利用率No.1ふるさと納税サイト

阪南市ふるさと大使福田周平選手を応援しよう!阪南市×オリックス・バファローズ

平成30年10月29日、大阪市舞洲地区にあるオリックス・バファローズ球団施設において、福田周平選手の阪南市ふるさと大使就任式典が執り行われました。 この度、阪南市ふるさと大使に就任いただいた福田選手は、2017年ドラフト3巡目指名を受けバファローズに入団。 2018年はルーキーながら113試合に出場し、セカンドとしてセンスあふれるプレーで一軍に定着、2年目となる2019年シーズンはさらなる飛躍が期待される選手です。 当該大使就任を機に、より広く多くの方に阪南市の地場産品や観光資源など本市の魅力のPRや情報発信をしていただきます。

【寄附金の使い道】子どもたちの健全育成に関する事業など

平成28年度は、平成25年度の寄附金の一部13万7千円と平成26年度の寄附金97万円をあわせた110万7千円を次の事業に活用させていただきます。
・安全・安心のまちづくりに関する事業(駅周辺防犯カメラリース料)     11万円
・自然環境の保全及び活用に関する事業(わんぱく王国指定管理委託料)  18万5千円
・子どもたちの健全育成に関する事業(備品購入費〈パソコン〉学校分) 28万円3千円
・文化及びスポーツの振興に関する事業(スポーツ大会出場奨励金)       3万円
・産業の振興に関する事業(阪南市観光協会運営補助金)         11万2千円
・地域活性化に関する事業(ビーチバレー大会運営委託料)        25万5千円
・指定なし(自転車等駐輪場指定管理委託料)              13万2千円

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む