・11月より解禁となった冬の味覚の王様「松葉がに」と、自慢の「但馬牛」・但馬牛がルーツである「神戸ビーフ」、をご紹介します。
香住がには、身がやわらかで甘味が強く、とてもみずみずしいのが特徴で、 カニみそも濃厚! ミネラル豊富な海洋深層水域で育っているので栄養も満点です。「松葉がに」は、身入りがよく、ぎゅっと詰まった旨味が絶品!冬の味覚の王様と呼ばれるのも納得の味わいです。
鮮やかなサシが入った但馬牛の霜降り肉は、熱を加えるとまろやかさが醸し出されます。舌の上でサシがとろりと溶け、肉本来の味と脂肪の香りが溶け合い旨味に変わります。言わずと知れた神戸ビーフも一頭一頭徹底管理され、こだわり抜いて育てられた自慢の品をお届けします。

一年の締めくくり、年初めに。ご自宅で豪華に贅沢に、美味しくお召し上がりください。

お待たせしました!冬に絶品の「香住がに」「松葉がに」が解禁!

最高級品質をご自宅で。「神戸ビーフ」はやっぱり格別!

名だたるブランド牛のルーツ「但馬牛」

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む